« 【映画評】あの、夏の日~とんでろ じいちゃん | メイン | 【映画評】大阪物語 »

1999年7 月30日 (金曜日)

【映画評】交渉人 (1998)

らつ腕交渉人同志が犯人と交渉人として対決する知的サスペンス。
【満足度:★★★★】

 シカゴ警察のらつ腕交渉人が相棒殺しの濡れ衣を晴らすためビルに篭城。その交渉相手としてほとんど面識のないもう一人のらつ腕交渉人を指名し、身内の中の真犯人を暴こうとする…。

 一応、真犯人を突き止めようとするサスペンス映画というジャンル。ゆえに、あまり詳しくは書けないのだが、正直言ってそういう意味では物足らない。この手のジャンルに見慣れていれば真犯人なんてだいたい予想がつく。
 天才交渉人同士の頭脳戦を期待してもいけない。意外とたいしたことはやらない。“IQ180の駆け引き”なんて宣伝用のキャッチコピーなだけ。
 あと、警察の突撃シーンなどを取り上げてアクション映画に分類するのは的外れもいいとこ。

 この作品の本質は、オープニングのコラージュで明らかなように友情ドラマである。
 『交渉人』というタイトルに騙されて知的サスペンスとしてだけ取り上げられがちだが、相棒を殺された男の話であることを認識して欲しい。
 長年一緒に働いてきた仲間たちから相棒殺しとして白い目で見られる。そういう状況こそがこの作品の要だったりするのだ。
 付け加えるなら、殺された相棒はその白い目で見ている他の警察官にとっても仲間だったのである。仮に誤解であれ、目の前にいる身内のはずの交渉人が犯人らしいとなればそいつを捕まえる、もしくはいっそのこと殺してしまおうと躍起になるのは、そこにまた友情があったからにほかならない。
 そして、そんな私情も絡む中、篭城している交渉人から指名を受けたがためにやってきたのが、“よそ者”交渉人なのだ。

 このよそ者交渉人のほうが状況的にはもっと複雑。
 濡れ衣を着せられた方は良くも悪くも周りは元仲間たちだが、指名を受けた彼は見ず知らずの連中の中で篭城している交渉人と頭脳の限りを尽くして交渉せねばならない上に、その見ず知らずの連中の中に実は真犯人がいるという何重もの板挟みにあう。

 大作志向で登場人物の心や情の部分が弱いことの多いハリウッド作品の中にあって、久々にいい感じの佳作。
 やっているのは法廷劇と一緒で会話がほとんど。たまにある味付けとしてのアクションシーンに翻弄されず登場人物の状況を見逃さないで欲しい。
 真犯人探しという縦糸があるがゆえにわざと悪役っぽく描かれていたりする脇役たちが、実はきっと苦悩しながら職務をまっとうしてんだろうなと思いながら観ると、この作品は何倍にもおもしろくなる。何度も観て味の出てくるタイプの作品だ。

 セオリー通りふたりの交渉人の間にもいつしか友情が芽生えてくる。しかしこれがまた、あまり声だかには語ろうとしないところがにくい。
 よそ者交渉人はあくまで職務にまっとうであろうとし、それこそけんか腰の口調でにらみ合ったとき、プロ同士の腹の探り合いであると同時に心で語り合うっていうのは演技力のなせる業。

 惜しむらくはクライマックスがちょっとあっけないことと、BGMがどこかで聞いたことがあるような気がしてしまうこと。
 しかしそれでもなお快作であることに変わりない。宣伝文句の本年度アカデミー賞有力っていうのはともかく、個人的には今年No.1になるかもしれない。
 ぜひ続編も作って欲しい。『逃亡者』の続編作ってしまえるハリウッドならやれるでしょう!?

 既に鑑賞済みでイマイチだったという方も、これは友情ドラマという観点でもう一度観直して欲しい。新たな発見があるはず。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】サミュエル・L・ジャクソン/ケビン・スペイシー/デイビッド・モース/ロン・リフキン/ジョン・スペンサー/J・T・ウォルシュ/リジーナ・テイラー
  • 【監督】F・ゲイリー・グレイ
  • 【製作】デイビッド・ホーバーマン/アーノン・ミルチャン
  • 【脚本】ジェイムズ・デ・モナコ/ケビン・フォックス
  • 【製作総指揮】ロバート・ストーン/ウェブスター・ストーン/デイビッド・ニックセイ
  • 【撮影】ラッセル・カーペンター、A.S.C.
  • 【美術】ホルガー・グロス
  • 【編集】クリスチャン・ワグナー
  • 【共同製作】アルバート・ベバリッジ
  • 【音楽】グレイム・レベル
  • 【衣装】フランシーン・ジェイミソン=タンジューク
  • 【原題】THE NEGOTIATOR
  • 【字幕翻訳】林完治
  • 【日本公開】1999年
  • 【製作年】1998年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】139分

コメント (2)

TBありがとうございます。『交渉人』は大好きな映画の一つです。一度見ただけでは、「友情ドラマ」にまで、なかなか目が行きませんが2度見てみると、そのあたりの深さが見えてきますね。本当に面白いです。

>ぴあさん
コメントありがとうです。
あまり話題にのぼらない作品のようにも思いますが、いい映画でしたよね。
これからもよろしくです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (2)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d85c7970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】交渉人:

» 交渉人 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:交渉人 制作:1998年・アメリカ 監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシー、デヴィッド・モース あらすじ:ダニー・ローマンは、シカゴ警察東地区で抜群の腕を持つ人質事件の交渉人。だが年金にからむ汚職と殺人の濡れ衣を着せられたローマンは、内務捜査局のオフィスに乗り込んだ挙句、捜査局員を人質に篭城してしまう。これまでの経験から人質篭城に関してノウハウを知っているローマンは、西地区の凄腕交渉人クリス・セイビアンを窓口役として逆指名する。ローマン... [続きを読む]

» (ちまちまみちくさ。)
なかなかに調子のいい日が続いています。 天気がいいからでしょうかね。 とは言っても、まだ本調子ではありませんから なかなか映画館にいけません。 調子の悪い間に、見たい映画が 2本も終ってしまいました。 悲しいことです。 さて。今日の映画は"こ" これも、好きな映画がたくさんありますから 悩ましいところです。 邦画頻度が高いような気がするので 洋画にしましょうかね。 ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter