« 【映画評】ダブル・ジョパディー | メイン | 【映画評】千里眼 »

2000年6 月13日 (火曜日)

【映画評】ボーン・コレクター (1999)

両肩と一本の指しか動かないエリート科学捜査官が挑む残忍な猟奇殺人事件。

【満足度:★★☆】

 ニューヨークで次々起こる残忍な猟奇殺人。それに挑むのは両肩と一本の指しか動かないエリート科学捜査官・リンカーン・ライム(デンゼル・ワシントン)。彼は現場での自分の片腕としてパトロール警官のアメリア・ドナヒー(アンジェリーナ・ジョリー)を指名した…。

 良質の原作がうまくまとめられた良質の娯楽作品。もうちょっと濃い味でもいいかなとも思うが、まあ不満はない。可もなく不可もなくで腹八分目というとこか。

 寝たきりで演じようのないような役をさすが名優のデンゼル・ワシントンは表情豊かに演じてそつがない。
 対するアンジェリーナ・ジョリーもいい感じ。クライマックスでの緊迫した演技はとくに好き。

 「よくできました」と花まるをあげたくなるような普通にいい作品はあんまり書くことがないので困る。
 うん、おもしろかった。でも、数年後に「あれよかったよね」というほどの印象は残らないだろうな。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】デンゼル・ワシントン/アンジェリーナ・ジョリー/クィーン・ラティファ/マイケル・ルーカー/マイク・マッグローン/ルイス・ガスマン/リーランド・オーサー/エド・オニール
  • 【監督】フィリップ・ノイス
  • 【脚本】ジェレミー・アイアコン
  • 【製作】マーティン・ブレグマン/ルイス・A・ストローラー/マイケル・ブレグマン
  • 【原作】ジェフリー・ディーヴァー『ボーン・コレクター』
  • 【撮影】ディーン・セムラー A.C.S.,A.S.C.
  • 【美術】ナイジェル・フェルプス
  • 【編集】ウィリアム・ホイ
  • 【製作総指揮】マイケル・クローウィッター/ダン・ジンクス
  • 【音楽】クレイグ・アームストロング
  • 【原題】THE BONE COLLECTOR
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2000年
  • 【製作年】1999年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】117分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a4e6e970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ボーン・コレクター:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter