« 【映画評】デイ・アフター・トゥモロー | メイン | 【お知らせ】映画の仕事に入ります »

2004年7 月18日 (日曜日)

【映画評】海猿 ウミザル (2004)

潜水士を目指す若者たちの友情と恋を描いた青春映画。

【満足度:★★★☆】

 潜水士になるべく全国の海上保安庁から集まった若者たち。
 地元では血気盛んな彼らのことを「海猿」と呼んでいた。

 日本版『愛と青春の旅立ち』といった趣で、王道をいく青春映画の快作。
 テンポがよく、美しい水中撮影も観ていて気持ちいい。

 伊藤英明扮する仙崎大輔が仲間たちとともに潜水士へと成長していく過程と、彼と加藤あい扮するヒロイン・伊沢環菜との恋愛とが同時進行で描かれるのだが、このバランスが絶妙。環菜の成長にも触れており、かなり欲張った内容ながら破綻していない。
 全体的に奇をてらわない、地に足のついた青春映画に仕上がっていて安心して観ていられた。

 逆を言えば、クライマックスの“予想通り”の展開に代表されるように、全体を通しての無難な展開に物足りなさも感じるが、丁寧な作りがこういう作品はこれでいいんだと納得させる。言うなればこの手の青春映画の様式美だ。

 とりたてて不満もないウエルメイドな良作、だったのだが、エンドクレジット以降がいただけない。
 エンドクレジット中に挿入されたカチンコ入りの撮影現場の映像にはちょっとがっかり。心地よい作品世界から“撮影現場”に引きずり出されたようで、余韻に浸る気持ちを削がれた。せっかくの地に足についた作品が、最後の最後で浮き足立ったか。
 これだけでも興醒めだったのに、エンドクレジットのあとに挿入されたシーンは作品的な意図が不明で蛇足以外の何ものでもない。遊び心も度を越すと見苦しい。

予告編 - Trailer

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】伊藤英明/加藤あい/海東健/香里奈/伊藤淳史/杏子/國村隼/藤竜也
  • 【監督】羽住英一郎
  • 【製作】亀山千広/阿部秀司/武政克彦/島谷能成
  • 【企画】関一由/堀部徹
  • 【プロデューサー】臼井裕詞/安藤親広
  • 【原作】佐藤秀峰
  • 【原案/取材】小森陽一
  • 【脚本】福田靖
  • 【音楽】佐藤直紀
  • 【ラインプロデューサー】竹内勝一
  • 【撮影】佐光朗
  • 【照明】水野研一
  • 【録音】田中靖志
  • 【美術】相馬直樹
  • 【装飾】龍田憲治
  • 【水中撮影】佐野哲郎
  • 【VFXスーパーバイザー】石井教雄
  • 【ダイビングコーディネーター】金城正則
  • 【スクリプター】甲斐哲子
  • 【助監督】近藤一彦
  • 【主題歌】JOURNEY「Open Arms」
  • 【撮影協力】海上保安庁
  • 【協賛】SUCCESS
  • 【制作プロダクション】ROBOT
  • 【製作】フジテレビジョン/ROBOT/ポニーキャニオン/東宝
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2004年
  • 【製作年】2004年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】119分44秒

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (8)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d84fd970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】海猿 ウミザル:

» [映画] 「海猿」観ましたよ。やっとこ。 (ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】)
思ったよりも面白かったのでOKです。 Read more... [続きを読む]

» 『海猿』('04・東宝) (渋谷で働くサラリーマンの日記)
私の周囲でドラマ版が話題になっているので、後ればせながら観てみた。まるで日本版『愛と青春の旅立ち』。 最後は涙ボロボロになっていた。。 【あらすじ】人命救助のため、危険を冒して海の底深く潜る「潜水士」。全海上保安官のうち、 わずか1%しかなれないという海難救助の最前線を目指し、各管区より選りすぐられた14名の若き 保安官が50日間の厳しい研修に臨む。潜水士は常にバディと呼ばれる相棒とペアで行動 するのだが、仙崎(伊藤英明)は劣等生の工藤(伊藤淳史)と組まされる。工藤に足を 引っ張られながらも、彼を... [続きを読む]

» 海猿 (夏☆先取り情報2005!~おすすめ本・CD・DVD~)
こん○○は! 今年の夏も異常気象らしいですね。 毎年異常気象な気がしますよね・・・(って前にもかきましたね(笑) 今年は偏西風が蛇行し、梅雨前線も消滅という変な梅雨明けだったようです。 西は高気圧続きで猛暑になるかもしれないらしいですよ。 東は寒気がはいってくるので、大雨があるかもしれないらしいです。 関東は東なのかな… でも高気圧に覆われているような感じでした。 今日はちょっと曇り気味。 蒸し暑いとなんかぐて~ってなりますね(T-T) スッキリカラッとした夏が大... [続きを読む]

» 海猿-UMIZARU EVOLUTION- (淡路島のブログ情報≪あわじ愛らんど≫)
海猿-UMIZARU EVOLUTION-いよいよテレビでもドラマ化しましたね。昔の焼き直し式リメイク版や、映画をただ引き伸ばしただけの類のものとは、まったく異なるようです。普通、「警察官」や「消防士」などの仕事は、カッコイイ部分を強調されがちですが、この『海猿』は“現実”... [続きを読む]

» 海猿 (欧風)
「海猿」は皆さんご存じでしょうか。いや、これとかこれではなく、ましてやこれなんかではモチロンなく、去年の夏に公開された映画です。 元々はヤングサンデーの漫画だったみたいなんですが、私はそっちはちょっと見てません。広島・呉にある、海上保安庁の「海上保安大学校」に全国から集まった海上保安官が厳しい訓練を受けながら、海上保安庁でも1パーセントしかいない潜水士を目指して奮闘する、という話です。海猿っていうのは、まあ若者が全国から集まる訳ですから、地元の盛り場で羽目を外したりして訓練が終われば去っていく... [続きを読む]

» 「海猿」の感想 (I N T R O + UptoDate)
人妻フミの赤裸々ビデオ日誌に、 「海猿」の感想を追加。 どうやらフミさん的に突っ込みどころ満載だったようです。 確かに色々な意味で最後まで目が離せない作品でした... [続きを読む]

» 海猿 (ジャケ買いブログ)
ど真ん中のスポ根映画! 伊藤君がかっこいいよ。 他の役者さん達も熱い演技で懐かしいスポ根ストーリーを演出します。 わしらみたいな素人に分からない海上保... [続きを読む]

» 「海猿」 (のすけ助手の文化学院的生活)
話題の映画「海猿」をようやく見る。日曜の最終回、有楽町のスバル座で見たのだが、思 [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter