« 【映画評】CASSHERN(キャシャーン) | メイン | 【映画評】ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS »

2004年7 月 5日 (月曜日)

【映画評】ラスト サムライ (2003)

日本という異国で自分を取り戻し、武士道に目覚めていくアメリカ軍人。

【満足度:★★☆】

 インディアン討伐戦争で自分の生き方を見失ったオールグレン大尉(トム・クルーズ)は、開国間もない日本の明治政府に西欧式軍隊育成のために雇われる。
 ある日出撃を命じられたオールグレンだったが、戦地ではぶざまに惨敗。反政府を唱える武士・勝元盛次(渡辺謙)に囚われてしまうのだった…。

 ハリウッド資本で作られた大作時代劇。それ以上、それ以下でもない。
 我が日本を描く外国映画だと常々その不自然さが気になるものだが、この作品は現代劇じゃないことも幸いしてか比較的安心して観れた。
 切腹の描き方や、勝元がペラペラ英語をしゃべったりするのはおかしいと思うが、アメリカ映画人の無知ではなく、映画的ウソの範疇。気にしちゃいけないね。

 物語的には、異国の文化に目覚めるアメリカ人の話。知っている人なら、1990年度の米アカデミー賞受賞で話題になった『ダンス・ウィズ・ウルブス』(ケビン・コスナー監督)の日本版と言えば判り易いが、作品作りのスタンスが違い、作品の重みとしては『ダンス・ウィズ・ウルブス』にはとうてい及ばない。
 『ダンス・ウィズ・ウルブス』がアカデミー賞を受賞したのは、もちろん作品の質もあるだろうが、アメリカの恥部をさらけ出したことの方が大きかったと思う。
 それに比べ本作は、日本が舞台ということを除けば無難に作られた娯楽嗜好の大作ハリウッド映画でしかない。

 で、単純な娯楽映画として観たら、可もなく不可もなくといったところで、日本人としてはハリウッドが日本の時代劇をこのぐらいの質にまとめてくれたんなら満足してもいいのかなってぐらいの印象しかない。日本人の琴線に触れる時代劇なら、本場はもちろんここ日本で、最近の『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督)を筆頭に、いくらでも名作はあるわけだ。
 渡辺謙の米アカデミー賞助演男優賞ノミネートで話題にはなったが、作品としては「渡辺謙のハリウッド進出の足掛かりになった作品」としか記憶に残らないと思う。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】トム・クルーズ/ティモシー・スポール/ビリー・コノリー/トニー・ゴールドウィン/渡辺謙/真田広之/小雪/中村七之助/管田俊/福本清三/原田眞人/小山田シン
  • 【監督/製作/脚本】エドワード・ズウィック
  • 【製作/脚本】マーシャル・ハースコビッツ
  • 【製作】トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー/スコット・クルーフ/トム・エンゲルマン/
  • 【脚本/原案】ジョン・ローガン
  • 【製作総指揮】テッド・フィールド/リック・ソロモン/チャールズ・マルベヒル/ビンセント・ウォード
  • 【撮影】ジョン・トール,ASC
  • 【編集】スティーブン・ローゼンブラム,A.C.E/ビクター・ドゥボイス
  • 【美術】リリー・キルバート
  • 【衣装】ナイラ・ディクソン
  • 【音楽】ハンス・ジマー
  • 【配給】ワーナー・ブラザース映画
  • 【原題】THE LAST SAMURAI
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2003年
  • 【製作年】2003年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】154分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (2)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a4ca1970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ラスト サムライ:

» ラスト サムライ (Yasutaka's GROOVE)
2003 アメリカ 洋画 アクション 時代劇 ドラマ監督 : エドワード・ズウィック出演 : トム・クルーズ , 渡辺謙 , 真田広之 , 小雪 , ティ... [続きを読む]

» ラスト サムライ(2003) -The Last Samurai- (映画で世界を旅するブログ)
幕末の日本を舞台にしたこの映画、野外シーンの殆どはニュージーランドで撮影されています。ネイティブ日本人の私たちには時々不自然な山並みや植生が映りますが、なぜ、ニ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter