« 【映画評】世界の中心で、愛をさけぶ | メイン | 【映画評】CASSHERN(キャシャーン) »

2004年7 月 4日 (日曜日)

【映画評】レディ・キラーズ (2004)

トム・ハンクスが大悪党を演じる完全犯罪喜劇。

【満足度:★】

 黒人未亡人・マンソン夫人(イルマ・P・ホール)の住む一軒家に、空き部屋を借りたいと言って訪れる自称“教授”のゴースウェイト・ヒギンソン・ドア(トム・ハンクス)。
 口八丁にマンソン夫人を口説いて住み込むことに成功したドア教授は、実はカジノの地下金庫を狙う強盗団のリーダーだった…。

 観賞後に知ったんだが、この作品はおよそ半世紀前に作られた『マダムと泥棒』という名作のリメイクなんだそうな。筆者は旧作を知らないんで、比較はしようがないんだが、そう言われると確かに今回のこの『レディ・キラーズ』で描かれている強奪作戦はえらく古典的な方法だし、作品全体を包むのどかなタッチが見方を変えるとレトロっぽい雰囲気を漂わせていて、妙に納得。

 で、この現代版『レディ・キラーズ』、今観て面白いかというと、はなはだ疑問。
 いや、タッチストーン映画らしく丁寧に作られていて、致命的に駄作とは言わないんだが、なんかこう、毒にも薬にもならないって感じで淡々と時が流れる。

 トム・ハンクスが演じるドア教授は、切れ者の犯罪者というよりちょっととぼけた感じで、他の強盗団一味も曲者ぞろい。マンソン夫人もわが道を行くタイプでマイペース。
 そんな布陣で一応喜劇のだと思われるんだが、抱腹絶倒のコメディー映画ではない。冷ややかに鼻で笑えればまだ印象に残るというもの。
 俳優は芸達者揃いでさすがに巧いのに、これで笑えないとなると、やはり演出の問題と言われてもしかたあるまい。

 “完全犯罪”を前面に出している作品なんで、これが成功するか否かがひとつのキモとなるのだが、この結末もねぇ。
 見ようによっては意外なオチなんだが、ちょっともう、ここに行き着くまでがかったる過ぎた。ふーん、なるほどね、と、通り過ぎておしまい。

 観ていて喜怒哀楽のまったく起こらない退屈な凡作。きっと半年後には観たことも忘れてるな。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】トム・ハンクス/イルマ・P・ホール/マーロン・ウェイアンズ/J・K・シモンズ/ツィ・マー/ライアン・ハースト/ダイアン・デラノ/ジョージ・ウォレス
  • 【脚本/監督】ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
  • 【原案】『マダムと泥棒』ウィリアム・ローズ
  • 【製作】ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン/トム・ジェイコブソン/バリー・ソネンフェルド/バリー・ジョセフソン
  • 【撮影監督】ロジャー・ディーキンス
  • 【プロダクション・デザイン】デニス・ガスナー
  • 【編集】ロデリック・ジェインズ
  • 【衣装デザイン】メアリー・ソフレス
  • 【音楽】カーター・バーウェル
  • 【音楽総指揮】T・ボーン・バーネット
  • 【製作】タッチストーン・ピクチャーズ
  • 【配給】ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
  • 【原題】THE LADYKILLERS
  • 【字幕翻訳】石田泰子
  • 【日本公開】2004年
  • 【製作年】2004年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】104分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8cbc970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】レディ・キラーズ:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter