« 【コラム】『ビートキッズ』blog集発見! | メイン | 【映画評】天国の本屋~恋火 »

2004年12 月15日 (水曜日)

【映画評】ビッグ・フィッシュ (2003)

ほらふきお父さんと彼に相容れない息子の最期の交流を描いた心温まるファンタジー映画。

【満足度:★★★★☆】

 “現代のおとぎ話”なんて使い古された表現をあえて使いたくなるファンタジー映画の傑作。
 『バットマン』シリーズや『スリーピー・ホロウ』など、どちらかというと暗いファンタジー映画のイメージが強いティム・バートン監督の新境地。

 ジャーナリストのウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)の父親・エドワード(アルバート・フィニー)は、地元では有名な話し上手な大ほらふき。子供のころならまだしも、いくつになってもほら話を聞かされるウィルはそんな父をいつしか嫌うようになっていた。
 豪快な人生を歩んできたエドワードも今は病床の身。そこでの会話も何度も聞かされたほら話ばかり。そんなエドワードが最期のときを迎えようとしていた…。

 ファンタジー映画といっても、映画の形態としてはリアルな親子の交流ドラマなんで、魔法や化け物が出てくるファンタジー映画は嫌いという向きにもお薦めできる。『ハリー・ポッター』シリーズような、純然たるファンタジーワールドを描いたファンタジー映画とは違う、大人のための大人のおとぎ話だ。
 ではどんなところがファンタジーなのかというと、エドワードの語る回想シーンが劇中劇のような入れ子の構成になっており、この“ほら話”が文字通り絵に描いたようなファンタジー映画の様相を見せているだけなのだ。
 着地点はリアルワールドながら、リアルと抽象とを非常に巧みな構成で語ってみせている、これぞファンタジー映画。

 まず、エドワードの語る、若き日の彼(ユアン・マクレガー)と未来の奥さん(ジェシカ・ラング)となるサンドラ(アリソン・ローマン)のなれそめが感動的なラブストーリーとなっており、これだけでも心ときめく素晴らしいファンタジー映画なのだが、この作品はこれにとどまらず、父と子の心の交流を描いて涙々の大団円を迎える。

 ほら話として描かれる回想シーンと違って、リアルシーンのエドワードとウィルの関係はかなり重苦しい。
 もちろんこの手の作品の常で、最後には予想通り互いの理解によって心を交わすのだが、この描き方が予想を越えて素晴らしい。ほら話とリアルとが合流してすべてが氷解する、おとぎ話誕生の瞬間を見たような気がする素晴らしいクライマックスだ。

 さらにこの作品では、筆者が作り手側の人間だからか、ほらふきお父さんの姿がティム・バートン監督自身にダブって見えてくる。
 監督の半生を描いているとかではない。ファンタジー映画というフィクションを描く者としての苦悩と主張が垣間見える気がするのだ。
 そう思って観ると、この作品は監督の「これからもファンタジー映画を創っていくよ」という宣言にも見えてくる。

 こんな作品に逢えるから、映画って素晴らしい。そう思える心に残る大きな魚。ぜひ御覧あれ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー/ビリー・クラダップ/ジェシカ・ラング/ヘレナ・ボナム=カーター/スティーブ・ブシュミ/ダニー・デビート/アリソン・ローマン/ロバート・ギローム/マリオン・コティヤール/マシュー・マグローリー/エイダ・タイ/アーリーン・タイ
  • 【監督】ティム・バートン
  • 【脚色】ジョン・オーガスト
  • 【原作】ダニエル・ウォレス
  • 【製作】リチャード・D・ザナック/ブルース・コーエン&ダン・ジンクス
  • 【製作総指揮】アーン・L・シュミット
  • 【撮影監督】フィリップ・ルースA.F.C./A.S.C.
  • 【美術監督】デニス・ガスナー
  • 【編集】クリス・リーベンソンA.C.E.
  • 【衣装デザイナー】コーリン・アトウッド
  • 【音楽】ダニー・エルフマン
  • 【提供】コロンビア映画
  • 【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント映画
  • 【原題】BIG FISH
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2004年
  • 【製作年】2003年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】125分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (10)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d85cb970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ビッグ・フィッシュ:

» ビッグ・フィッシュ (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ビッグ・フィッシュ 制作:2003年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター、アリソン・ローマン、マリオン・コティヤール あらすじ:身重の妻と暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だ。ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、いつしか自分だけ父の話を素直に聞けなくなっていた。3年前の自分... [続きを読む]

» 映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ ビッグ・フィッシュを観た。 今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコレート工場」だった。 前にもこのブログで書いたが ヒューマン=ブラック・ボックス 「...... [続きを読む]

» 深夜の「ビッグフィッシュ」で眠れない (万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記)
 今頃になって深夜に一人で、DVDの「ビッグフィッシュ」(2003)を観る。これほどズバリの悪夢、あるいはスリリングな夜はない。観始めた時は眠かった。さらに途中で睡眠薬3種5錠(右のプロフィール欄に書いてある)をのんだんだが(非常識でしょう。でものんでも....... [続きを読む]

» 映画(ビッグフィッシュ) (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
2004年のたけちゃグランプリは、ビッグフィッシュに決定しました! たけちゃ談:Bigfishとは、池の中の大きな魚というわけで、ホラ吹きお父さんの糸と、外の世界を見たい息子の糸が、全体を包むファンタジーワールドのなかで、ファンタスティックな雰囲気を醸し出してるね... [続きを読む]

» ビッグフィッシュ (cinema note+)
かなりウルウルきました。ファンタジーな話はいまいち好きじゃないので観ずにいたけど、やっぱり観て良かった。最初は息子の、ホラ話ばかり聞かされてうんざりする気持ちに共感するのだけど、だんだんお父さんの話す不思議な世界に引き込まれてしまいました。息子が最後にお父さんに話... [続きを読む]

» ビッグフィッシュ (Kutsulog_____)
映画館で見てなくて、ずっと気になった映画。 監督はティムバートン、ユアンマクレ... [続きを読む]

» おすすめ映画5「ビッグ・フィッシュ」 (サッカー&映画&そのほかの感想記)
ティム・バートン監督が贈る、親子の絆を描いた感動作。 [続きを読む]

» 「ビッグフィッシュ」 (白百合姉妹)
最後の最後で号泣しました。 ここまでなかされた映画は久しぶりです。 陳腐な言い方だけど、「上質な大人のためのおとぎばなし」どす。 【キャスト】ユアン・... [続きを読む]

» ビッグ・フィッシュ (Do you know?)
監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラングほか 今日紹介する作品は、独特の映像美を駆使... [続きを読む]

» ビッグ・フィッシュ (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「あ、あれっ? 世界に入れないぞ。それに睡魔が。期待したほどではなかった。」 今年58本目は「ビッグ・フィッシュ」です。予定を変更し、ワーナー・マイカル・シネマ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter