« 【映画評】スイミング・プール | メイン | 【コラム】新年のごあいさつ »

2004年12 月27日 (月曜日)

【映画評】下妻物語 (2004)

ロリータ少女とヤンキー娘の友情を描いた青春映画の傑作。

【満足度:★★★★★】 (鑑賞日:2004/06/29)

 フリフリのロリータ・ファッションに身を包んだ少女・桃子(深田恭子)が、ひょんなことからスクーターを乗り回すヤンキー娘のイチゴ(土屋アンナ)と知り合った。
 マイペースを身上とする桃子は最初イチゴを避けようとするが…。

 まるで住む世界が違う二人の少女が知り合い、それぞれに不器用に友情を育んでいく姿を描いたこの『下妻物語』は、文句なしの青春映画、友情映画の傑作

 生い立ちと出会いを描いた前半も楽しい描写で飽きさせないが、中盤からの互いが影響を与えながら少しずつ大人になっていく展開がとりたてて素晴らしい。筆者は成長をともなわない青春映画はダメと疑わないが、これぞ青春映画だ。
 好きなシーンがたくさんある。雨の下妻駅での喧嘩のシーン、○○したイチゴに桃子が声をかける川辺のシーン、イチゴが桃子に刺繍の仕事を引き受けるように薦めるシーン、そして桃子のスランプ…。

 たいへんよくできた青春映画だと存分に泣き笑いしながら観ていたのに、桃子がやんごとなき理由でBABYの礒部社長(岡田義徳)に電話するシーン、大袈裟な描写の多い映画の中にあって比較的地味なこのシーンで完全にノックアウトを食らった。
 この『下妻物語』は一見すると若者文化を茶化しているようにも見えるのだが、ここでの社長のセリフは寛容に見守るこの映画の作り手たちの視点を代弁しているようで、このシーンによってこの『下妻物語』が単なる“出来のいい映画”から筆者の“溺愛映画”への位置づけを確固たるものにしてくれた。

 そしてクライマックス、桃子の「おフランスに生まれたかった」のモノローグによって極まる展開では、前半に長々と語られた生い立ちですら伏線だったんだと、この構成の巧みさに感服。
 最後の桃子の行動は、映画的に面白おかしくするための突飛なものではなく、彼女の生い立ちがあってこその必然。言い換えれば、取って付けた思いつきの結末ではなく、桃子の成長過程で、そこに照準を絞って練られたシナリオだということ。

 CM出身の中島哲也監督はその持ち味を存分に発揮しており、オープニングのハイスピード撮影に始まり、彩度の高い色彩、ワイドレンズのクローズアップなど、破天荒な物語を見た目にも劇的な演出で盛り上げる。
 テレビのワイドショーの如くカメラ目線で桃子に生い立ちを語らせたり、説明台詞になってしまいそうな妃魅姑(ひみこ)伝説をアニメーションで見せたりと、映画畑出身の監督なら躊躇してしまいそうな表現で無理なく作品世界を構築してみせた手腕はさすが。

 主演の深田恭子と土屋アンナもいい。二人ともまるでこの役のために存在していたかのような演技で作品世界に息づいており素晴らしい。
 深田恭子は考えうる限りで今この役は彼女しかいない適役、かつ、彼女にとっても生涯にこの役以上のはまり役はないんじゃなかろうか。そして予想を遥かに越えて巧い。ちょっと侮っていた。
 一方の土屋アンナはモデル出身で女優業は初めてらしいのだが、それが信じられない、いろんな意味で。まず巧いんだ。とても初心者とは思えない。そして、モデルがこんな役を、こんな芝居をよくやったもんだ。天晴れ。
 また、脇役陣も彼女らをみごとにバックアップしていて恐れ入った。皆、外見からして個性的なのだが、それが目立ち過ぎることなく、それでいて埋もれないという、脇役の鑑のような絶妙なバランス感覚で力を発揮しており、キャスティングの良さもうかがい知れる。

 メリハリの効いたBGM、爽快な気分で締め括る主題歌と、音楽面でも抜かりない。

 と、もうべた褒めできりがないので、このぐらいにしとく。
 鑑賞前、ロリータ・ファッションに身を包んだ深田恭子の劇場ポスターに抵抗を感じて鑑賞優先順位の下の方に置いていた自分を恥じたよ。映画も人も外見じゃないんですな。
 最初の印象の悪さが逆転すると愛情がより深くなるというのもまた真なりということで。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】深田恭子/土屋アンナ/宮迫博之/篠原涼子/樹木希林/阿部サダヲ/岡田義徳/小池栄子/矢沢心/生瀬勝久/荒川良々/本田博太郎/入絵加奈子/鮎貝健/水野晴郎/木村祐一/まちゃまちゃ/真木よう子/福田麻由子
  • 【声の出演】岩崎柾実/奥村直義/前田剛/江本純子/町田マリー/成田さほ子/清水小百合
  • 【監督/脚本】中島哲也
  • 【製作統括】大里洋吉/近藤邦勝
  • 【企画】宮下昌幸/濱名一哉
  • 【プロデューサー】石田雄治/平野隆/小椋悟
  • 【ラインプロデューサー】鈴木ゆたか
  • 【原作】嶽本野ばら『下妻物語』
  • 【撮影】阿藤正一
  • 【照明】木村太朗
  • 【録音】志満順一
  • 【整音】太斉唯夫
  • 【美術】桑島十和子
  • 【音楽】菅野よう子
  • 【スタイリスト】申谷弘美
  • 【ヘア&メイクアップアーティスト】小菅孝
  • 【ビジュアルエフェクトスーパーバイザー】柳川瀬雅英
  • 【編集】遠山千秋/小池義幸
  • 【キャスティング】おおずさわこ
  • 【制作担当】大沢忠生
  • 【助監督】吉見拓真
  • 【アシスタント・プロデューサー】曽根祥子/岡田有正
  • 【オリジナル・テーマソング】『Hey my friend』 [Written by]Tommy heavenly6 & Mark and John [Performed by]Tommy heavenly6
  • 【製作】『下妻物語』製作委員会(アミューズ/TBS/小学館/東宝/TOKYO FM/ホリプロ/博報堂DYメディアパートナーズ/パルコ/小椋事務所)
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2004年
  • 【製作年】2004年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】102分

コメント (2)

音楽☆☆☆ ストーリー☆☆☆☆☆ 映像・演出☆☆☆☆ 俳優☆☆☆☆☆ 総評☆☆☆☆

コメント ほめすぎか?!
個人的に好き。勢いでつっぱしっちゃうし。ストーリーの中身はそんなに量は無いなあと思いつつ木更津キャッツアイのように単純に笑える楽しめる。二人の深い友情と感動もたっぷり。
なんだかロリータかわゆい☆
そして岡田くん素敵~さすが!!いつも味のある役をこなす彼はすばらし~もっとメジャーになってくれ~^^;
ずっと観たかったのに縁がなくてやっとの思いで上映終了前に見れてよかった。

というのが当時の批評です。コピーしてみました。これを探すのに自分の映画批評をずら~っとみてると、どうやらこの頃私は総評がきびしかったようでなんに対しても5はつけたことなかったみたい(笑)
でも最近あまくなって結構つけてます^^;
にしてもミーハーなコメントでお見苦しい^^;

>あやさん
『下妻物語』、ホントによかったですよね。
こういう映画なんだから、ミーハー気分で楽しめばいいと思いますよ。
かみぃの好きな映画を並べてみると、やっぱりそんな映画大好きです(^_^;)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (10)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a4efd970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】下妻物語:

» 映画 『下妻物語』 (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
『下妻物語』公式サイト:http://www.shimotsuma-movie.jp/製作:2004年日本監督:中島哲也出演:深田恭子/土屋アンナ/宮迫博之/篠原涼子 《公開時コピー》わたし根性ねじまがってまーす桃子とイチゴの、あまくない友情!? 原作は、乙女のバイブルとしてそ....... [続きを読む]

» 下妻物語 (しーの映画たわごと)
下妻物語監督:中島哲也出演:深田恭子 , 土屋アンナ , 宮迫博之 , 篠原涼子 , 樹木希林Story深田恭子演じるロリータファッションが大好きな少女・桃子と土屋アンナ演じるヤンキー娘・イチゴの友情を描いた青春コメディ。かわいいお...... [続きを読む]

» 下妻物語 (犬神狂介の【狂人日記】・映画篇)
【98点】 ●10年に1本あるかないか、の作品。…素晴らしい!!以外に形容する言葉が存在しない。 実にポップな作品だが、しっかり登場人物も描かれ、かつテーマもはっきりと掘り下げられている。すべてを計算して、このような作品を作る事は、非常に難しいと思われる。 ●この作品は、現代日本版の『赤毛のアン』である。 はっきり言って、この作品…もともと俺は見る気はなかったのである。妻が、どーしても見たい、というので仕方なく見た。偏見で、ロリータ・ファッションと深田恭子のイメージから、勝手に単なるアイ... [続きを読む]

» 下妻物語 (欧風)
この「下妻物語」は去年5月位の試写会で観ました。そのころ、映画の情報もTVとかでちょくちょくやってて、深田恭子演じる主人公のロリータファッションが話題になってま... [続きを読む]

» 下妻物語 (坂部千尋のsparrow diary)
 たまには邦画も観なくっちゃね{/hearts_pink/}ひさびさにがっつり邦画を観ました。そしてひさびさに超面白いと思いました{/kaeru_en4/}フカ... [続きを読む]

» 「下妻物語」 (ひらりん的映画ブログ)
深田恭子主演の友情コメディ映画。 2004年度作品。 あらすじ ロリータ・ファッション命の女の子竜ヶ崎桃子。 ヤンキー娘のイチゴ。 茨城県下妻で出会った対照的... [続きを読む]

» 下妻物語 (Groovy Groovers)
原題:下妻物語 監督・脚本: 中島哲也 原作: 嶽本野ばら 出演: 深田恭子 、... [続きを読む]

» ■ 下妻物語 (電脳サーチライト.ver2)
■ 先週の映画レビュー。 ■ 下妻物語見ました。 おもしろかったです。 こんな映画はダメと言う声もありますが、 これはこれでいいんじゃない? 見終... [続きを読む]

» 下妻物語 (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「おいおい、涙が出そうだよ。そんなつもりじゃなかったのに。頭を空っぽにして観れば、めちゃくちゃ楽しめて、そして泣ける。ナメンナよ!」 今年68本目、「下妻物語」... [続きを読む]

» 下妻物語 (It's a Wonderful Life)
普段の自分ならよほどの事が無いと観に行く映画の一本とならないハズのタイトルとポスターデザインと出演者、、、 でも宣伝バンバンの話題作で無くてもじわじわ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter