« 【製作日誌】映画C:打ち合わせ | メイン | 【製作日誌】映画C:うーん »

2005年6 月 9日 (木曜日)

【製作日誌】映画B:0号試写

 まだ終わっていなかった、映画Bの製作日誌(笑)。

 昨日、映画Bこと『輓馬-BANBA-』改め『雪に願うこと』の0号試写が、IMAGICAの試写室でありました。
 次に予定されている初号試写には仕事の都合で行けないので、なんとか都合をつけて0号を観ることにしました。

 「0号試写」とは、完成試写である「初号試写」の一つ手前のバージョンの試写、“ほぼ完成版”の関係者試写。
 一つ手前とはいえ、タイトルやエンドロール、音楽などもちゃんと入っており、とくに問題がなければこのまま完成版となるバージョン。

 で、結論から言えば、すごく良かった!

 懸念していた、タイトルが『輓馬-BANBA-』からえらく印象の違う『雪に願うこと』に変わったこともまったく問題なし。
 始まってすぐに、BGMやタイトル題字から、こっちが勝手に想像していた“男っぽい『輓馬』”が間違いだったんだと気づかされた。まさに『雪に願うこと』がぴったりくる雰囲気で、身震いしました。

 台本や撮影時のことを知っていると、ところどころ、シーンまるごとカットされていたり、レース展開が修正されてたりしたけど、そのすべてが的を射ていて、最初の予想以上の作品になってた。編集さんや音楽、音響担当さんたちの力を見せつけられたような気持ち。

 この映画の一つのキモとなる、ばんえい競馬のレースシーンも、「世界で唯一のばんえい競馬を題材にした初めての映画」との謳い文句に恥じない臨場感。
 こういうのが一番、撮影していても完成が想像できないシチュエーションなんですけど、あんだけ数日に分けて撮影したシーンがちゃんと一つのレースとしてつながってて、素人みたいに感嘆しました(笑)。

 笑いが起こるような内容じゃないし、号泣するような展開でもないんだけど、うるうるとじんわりと感動が湧いてきて、個人的にもかなり好きな映画になってるわ。
 そもそも内容知っていても、初見のような気持ちで感動できたのは、この映画のできがいい証拠だと思う。

 この製作日誌を読んでくれてた常連さんにサービスしとくと、役者さんもいいですよ。
 とくに主演男優さんは、正直言って『キャ○ャーン』ぐらいしか印象になかった自分からすると、まさに新境地って感じ。
 まあぶっちゃけ、周りに芸達者なベテラン勢が多いので、比べちゃうと見劣りするところもあるんだけども、当人も監督の演出にいたく感動していたらしいから、きっと何か得るものがあったんだろう。それがうかがい知れる力演だと思います。

 とりあえず、一般公開まではしばらくあるので、それまでに今日観たことは忘れてしまいたい。頭ん中、真っ白にして、あらためて素で感動したいと思うのでした。

コメント (7)

わ~っ、スゴイ!
大サービスの製作日誌番外編(?)ありがとうございます!
作品の出来映えといい、主演俳優さんのがんばりといい、拝読していて胸が熱くなってきました。
役者としては、まだまだこれからのIくんですが、この作品は間違いなく転機になると確信していました。
ホント、嬉しい!ヨカッタ~(泣)。
公開が待ち遠しいです。
配給会社まだ未定なのでしょうか?
豪華キャスト+ばんえい競馬の社会性・話題性含めて、いずれキャンペーンが盛り上がってくるでしょうね。
楽しみです。大いに期待しています!
ありがとうございました!!

トラックバック&お知らせ+ナイス情報、ありがとうございました。

タイトルぴったりでしたか。
わたしも、言うのには何か照れはあるものの、原作にはぴったりじゃん!と思っていたので良かったです。
原作読んで以来、数本ある来年公開分の某Iくん出演作の中で「雪に願うこと」断トツで1番楽しみです。
キュッと引き締まった冬の空気が、スクリーンにどのように映るのか楽しみにしています。

Iくんは、この映画で得たこともまた、自分の作品を通して還元していくのではないですかねー。
それもまた楽しみです。

はじめまして!
トラックバック&コメントありがとうございました!
『雪に願うこと』・・・
ちょうど原作(輓馬)を読み終えたところでして、
映画の方はどんな感じになるのかな?
と思っていましたから、
今回トラックバックを頂けて本当に嬉しかったです。
まだ全ての製作日誌に目を通していないので、
これからじっくりと読ませて頂きますね!
今回はありがとうございました!
トラックバック返しさせて頂きます。

スイマセン!
投稿者名・・・ついうっかりして、
(管理人)なんて付けちゃいました(汗)
本当にスイマセンm(、、)m

>kaoさん
まず、反応早っ!
投稿して30分ほどしか経ってないじゃないですか(笑)

配給は、エンドロールに入ってたのかな?見落としちゃった(汗)
でも、もともと聞いてた話だと、製作会社が『血と骨』のとこなんで、その流れに乗るんではないかと。

>さとみさん
キュッと引き締まった冬の空気が、スクリーンにどのように映るのか
満載ですよ、冬の空気。これはもう、相当に期待していいです。
現場スタッフとしては、それがフィルムに写っているのを見て、感慨もひとしおでした。

>水卓さん
ミスはお気になさらずに。僕もときどきやっちゃいそうになります(^^)

製作日誌は基本的に伏せ字でやってるんで、かなりの想像力を必要とします(苦笑)
製作日誌のリストから探るとほかの作品に埋もれて大変なんで、カテゴリの「映画B『雪に願うこと』(旧題『輓馬』)」からご覧ください。

皆さんちゃんと原作読んでるんですね。
スタッフルームに原作本も置いてあったんですが、プロデューサーから読まなくていいって言われて、未読なんですよね。
映画と原作では内容違ってるかも!?

撮影中に、こんな日記を書ける程の暇があったんだなあ、○○君

>高橋さん
お久し振りです。その節はお世話になりました。
日誌をつけるのは寝る前にメールを送るだけなんでそんなに苦ではないですよ。それでもクランクイン後はほとんど更新できなかったですが。
ところで、こういうところで本人の了解なく個人情報(本名)を晒すのは犯罪行為になりかねないのでご注意下さい。
申し訳ありませんがコメントの一部を修正させていただきました。

少なくともマナー違反で、荒らし行為ともとれますので、今後同様の書き込みがあった場合、内容のいかんに関わらず削除させていただくこともございます。>ALL

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (5)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d87da970c

この記事へのトラックバック一覧: 【製作日誌】映画B:0号試写:

» 18th TOKYO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL (NO GUTS,NO GLORY.(競馬で幸せになろう!毎日競馬ネタ更新))
六本木ヒルズで只今開催中(10/30まで)の東京国際映画祭!この中で、競馬を題材にした映画「雪に願うこと」(WAHT A SNOW BRING)は、本当に素敵な映画でした。日本が世界に誇る馬事文化!世界に1つ、北海道にしかない「ばんえい競馬」が舞台になってまして、原作....... [続きを読む]

» 映画~雪に願うこと~を観て・・・ (b.b.park~ばん馬のひろば)
ではでは改めて昨日のお話を・・・ 公式サイト他で話題になっていた・・・ 映画~ [続きを読む]

» ばんえい競馬を舞台にした映画 「雪に願うもの」 東京国際映画祭で上映 明日から。 (地方競馬に行こう!)
TITLE: ばんえい競馬を舞台にした映画 「雪に願うもの」 東京国際映画祭で上映 明日から。 URL: http://iko-tihoukeiba.com/?e=548 IP: 59.106.13.32 BLOG NAME: 地方競馬に行こう! DATE: 10/22/2005 05:14:38 AM TITLE: ばんえい競馬を舞台にした映画 「雪に願うもの」 東京国際映画祭で上映 明日から。 URL: http://iko-tihoukeiba.com/?e=548 IP: 59.106.13.32 BLOG NAME: 地方競馬に行こう! DATE: 10/22/2005 05:14:38 AM TITLE: ばんえい競馬を舞台にした映画 「雪に願うもの」 東京国際映画祭で上映 明日から。 URL: http://iko-tihoukeiba.com/?e=548 IP: 59.106.13.32 BLOG NAME: 地方競馬に行こう! DATE: 10/22/2005 05:14:38 AM [続きを読む]

» ペガサスペガサス次元が違うぅぅ!旭王冠賞 & ばんえい映画の話  (地方競馬に行こう!)
2月の帯広競馬場ばんえい記念で撮影隊がやってきていてばんえい記念写真付きレポートでも紹介した、来春公開予定の映画「雪に願うこと」(旧題 「輓馬 -BANBA-」)、予定通り [続きを読む]

» トラックバックより~雪に願うこと(原作輓馬) (b.b.park~ばん馬のひろば)
今回トラックバックを頂いたのは・・・ 未完の映画評さん。 管理人のかみぃさんは現 [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter