« 【お知らせ】カテゴリの再編とデザインいじりました | メイン | 【コラム】『ビートキッズ』初日舞台挨拶行ってきました »

2005年6 月 3日 (金曜日)

【製作日誌】映画C:台本

 昨日の夕方、台本を頂きに都内某所の事務所に行った。

 今回の仕事は劇映画としてはこれまでになく零細製作会社での仕事ということもあり、恐ろしく狭い事務所=スタッフルーム。人が三、四人も居ればいっぱいで、居場所に困ってしまうような一室。
 おそらく世間一般の業界に対するイメージからすれば信じられないような光景だと思うんだが、実際のところ珍しいことではない。

 自分はよく建設業界に例えるのだが、大手ゼネコンのようなところもあれば町の左官屋さんのようなところもある。スタッフも高給取りのエリートもいれば、日雇いガテン気質の人たちも大勢いるところなど、よく似てると思う。
 早朝、作業服姿で町の片隅に集合し、バンに乗っけられて建設現場に向かう人たちを見かけると、正に新宿スバル前(定番集合場所)に集合して、ロケバスで撮影現場に向かうスタッフの姿を連想させる。

 話を元に戻すと、昨日は台本を受け取ったあと、監督と初顔合わせ。
 スタッフルームにはほかに助監督や製作部となる人たちもいて、自分を含めた彼らが製作側の主要スタッフとなる。

 台本にも目を通した。うーん、大変そう。
 時代背景的に終戦の趣きが残る昭和の中期から現代まで続く一代記。これを低予算でやろうというのだから、ロケ地、衣装、小道具など、どうすんだって感じ。メインキャストも、一つの役を時代ごとに数人が演じ分けなくちゃいけない。
 幸い、監督がメインロケ地に決めている場所に詳しい上に、ある程度イメージができあがっているらしく、大半は監督の意志に従っていればいいようだが、そうはいっても準備スタッフには頭の痛い題材に変わりない。
 さて、どうなることやら。

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d88d1970c

この記事へのトラックバック一覧: 【製作日誌】映画C:台本:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter