« 【お知らせ】サーバーメンテナンスと退院の御報告 | メイン | 【お知らせ】模様替えしました »

2005年11 月27日 (日曜日)

【映画評】大停電の夜に (2005)

クリスマス・イヴの夜、大停電に見舞われた東京の片隅で繰り広げられる群像劇。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2005/11/24)

 クリスマス・イヴの夜更け、東京の片隅のとある裏路地。今夜限りで店を畳む木戸晋一(豊川悦司)のジャズ・バーで、ビル・エヴァンスの名盤『ワルツ・フォー・デビー/Waltz For Debby』が流れ始める。
 華やかなイルミネーションで彩られたこの大都会は、空から降ってきた“それ”により、関東全域を巻き込む大停電に。
 神から与えられたとても素敵な一夜が今始まる…。

 『東京タワー』が記憶に新しい源孝志監督の贈る、美しい映像と心温まるエピソードで彩られたちょっと小粋な群像ストーリー。

 結論から言えば、ハッタリの効いた壮大な設定は実に映画的で好きなのだが、個々のエピソードが小粒過ぎて物足りない。多過ぎる登場人物とエピソードをもう少し整理すべきではなかったのか。
 それぞれのエピソードは微妙に絡み合って、どこかを切ればどこかが成立せずという、その点だけ見ればよく練られた脚本なのだが、その実、蛇足が蛇足を呼んで収拾がつかなくなってしまったのじゃなかろうかという気もしてしまうのだ。

 主要登場人物だけでも、ジャズ・バーの店主・豊川悦司。その向かいでキャンドル・ショップを営む田畑智子。妻・原田知世との関係がギクシャクしているサラリーマン・田口トモロヲ。田口の不倫相手のOL・井川遥と共にエレベーターに閉じ込められる中国人ホテルマン・阿部力。仕事の定年を迎えた宇津井健とその伴侶・淡島千影。刑務所から出所したばかりのチンピラ・吉川晃司と、その元恋人で人妻・寺島しのぶ。“それ”が空から落ちてくるのを目撃する天体マニアの中学生・本郷奏多とワケありげな入院患者・香椎由宇
 とまあ、これだけのそうそうたる面々が様々な逸話を紡いでいく。もうこれを2時間強の上映時間の中に押し込むこと自体が相当な苦労というか、暴挙に近い試みだと思う。
 そしてその試みはまあまあ成功しており、確かにどのエピソードもそれなりにいい話なので、観賞後の心象も悪くない。
 ただ一方で、ちょっといい話を詰め込んだだけの、数で勝負の薄っぺらい印象もあって、その点がこの映画に満足するかどうかの境目だろう。筆者としては残念ながら食い足りなさの方が勝った。

 まず全体の展開の軸といえる豊川悦司の過去にまつわるエピソードに、あまり現実味、親近感を感じられなかったのが残念。対する田畑智子が“普通の女の子”を魅力たっぷりに演じて、非常に親近感が湧くだけに余計に際立ってしまった。二人の掛け合いは、他のワケありの重いエピソードと違って楽しく、作品の潤滑油になっていて必要だと思うが、豊川の役も田畑と同様の進行役に徹して、“そんな過去のあるマスター”で充分。彼自身のクライマックスを無くせば、もっと映画全体を整理できたはずだ。
 映画の中で大停電そのものに一番近い位置に感じられる天体マニアの本郷奏多君が、映画の中で一番孤立したエピソードの香椎由宇としか絡まないのも整理不足といえる。本郷君の解説(?)はあった方がいいのはわかるが、香椎のエピソードは蛇足に思えるがゆえに無駄に長い。
 宇津井健が家を飛び出すのも、結局は淡島千影に次の展開を与えるための御都合主義かよと思ってしまった。宇津井が留守中の淡島のエピソードもいいにはいいが、こんな違和感を残すぐらいなら思い切って切るべき。宇津井の心境の変化だけでこの夫婦のエピソードは成立させられる。

 全体像が見えている観客にしてみれば、田口トモロヲと豊川悦司や宇津井健との関係性が無視されている点などにも違和感を感じるだろう。
 ただ、そもそもの発想自体が、本来個々のエピソード内で完結している逸話を無理繰りに関連付けて、その偶然性を「こんな夜だから」で片付けてしまおうという御都合主義が大前提の映画なので、こんなツッコミどころが満載なのはしかたないのかもしれない。それは手法として認めるにしても、ちょっと詰めが甘い。

 またトータルで考えて、この映画が導入部で広げた大風呂敷は実に映画的だと言えるのに、終わってみると小粒な印象しか残らない。これはそのオープニングにふさわしい映画的な大団円を伴っていないからだ。なんだか最後にまとまりそうで、でも結局まとまらないまま解散してしまったという印象。
 本来そういったところにこそ映画人としての職人芸が必要なはずなのに、本作はそこを「こんな映画だから」で放棄してしまったかのようだ。それなら一話完結にしてNHKの銀河テレビ小説にでもしたほうが企画として見合っていると思うが、いかがだろう。

 総じて何か素敵なことが起こっても不思議でないと思える作品の持つ世界観や空気感は素晴らしいのに、まとまりの悪さが非常に惜しまれる今一歩な佳作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】豊川悦司/田口トモロヲ/原田知世/吉川晃司/寺島しのぶ/井川遥/阿部力/本郷奏多/香椎由宇/田畑智子/淡島千影/宇津井健
  • 【監督】源孝志
  • 【脚本】カリュアード(源孝志/相沢友子)
  • 【音楽】菊地成孔
  • 【撮影監督】永田鉄男
  • 【プロデューサー】荒木美也子
  • 【美術監督】都築雄二
  • 【照明】和田雄二
  • 【録音】深田晃
  • 【VFXスーパーバイザー】石井教雄
  • 【音楽プロデューサー】安井輝
  • 【ライン・プロデューサー】鈴木嘉弘
  • 【アシスタント・プロデューサー】今村景子
  • 【アソシエート&宣伝・プロデューサー】谷島正之
  • 【エグゼクティブ・プロデューサー】椎名保
  • 【製作】『大停電の夜に』フィルム パートナーズ(アスミック・エース エンタテイメント/ホリプロ/IMAGICA/住友商事/WOWOW)
  • 【プロダクション】アスミック・エース エンタテイメント
  • 【配給】アスミック・エース
  • 【特別協賛】AGF Blendy
  • 【支援】文化庁
  • 【協力】NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)
  • 【協賛】ANA
  • 【日本公開】2005年
  • 【製作年】2005年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】132分

コメント (7)

はじめまして。
そしてTBありがとうございます。

確かに、個々のエピソードが小粒過ぎて物足りないという感は否めないですね。
幾つかは共感できるエピソードもあるのですが、それもこちら側に似たような事情があって、イメージを膨らませられたから。
そうでないエピソードには退屈なものもありました。
田畑智子さんの親しみやすさが、この映画を救っていますね。

はじめして。
かなりつっこみどころ満載の映画でしたが、
観終えたあとあったかくさせられるのは
やはりクリスマスイブの「こんな夜」だからなんですかね(笑)でもいい作品だったなぁ~と♪
自分も田畑智子さんが一番好きなキャラだったなぁ~と‥

> シキシマ博士さん
この作品みたいに全世代向けオムニバス風だと、どこかには共感し易い反面、ハズレのエピソードも結構あったりするんですよね。
どうもそんな“数打ちゃ当たる”的軽薄さを感じてしまったんです。
世間の評判は悪くないようで、僕みたいな意見は少数派みたいですけど。

> kanoさん
コメントありがとうございます。
クリスマスらしい、後味のいい作品でしたよね。
登場人物の多くが切実な問題を抱えているのに作品の雰囲気は暖かで良かったです。
中でも田畑智子さんは終始楽しませてくれましたね。
クリスマス本番が近づいてくると、さらに盛り上がってくるんでしょう。

かみぃさん、こんばんは。
突っ込みだせばキリがないような作品ではありましたが、クリスマスのおとぎ話として、すごく楽しめました。
僕はすごく好きな作品になったものの、観終わった後は、もっと好き嫌いのある作品かなぁと思っていたんですが、どちらかという好評な意見が多くて、逆にビックリしております。

> anyさん
こんばんは。
そう、おとぎ話なんですよね。
だから多少のツッコミどころは大目に見るんですけど、それにしては吹っ切れていないかなぁって印象なんですよね、僕は。
最後にもう一つ、おっきな大ホラを吹いて欲しかったかな。
口あたりのいい映画なんで、そんなに「大っ嫌い」っていう人は少ないと思ってましたけど、思いのほか世間の評判はいいようで。みんな、夢見たい季節なんですね(^^)

お伽話として許せるかどうかが
この作品の評価の分かれ目みたいですね(笑)
私は楽しめたんですけど、
でも最後の雄叫びと音楽がイマイチだったなぁと思いますです…(汗)

> chishiさん
いつもコメントありがとう。
なんか、世間の評判はそんなに悪くないようなんですけど、個人的にはどうも御都合主義が御都合主義にしか見えなくて、おとぎ話に成りそこねた印象でした。
そんな中で、おとぎ話だなぁと思えたのは田畑智子ちゃんでした。
“普通の女の子”を演じているんだけど、よくよく考えたら、こんな子、そこら辺にいやしない(笑)これぞ、男にとってのファンタジーですよ(爆)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (13)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a523c970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】大停電の夜に:

» 大停電の夜に (うぞきあ の場)
"大停電の夜に"を観ました。 ● 流れが・・・・・    展開がかなりスローに進行する。    ヤヴァイと思いつつ、私は落ちてしまった。 ● うらやますぃ!    遼太郎(田口トモロヲ)の嫁は原田知世である。そして、不倫相手は    井川遥。これだけで、うらやましい! ● 暗いから??    田畑智子が、無茶苦茶良く見えた。蝋燭の明かりだからだろうか?    『貴方に良�... [続きを読む]

» 「大停電の夜に」 (月影の舞)
「大停電の夜に」  2005/日本   監督:源孝志   脚本:カリュアード(源孝志/相沢友子)   出演:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、 ???????????????? 吉川晃司、寺島しのぶ、井川遥、阿部力、       本郷奏多、香椎由宇、田畑智子、       宮城孔... [続きを読む]

» 映画のご紹介(74) 大停電の夜に (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(74) 大停電の夜に 「大停電の夜に」を観た。 映画の中でも、原田知世は ブレンディを飲んでいた。(余談) 誰かがブログで書いていたのだが、「この映画ではみんながちょっとずつ幸せ...... [続きを読む]

» 映画館「大停電の夜に」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
クリスマス・イブの大停電。クリスマスシーズンの作品としては、ファンタジックで良いのではないでしょうか。 クリスマス・イブの夜にそれぞれの会いたい人、会いたかった人への思いが溢れる夜。。。なんてロマンチックなんでしょうか。でもねぇ、、、無理がありすぎる...... [続きを読む]

» 大停電の夜に (any's cinediary)
泣かないで、本当の愛は、きっと見えてくる。 <ストーリー> かつての恋人を待ち [続きを読む]

» 大停電の夜に(11/23) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『闇のなかの光の美しさを描く映画、映画館で観てほしいです』  東京が大停電にみまわれる。しかも、一年中で一番イルミネーションの美しいクリスマスイブの夜に・・・というありえなさそうな、とはいえ、あるかもしれないシチュエーションのなかでつむがれる12人の男女の物語。群像劇ものでクリスマスというとぱっと思い出すのが『ラブ・アクチュアリー』(大好き{/heart/})ですが、観てみると全然似てませんでした。  1�... [続きを読む]

» 大停電の夜に (ネタバレ映画館)
 「前の大停電のとき、9ヶ月後にベビーブームが起こったわ」という台詞が忘れられない映画『キングコング』(1976)。すでに頭の中はPJ版『キングコング』でいっぱいだ。  クリスマス・イブの夜に東京が大停電となり、12人の男女がそれぞれ特別な夜を過ごす。この群像劇の人物設定は大変優れているので、もうちょっと丁寧に練り上げれば本年度邦画のトップクラスになったであろう作品です。残念なのは、やはり脚本・・・  群像劇とはオ�... [続きを読む]

» 大停電の夜に (かりめろ日記)
TBさせていただきます! 【大停電の夜に】見てきました☆ [続きを読む]

» 「大停電の夜に」@明治安田生命ホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は久しぶりにこまったちゃんと一緒です。開場が18:30というとっても素敵な時間で久しぶりに開場前に到着。18:00開場だとほぼどの会場でも間に合いません。けど今日は18:10頃に到着して並んだおかげでよい席で見ることが出来ました。 {/hiyo_eye/}STORY オフィシャルサイト 東京がいちばん光輝くクリスマスイヴ。古びたジャズ・バーから聴こえてくるのは、「マイ・フーリッシュ・ハート」。その甘く切ない旋律... [続きを読む]

» 大停電の夜に (ナナシ的エンタメすたいるNet)
昨日のプチ休日出勤で終わったあと有楽町マリオンの丸の内ピカデリー2で 「大停電の夜に」を観てきました。 クリスマスイブの東京の夜に突如大停電が起きる。 そんな夜に遭遇した男女12人の物語を交差しながらロマンチックストーリー映画。 監督は「東京タワー」の源考志..... [続きを読む]

» NORAD サンタ追跡 2005 オープン:クリスマス恒例 (lab-a.sakura.ne.jp)
NORAD サンタ追跡 2005 のサイトがオープンしました。インターネットではクリスマス恒例の行事になりましたね。 NORAD 本来のお仕事は、アメリカ合衆国とカナダの航空宇宙領域の防衛です。アメリカ、カナダに向けて飛んで来るミサイルの攻撃を早期に発見警戒する軍事�... [続きを読む]

» 「大停電の夜に」 サジ加減の妙 (明日へのヒント by シキシマ博士)
「大停電の夜に」 「ALWAYS 三丁目の夕日」に続いて観ました。 これは現代のお話。 東京が大停電に見舞われた一夜の、何人もの登場人物たちのエピソードを綴った物語。 停電という非日常に遭遇した人たちが、普段は自分の心の中だけにそっと仕舞っていた想いを、少しずつ語り始めます。 言ってもどうしようもない事、もう遠い過去の事、でも実はずっと思っていること…。 あまり饒舌でないそれらの語り口は、だからこそ観る者ひとりひとりの心の�... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter