« 【製作日誌】映画E:前乗り | メイン | 【製作日誌】映画E:近況報告 »

2006年4 月16日 (日曜日)

【製作日誌】映画E:クランクイン!

 ついに某地方都市にてクランクインしました!
 予報に反して朝から晴れて青空が。これに監督も気をよくしたのか飛ばしまくる飛ばしまくる。
 いきなり予定表にもロケマップにもないロケ地に移動となったかと思えば、そこは勘違いだったとまたロケ地移動。その後さらに明日撮影予定だったロケ地に移動。初日からあっちに行ったりこっちに行ったり振り回されっぱなし。それでもなんとか初日の撮影は終了。
 うちら製作部も大変だけど、準備パートは皆てんやわんや。美術さんも予定外のロケ地で準備中、笑いながらぼやいてたよ。高齢の監督だからのんびりペースの撮影のはずなのに、そんじょそこらの監督なんかよりよっぽどか慌ただしい。

 でも、こんな状況を楽しんでる自分がいるんだよなあ。こういう現場は今時そうそうないからおもしろくてしょうがない。大変なんだけど、どんな現場だって大なり小なり大変なことはあるわけで、そう割り切っちゃえば普段できない貴重な体験。
 並の監督でこんなに現場を振り回してたら不平不満噴出しまくりで暴動でも起こりそうなもんだが、この監督だとこんな現場が(結果的に)普通に成立している。
 先発して現場移動した監督が車を降りるなり、「ここじゃない」と言って現場変更。ロケマップにない現場にすでに移動を開始してた大撮影隊がさらにみんなして別の現場を移動する。
 予定表になくったって、監督が「今日はあそこで撮りたい」と言ったら、準備パートが今日そこで撮影できるように準備して待ちかまえる。
 スケジュール絶対主義の完璧主義でやってたらストレスで倒れてしまいそうな、とんでもない展開。良く言えば柔軟な現場、古き良き監督絶対主義の現場。監督という存在が絶対的カリスマである数少ない生き残りと言っていい大監督。
 今の時代に、そんな現場、こんな監督の作品に参加できていることが嬉しくてしょうがない。

コメント (10)


お久しぶりです、かみぃさん。
以前、「犬神家の一族」のロケ場所についていろいろ質問させていただいた「おはる」です。

いつもかみぃさんのブログ、楽しく拝見しています。
年々内容が充実しているので、見ごたえ十分ですね。

さて、また「ロケ場所」を教えていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
もう、かみぃさんしか聞く人がいないので、是非よろしくお願いします。

映画の冒頭、「犬神家の一族」とタイトルが出て、「監督 市川崑」と出るまでの間に四枚の映像が組み込まれていますが、その中の三枚目、ちょうど「深田恭子」のすぐ後に出る映像はどこで撮影されたものでしょうか?
上田市内でしょうか?

お忙しいでしょうから、返答の方はいつでもかまいません。
時間に空きができるようになったら、是非お願いします。

では、お体に気をつけてがんばって下さい。
「良い映画」、そして「ブログ」期待しています。

> おはるさん
お久しぶりです。
問い合わせのロケ地ですが、あらためてオープニングを観て確認したのですが、正直なところ具体的な場所は覚えていませんでした。
あの手の瓦屋根は上田市近隣でしか撮らなかったはずなので、上田市内(もしくは東御市の海野宿あたり)で間違いないだろうとは思います。
お役に立てなくてごめんなさい。
また遊びに来てくださいね。


かみぃさん、返答ありがとうございました。

やや残念ではありますが、ウォーキングも兼ねてまたいろいろと探してみようと思います。

最後に、これは「ロケ地」とは関係ないんですが、もう一つお聞きしたいことがあります。
ものすごく細かいことです(笑)。
金田一とおはるの「そば屋のシーン」がありますよね。
あの場面の時、店内に掲げられていた「メニュー」の中に「いながき丼」というものがありましたが、あれは意図的に作られたものなんでしょうか?
誰かの名前からとったものですか。

また、よろしくお願いします。

>おはるさん
よく気づきましたね(笑)
お察しの通り、「いながき丼」は“電飾”の肩書きで参加されている美術スタッフさんの名字からとられたものです。
(問題ないと思うけど、一応実名はここでは控えます。気になるなら調べてください)

この方は市川組の常連美術さんで、1976年版『犬神家の一族』から引き続きで参加された数少ないスタッフのひとりでもあります。
それなりのお歳で美術スタッフ内の親分みたいな人ですが、若い装飾スタッフが遊び心で入れたんです。

かみぃさん、再返答ありがとうございます。

やっぱりそうだったんですね(笑)。
納得です。

では、お体に気をつけていろいろとがんばって下さい。
また、個人的には、このサイトの中の「製作日誌」が非常に読み応えがあっておもしろいので、期待してます。

今回は、ありがとうございました。


お久しぶりです、かみぃさん。
以前はいろいろと貴重な情報を教えていただき、ありがとうございました。

実はまた教えていただきたい事がありまして、メールしました。
お忙しい中申し訳ありませんが、また是非よろしくお願いいたします。

さて、大町市にある「仁科神明宮」でロケが行われたと思うのですが、この時の事についてお聞きしたい事があります。

このロケの時に、那須神社の神官である「野々宮大弐」とその妻「晴世」、そして「若き日の犬神佐兵衛」、この三人が並んで立っている映像が撮られたと思うのですが、この時に
「野々宮大弐」に扮したのがスタッフの方で、「晴世」は「勝俣幸子」さん、「佐兵衛」は「高良健吾」さんという俳優さんが演じたという事で間違いないでしょうか?

この二人の俳優さんの出演履歴には、「犬神家の一族」とありますが、作品を見ても見当たりません。

また、よろしくお願いします。

◆おはるさん
お久しぶりです。

>「野々宮大弐」に扮したのがスタッフの方で、「晴世」は「勝俣幸子」さん、「佐兵衛」は「高良健吾」さんという俳優さんが演じたという事で間違いないでしょうか?

いや、野々宮大弐もキャスティングされた俳優さんです。
今もテレビドラマ中心に活躍されているようですが、事務所の公式プロフィールにも出演作として挙げられていないので、勝手にお名前を出すのはここでは控えます。
エンドロールのキャストに載っていれば名前を出してもいいかと思うんですが、今手元にDVDがないので確認できません。今度確認しときます。

勝俣さんと高良さんはそのとおりです。
Wikipediaにもお二人の名前はあるのに、大弐は載ってないんですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E7%A5%9E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%97%8F_%282006%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB%29

実は旧作にあった晴世と佐兵衛の逢い引きを大弐がのぞき見しているシーンは旧作のような露骨なシーンじゃないですが、新作でも撮影されました。
その内容を監督が気に入らなかったのか編集段階でカットされてしまい、それで大弐役の役者さんも出演歴から外したのかもしれませんね。


かみぃさん、返答ありがとうございました!

それにしても、市川監督と一緒に仕事をしたかみぃさんはすごいですね。

これからも「未完の映画評」、楽しみにしています。
それから、これからもどんどん良い映画を作っていって下さい。 
では。

◆おはるさん
別にすごくはないんですけどね(笑)
また遊びに来てください。


いやいや、市川監督と仕事ができる人は限られてますから。
うらやましいかぎりです(笑)。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a536c970b

この記事へのトラックバック一覧: 【製作日誌】映画E:クランクイン!:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter