« 【お知らせ】カテゴリを整理しました | メイン | 【年間総括】2006年度映画総括 - 年間ベストテン »

2006年12 月 3日 (日曜日)

【映画評】暗いところで待ち合わせ (2006)

盲目の女性と殺人事件の容疑者との奇妙な共同生活を描いた心温まるサスペンス。

【満足度:★★★★☆】 (鑑賞日:2006/12/01)

 盲目の女性・ミチル(田中麗奈)は優しい父親(岸辺一徳)と親子二人暮らし。二人の住む家の窓からは小さな駅のホームが見えた。
 ホームには、毎日のようにミチルの姿を見つめる青年・アキヒロ(チェン・ボーリン)の姿があった。
 ある日、ミチルの父親は病気で急逝。ミチルはこの家に一人で暮らすことになる。
 それからまたある日、アキヒロが彼女に気づかれないように、この家に忍び込む。彼は目の前の駅で起こった殺人事件の容疑者として追われていたのだ。
 目の見えないミチルは、息を潜めるアキヒロの存在に気づかぬまま、二人の奇妙な共同生活が始まる…。

 乙一のベストセラー小説を映画化した心温まるサスペンス映画。

 まず設定の面白いストーリーだが、特筆すべきは田中麗奈の圧倒的な好演。一見にこやかに毎日を送りながらも、脆さを秘めた盲目のミチルを見事に演じきっている。
 原作とは設定が変えてあるそうだが、チェン・ボーリンも彼女に負けていないぐらい魅力的。
 この映画の魅力はこの二人の好演によって支えられていると言っても過言でない。

 ストーリー的にはアキヒロが追われている殺人事件にまつわるサスペンスが後半の山場となるのだが、この作品の肝は息を潜めるアキヒロと、最初彼の存在に気づかぬミチルとの間で交わされる心の交流。

 生活音がこれほどにまで魅力的に描かれた映画はそうそうない。当初セリフのほとんど無い二人の共同生活は、かすかな物音でサスペンスとなる。
 この緊張感の演出もうならせるものがあるのだが、やがて心の交流に変わっていく様が観ている自分の心まで洗われる思いがして感動的。

 事件の全貌が明らかになっていく後半のサスペンスは、安っぽいミステリーのようで不満もあるのだが、筆者の場合、この演出の“踏み外した”感が、失敗というよりかえってこの作品の印象を強めた気がする。あばたもえくぼという奴だ。
 最後まで二人の関係が、安易なラブストーリーに落ちなかったことも、エンディングの先にある未来を予見させて心地よい余韻を残してくれた。

 後半の荒っぽい展開やその演出に未熟さを感じつつも、女優・田中麗奈のうつろな視線と最後に大切なものを見つけた微笑みが目に焼き付いて忘れられない佳作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】田中麗奈/チェン・ボーリン/井川遥/岸辺一徳/佐藤浩市/宮地真緒
  • 【監督】天願大介
  • 【原作】乙一『暗いところで待ち合わせ』
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】129分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (3)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8ad8970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】暗いところで待ち合わせ:

» 「暗いところで待ち合わせ」見てきました。 (よしなしごと)
 いつもコメントをいただくKさんから前売りチケットをいただいたので「暗いところで待ち合わせ」を見てきました。 [続きを読む]

» 暗いところで待ち合わせ。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 乙一原作、『暗いところで待ち合わせ』、シネリーブル博多にて鑑賞。  客観的に観ることが出来ない映画、というものがあります。原作や前作に対して過度な思い入れがある作品のことです。  具体的に例を挙げるとまず『ターミネーター3』。自分は『ターミネーター』シリーズの1と2が大好きで、特に2の方はマイ・フェイバリットムービーといってもいいぐらいです(同率首位が『ショーシャンクの空に』�... [続きを読む]

» 田中麗奈主演映画「暗いところで待ち合わせ」 (ポビーの日記)
観てきました。映画「暗いところで待ち合わせ」。 原作は乙一氏。2002年に発表したサスペンスラブストーリー。監督は、天願大介氏。 交通事故で視力を失った女性と、生い立ちに陰のある男性との奇妙なかかわりを軸に、肉親の死や事件の動向を絡ませた物語。 男女のかかわりの発端は、名作シャル・ウィ・ダンスと同じ。プラットホームに立つ男と、物憂げに窓の外を見つめる女。 ある事故(事件)を発端に物語りは意外な展開を見せていく。最期の方にサスペンスの謎解きと、緊張感から開放された心温まるシーンで... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter