« 【映画評】グエムル-漢江の怪物- | メイン | 【映画評】イルマーレ »

2007年11 月13日 (火曜日)

【映画評】LOFT ロフト (2005)

ミイラを巡るどこか可笑しいラブロマンスホラー。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2006/09/10)

 全編にみなぎる緊張感は黒沢清監督のそれ。
 しかし、今回壊されるのは人格でも世界観でもなく、黒沢ホラーそのもの。
 ミイラという素材といい、つきまとう幽霊といい、「♪ヒュードロドロ」というBGMといい、これは典型的な怪談話なんだと気づくと、これまで得体の知れない恐怖を突き詰めてきた黒沢監督の意図が見えてきた。

 この映画、ホラーテイストに満ちてはいるが、結構笑えるシーンが意図的に仕組まれている。観る側の先入観からすれば、安達祐実が幽霊を演じているだけで妙な可笑しさがある。それすら狙いのキャスティングなのか。
 映画が進むにつれ、この映画の持つ可笑しさは加速度的に増す。壊されていくホラー映画としての面目、黒沢ホラーに対する期待。
 中谷美紀演じる芥川賞作家・春名礼子は言う。「あなたが1000年間守ってきた物を私は捨てた」と。それはプライド。
 豊川悦司演じる大学教授の苦悩が、解き放とうにも解き放てない呪いと闘う“Jホラーの旗手”黒沢監督の姿とだぶる。

 一見難解な作品だが、その実、黒沢監督が挑む典型的な怪談話。と同時に、先入観をぶち壊す野心作として記憶に残る怪作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】中谷美紀/豊川悦司/西島秀俊/安達祐実/鈴木砂羽/加藤晴彦/大杉漣
  • 【監督/脚本】黒沢清
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2005年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】115分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5556970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】LOFT ロフト:

» LOFT ロフト 07044 (猫姫じゃ)
LOFT ロフト 2006年   黒沢清 監督中谷美紀 豊川悦司 西島秀俊 安達祐実 鈴木砂羽 加藤晴彦 大杉漣 ??? ただのサイコホラーなのね、、、 いぁしかし、なんでドロ吐くの?? http://tonomi.cocolog-nifty.com/cinema/2007/11/loft_9f3b.html... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter