« 【映画評】ゲド戦記 | メイン | 【映画評】DEATH NOTE デスノート 前編 »

2007年11 月 9日 (金曜日)

【映画評】花田少年史 幽霊と秘密のトンネル (2006)

『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太少年が幽霊相手に大活躍するほのぼのファミリー映画。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2006/09/02)

 幽霊役の安藤希を目当てで観た。
 バカバカしさを前面に出した演出で笑わせ、家族愛をテーマとしたストーリーでホロリとさせてくれる、予想される通りのまあまあ良質なファミリー映画。

 導入部の一路少年が事故に遭うあたりまでは、まるでお母さんに見えない篠原涼子と雑な編集にどうなることかと心配したが、ギャグマンガチックな世界観に慣れてくるとかなり楽しめた。
 パワーで押し切るタイプの映画なので、観客も細かいことは気にせず積極的にこの世界観を受け入れないと楽しめない。

 CGを派手(ただし低予算)に使った“戦闘”シーンに、内心「これはいったい何映画なんだよっ」と突っ込みを入れながら笑い飛ばし、ベタなお涙頂戴エピソードにはありがちと思っても「ええ話やぁ」としっかりと泣く。
 この作品の持つ“緩さ”を許せるかどうかで好き嫌いが分かれるだろうが、楽しんだ者勝ち。
 自分的には好きだわ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ
  • 【監督】水田伸生
  • 【原作】一色まこと『花田少年史』
  • 【主題歌】『愛しさと心の壁』 [歌]サンボマスター [作詞/作曲]山口隆 [編曲]サンボマスター
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】123分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5713970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】花田少年史 幽霊と秘密のトンネル:

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 07041 (猫姫じゃ)
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 2006年   水田伸生 監督須賀健太 篠原涼子 西村雅彦 北村一輝 安藤希 杉本哲太 もたいまさこ 漫画の実写版なのね、、、もちろん原作、知りません。 あはは、、、泣けました、、、そして面....... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter