« 【映画評】フラガール | メイン | 【映画評】東京少女 »

2008年1 月11日 (金曜日)

【映画評】記憶の棘 (2004)

愛する人が生まれ変わったらそれを信じられますか?っていうニコール・キッドマン主演のミステリー。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2006/10/03)

 話は面白い。けど、このゆったりとした演出は必要以上に映画を難解にしちゃってて正直疲れる。
 いいネタ、いいオチだと思うけど、面白い映画かというと答えに困る。人には薦めにくいなあ。

 なんとなく印象は残す小粒な問題作って感じかな。
 まさに棘のようで、最近の邦題としてはいいタイトルだと思う。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ニコール・キッドマン/キャメロン・ブライト/ダニー・ヒューストン/ローレン・バコール/アリソン・エリオット/アーリス・ハワード/アン・ヘッシュ
  • 【監督】ジョナサン・グレイザー
  • 【脚本】ジョナサン・グレイザー/ジャン=クロード・カリエール
  • 【原題】BIRTH
  • 【字幕翻訳】松浦美奈
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2004年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】100分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8b8e970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】記憶の棘:

» 記憶の棘 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
Movie Plusで鑑賞―【story】10年前に夫のショーンを亡くした未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を想い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れ、「僕はショーン。君の夫だ」と名乗る―     監督 : ジョナサン・グレイザー【comment】(*少々ネタばれ気味です)      生まれ変わりを信じますか?―私は結構信じちゃっている方。だから凄く興味深く映画に見入っ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter