« 【映画評】レディ・イン・ザ・ウォーター | メイン | 【映画評】フラガール »

2008年1 月 9日 (水曜日)

【映画評】ストロベリーショートケイクス (2005)

個性的な4人の女優が織りなす大人の女性の恋模様。

【満足度:★★★★★】 (鑑賞日:2006/10/01)

 イイ!
 透き通った空気の中に刻まれるリアルな恋心。
 痛々しさの中に見せつける力強さ。
 淡々と進むのにファーストカットから幕切れの瞬間まで途切れない緊張感。
 珠玉の名作。素晴らしい。
 特に大人の女性は必見。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】池脇千鶴/中越典子/中村優子/岩瀬塔子/加瀬亮/安藤政信/趙珉和/奥村公延/中原ひとみ/村杉蝉之介/前田綾花/宮下ともみ/桂亜沙美/伊藤清美/諏訪太朗/高取英/保坂和志/戌井昭人/いしのようこ/矢島健一/高橋真唯
  • 【監督】矢崎仁司
  • 【原作】魚喃キリコ(『strawberry shortcakes』祥伝社)
  • 【脚本】狗飼恭子
  • 【プロデューサー】浅井隆
  • 【アソシエイト・プロデューサー】泉正隆
  • 【ライン・プロデューサー】遠藤肇
  • 【撮影】石井勲
  • 【照明】大坂章夫
  • 【録音】古谷正志
  • 【美術】松本知恵
  • 【編集】多田徳生
  • 【音楽監督】虹釜太郎
  • 【衣装】小林身和子
  • 【ヘアメイク】波止和子
  • 【スチール】ハービー・山口
  • 【劇中画】高木紗恵子
  • 【劇中楽曲】miroque
  • 【エンディングテーマ曲】『光が消える前に』mount sugar
  • 【制作】アップリンク
  • 【配給】アップリンク/コムストック
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2005年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】127分

コメント (2)

 2時間は長いよー、途中で眠くなるよ。
目を覚ませといわんばかりに、織り込まれるラブシーンは虚しさを誘うよ。漫画読んでないけど、原作に忠実なあまりこうなってしまったのかな。

>Kさん
お返事遅れてごめんなさい。

四人のエピソードを丁寧に拾ってるせいで多少長く感じないわけではなかったけど、僕は最後まで飽きずに観られましたよ。
大好きな映画の一本です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a52b3970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ストロベリーショートケイクス:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter