« 【コラム】お正月映画 | メイン | 【映画評】ストロベリーショートケイクス »

2008年1 月 9日 (水曜日)

【映画評】レディ・イン・ザ・ウォーター (2006)

伝説が現実のものとなっていくMナイト・シャマラン監督による現代のおとぎ話。

【満足度:★】 (鑑賞日:2006/10/01)

 シャマラン監督のはったりの利いた世界観は嫌いじゃないが、これは惰性で観るしかない凡作だな。

 最初に決められたルールが提示され、あとは劇中の人々がそのルールにハマっていくのをダラダラと見させられるだけ。
 そこには必然性も意外性も神秘性も感じられなく、カタルシスがはなはだ乏しい。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ポール・ジアマッティ/ブライス・ダラス・ハワード/ボブ・バラバン/ジェフリー・ライト
  • 【監督】Mナイト・シャマラン
  • 【原題】LADY IN THE WATER
  • 【字幕翻訳】古田由紀子
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】110分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a563f970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】レディ・イン・ザ・ウォーター:

» レディ・イン・ザ・ウォーター 07045 (猫姫じゃ)
レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water 2006年   M.ナイト・シャマラン 監督ポール・ジアマッティ ブライス・ダラス・ハワード ボブ・バラバン ジェフリー・ライト サリター・チョウドリー シンディー・チュン フレディ....... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter