« 【映画評】チーム・バチスタの栄光 | メイン | 【映画評】ジャンパー »

2008年3 月 5日 (水曜日)

【映画評】ちーちゃんは悠久の向こう (2007)

高校に伝わる七不思議の謎を追う青春恋愛ファンタジー。

【満足度:★】 (鑑賞日:2008/01/19)

 ある春、ちーちゃん(仲里依紗)と幼なじみのモンちゃん(林遣都)は揃って同じ高校に進学した。
 オカルト好きのちーちゃんは嫌がるモンちゃんを巻き込んで、その高校に伝わる“すべてを解き明かした者には願いが叶う”という七不思議の謎を探るのだが…。

 公開初日に舞台挨拶付きで観賞。
 仲里依紗主演に奥華子の主題歌という『時をかける少女』コンボに釣られて観てしまったのだが…。

 ライトノベルが原作ということで期待していなかったら、案の定のケツの青い青春映画で期待相応のがっかりだった。
 ポスターで「衝撃のラスト」なんて煽るからそのオチも途中で気づいちゃった。そろそろこのネタも飽きてきたぞ。
 成長を伴わない青春映画は青臭すぎてつまらない。こんな脳天気な締めくくりじゃ、呪われたメガネっ娘が報われない。

 主演二人の瑞々しい演技は悪くない。初監督という兼重淳監督の演出も頑張っている方だとは思う。
 しかし、二人さえ良ければすべて良しというこの子供っぽい結末を変えてでももう少し志のある作品に仕上げた方が良かったのでは?

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】仲里依紗/林遣都/高橋由真/波瑠/奥村知史/植松孝行/兼子舜/小野まりえ/霧島れいか/中山祐一朗/永山菜々/飛田光里/堀部圭亮/西田尚美
  • 【監督】兼重淳
  • 【製作】黒川文雄/尾越浩文/岡田真澄/竹内茂樹/松崎義行/佐藤憲夫
  • 【プロデューサー】鈴木淳一/宇田川寧/柴原祐一
  • 【原作】日日日『ちーちゃんは悠久の向こう』
  • 【脚本】山室有紀子/兼重淳
  • 【ラインプロデューサー】岩本勤
  • 【撮影】伊東伸久
  • 【照明】木村明生
  • 【録音】藤本賢一
  • 【VE】佐藤隆彦
  • 【装飾】遠藤雄一郎
  • 【衣装】宮本まさ江
  • 【ヘアメイク】清水惇子
  • 【助監督】岡田弥生
  • 【制作主任】山田哲也
  • 【キャスティング】田端利江
  • 【編集】日下部元孝
  • 【スクリプター】小林加苗
  • 【音楽プロデュース】長岡和弘
  • 【音楽】Di'LL(北城浩志/北城かずみ)
  • 【主題歌】『空に光るクローバー』 [作詞/作曲/唄]奥華子
  • 【製作】「ちーちゃんは悠久の向こう」フィルムパートナーズ(デックスエンタテインメント/ポニーキャニオン/広美/インターチャンネル・ホロン/新風舎/ポニーキャニオンエンタープライズ/ダブ)
  • 【制作プロダクション】ダブ
  • 【配給】シナジー
  • 【宣伝協力】フレスコ
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2007年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】94分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (2)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5761970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ちーちゃんは悠久の向こう:

» ちーちゃんは悠久の向こう (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月20日(水) レンタルDVD ちーちゃんは悠久の向こう〈通常版〉 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD 高校生が書いた小説が原作。 タイトルでネタばれの二人シックスセンス状態。 感動作品が作れそうな題材なのだが、 幼馴染の男以外には、話しかけても無視される生活を何と死後10年ほど続けているのに気にしていない 死後10年、自分の家で生活しているのに、自分の仏壇に気付かない など、説明のできない箇所があり、 最後は、何と武藤部長に憑依してしまう。 と... [続きを読む]

» ちーちゃんは悠久の向こう / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
気になっていた映画を観てきました。『ちーちゃんは悠久の向こう』ですSTORY:ちーちゃんとモンちゃんは小さい頃から仲良しの幼馴染。高校に進学した二人は偶然同じクラスに。昼休みには、ちーちゃんの手作り弁当を一緒に食べるくらいいつも仲良しだ。弓道部に入部したモンちゃんは、3年生の部長・武藤さんがちょっと気になっている。そんな武藤さんも、何かとモンちゃんを気にかけてくれる。一方、オカルト研究会に入ったちーちゃんは高校に伝わる「七不思議」の秘密を探ることにする。久々に大好きな映画館まで足を伸ばして『ちーちゃ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter