« 【映画評】ちーちゃんは悠久の向こう | メイン | 【お知らせ】変更もろもろ »

2008年3 月 6日 (木曜日)

【映画評】ジャンパー (2008)

テレポート能力を持ったジャンパーと謎の組織が世界中を飛び回って激突!

【満足度:☆】 (鑑賞日:2008/03/01)

 ファーストデイ(1000円の日)の先行上映にて観賞。
 最初に書くが、なんだこの小学生が考えたような身勝手でチープな絵空事は。少々ネタバレのあらすじになるがお粗末すぎて伏せる気にもならない。

 偶然自分がテレポート(瞬間移動)能力を持っていることに気づいた15歳の少年デヴィッド(マックス・シエリオット)は、銀行の金庫に忍び込んで大金を盗み出し、もとい、しばらくの間借りることにし、故郷を飛び出しました。
 それから8年後、文字通りの自由気ままな人生を謳歌していたデヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、ある日を境に謎の組織から命を狙われるようになったのです。
 それを期に彼は一度は捨てた故郷に戻ってみました。が、何を思ったかデヴィッドくんは、嫌いだったいじめっ子を特殊能力でとっちめて、昔から好きだった女の子ミリー(レイチェル・ビルソン)の気を惹き、ついには彼女の夢だったローマ旅行に連れ出すことに成功するのです。
 旅先で彼女といちゃついていると、そこでまた例の謎の組織に襲われバカンスは台無し。と同時にこの特殊能力を持つ者=ジャンパーは自分だけでないことも知りました。
 かくしてデヴィッドはジャンパー仲間のグリフィン(ジェイミー・ベル)と共闘し、自分たちの素晴らしきジャンパー人生の邪魔をする謎の組織“パラディン”と闘うことを決意したのです。
 さてさて、この世紀の対決の結末はいかにぃーっ!

 つう、派手な見た目に対してあまりに子供騙しな内容。

 もうちょっとオマケするとね、パラディンは最後まで謎の組織のままです。やっぱ「謎の組織」って言葉の響きがそそられるもんね。
 さらに言うとジャンパーがなぜそんな能力を手に入れられたかも最後まで謎です。謎はあくまで謎のまま。子供たちの夢を壊しちゃいけないからね。
 それからデヴィッドには最後に明かされる衝撃の事実が待っています。まあそれも、「あ、そう」って程度の衝撃ですがね。

 そもそもこの主人公にはどうにも感情移入できません。
 パラディンは“謎”の組織であって“悪”の組織ではありません。命を狙われるといっても、なぜジャンパーが排除されなくちゃいけないのか説明不足で謎のままだし。まあ勝手にやってくれって感じ。

 なんかいいとこを探すとするとね、日本を含めた世界中の素晴らしい景色が大スクリーンで臨場感たっぷりに見られます。
 ただ、日本に向かう前のセリフでは中国って言っていたような気もしましたが、たぶん気のせいだったんでしょう、と脳内補完するのが大人の対応ってもんです。

 ということで、劇場の大スクリーンで世界旅行を疑似体験したい人、“謎の組織”と戦うのに憧れる人、“謎”こそがミステリアスな魅力と信じて疑わない人以外には薦められません。
 なお自主規制により、お年頃の男の子なら絶対夢想するであろう女性の着替えをこっそり覗くなんて不謹慎なシーンはカットしてございますので、お子ちゃまも安心してご覧いただけます。
 でも泥棒は悪いことだからよい子はマネしちゃダメだよ。派手な宣伝で騙してこんな映画で(以下自粛)

 筆者は1000円の日に観たけど、それでも、なんだかなあ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ヘイデン・クリステンセン/ジェイミー・ベル/レイチェル・ビルソン/ダイアン・レイン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・ルーカー/アンナソフィア・ロブ/マックス・シエリオット
  • 【監督】ダグ・リーマン
  • 【製作】アーノン・ミルチャン/ルーカス・フォスター/ジェイ・サンダース/サイモン・キンバーグ
  • 【脚本】デヴィッド・S・ゴイヤー/ジム・ウールス/サイモン・キンバーグ
  • 【製作総指揮】ステイシー・マース/ヴィンス・ジェラルディス/ラルフ・M・ヴィシナンザ
  • 【撮影監督】バリー・ピーターソン
  • 【プロダクション・デザイナー】オリヴァー・スコール
  • 【編集】サー・クライン/ドン・ジマーマン/ディーン・ジマーマン
  • 【視覚効果スーパーバイザー】ジョエル・ハイネック
  • 【音楽】ジョン・パウエル
  • 【衣裳】マギャリー・ギダッチ
  • 【原題】JUMPER
  • 【字幕翻訳】林完治
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】88分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (2)

はじめまして。
TBありがとうございます。
予告が面白そうで、期待しすぎたのもいけませんでした。
ダイアン・レインやジャクソンはあのストーリーで納得なのでしょうかね?

>ryokoさん
宣伝の量が半端じゃないですよね。
とにかく物量にものを言わせた宣伝で悪評が広まる前に稼げるだけ稼ごうとしてんじゃないかと邪推してしまいます。
サミュエル・L・ジャクソンはインタビューで台本読まずに出演依頼を受けたと答えているみたいですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (20)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a52ad970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ジャンパー:

» ジャンパー (Addict allcinema おすすめ映画レビュー)
行き先、無制限 [続きを読む]

» ジャンパー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
えぇぇぇ なんじゃ その終わり方はぁぁぁ・・・これが観終わって直ぐの感想。 どやさ、どやさ、次週に続く・・・やないよなおかんに会いに行くとこまでは 面白かってんけどなぁパラディンとの戦いには決着ついてへんし 彼女と仲良く二人でテレポートって、 そんなエ...... [続きを読む]

» ジャンパー(感想120作目)&疾風伝&メイド刑事 (別館ヒガシ日記)
ジャンパーはWOWOWでしてたから鑑賞したけども 結論は時間が短いの良いが盛り上がる所に欠けるね 内容は主人公デヴィッドがテレポーテーション出来る様なり ジャンパー狩りしてパラディン達に追われる展開だね ジャンパーが強盗して良い所に住み正義に見えんし... [続きを読む]

» 『ジャンパー』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ普通の高校生デヴィッドは、瞬間移動の能力に目覚めその力を悪用し、銀行から大金を盗み取る。その後、母の失踪から人が変わってしまった父との生活を離れ、自由を満喫していたが・・・。感想飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んでスフィンクスやら、...... [続きを読む]

» ジャンパー−(映画:2008年27本目)− (デコ親父はいつも減量中)
監督:ダグ・リーマン 出演:ヘイデン・クリステンセン、レイチェル・ビルソン、ジェイミー・ベル、マックス・シエリオット、アンナソフィア・ロブ、サミュエル・L・ジャクソン、ダイアン・レイン 評価:68点 公式サイト ドラえもんのポケットから出てくる道具....... [続きを読む]

» ジャンパー を観ました。 (My Favorite Things)
なんとなく乗り越えたい!という気分だからかな?で、コレ? [続きを読む]

» 【劇場映画】 ジャンパー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 普通の高校生デヴィッドは、ある日凍結した川に落ち、図書館への瞬間移動を体験した。そして彼はその力を悪用し、銀行から大金を盗み取る。その後、母の失踪から人が変わってしまった父との生活を離れ、ニューヨークで「世界中のどこへでも瞬時に移動できる」という自由を満喫していたデヴィッド。しかし、パラディンというグループの存在と、その組織に自分が追われていることに気づく。そして、偶然出会った同じジャンパーと協力し、何千年も続くというジャンパーとパラディンとの戦いに巻き込まれていく。(goo映画よ... [続きを読む]

» ジャンパー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観て、とっても楽しみにしていた映画 先行上映で鑑賞―【story】ミシガン州の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、自分にテレポート能力があることを発見。母(ダイアン・レイン)が家を出て以来、人が変わった父(マイケル・ルーカー)との生活にうんざりしていたデヴィッドはニューヨークへと向かい、瞬間移動した銀行の金庫室で大金をせしめる。しかし、そんな彼を謎の男ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)がつけ狙い―    〜スティーヴン・グールドの傑作SF小説の映画化〜       監督 : ... [続きを読む]

» 【映画】ジャンパー (新!やさぐれ日記)
■動機 アナキン・スカイウォーカーvsメイス・ウィンドウ再び ■感想 対決!再び! ■満足度 ★★★★★☆☆ まあまあ ■あらすじ ミシガン州の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、自分にテレポート能力があることを発見。母が家を出て以来、人が変わった父との生活にうんざりしていたデヴィッドはニューヨークへと向かい、瞬間移動した銀行の金庫室で大金をせしめる。 ■コメント この映画の予告編はちょっと変わっていて、予告編と予告編の間にカットインする形で上映される。どこにでも行... [続きを読む]

» 納得できない。『ジャンパー』 (水曜日のシネマ日記)
世界中のどこへでもテレポーテーションできる「ジャンパー」の物語です。 [続きを読む]

» 『ジャンパー』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
仕事がオフだったので、今日は1日映画漬けな時間になりました。まず観たのは、ヘイデン・クリステンセン主演の『ジャンパー』。たまたまいい時間に上映回があったので観てみました。テレポーテーションの能力を持った主人公が、その特殊能力を使って悠々自適な生活を送っ...... [続きを読む]

» 「ジャンパー」 観客を楽しませる職人 (はらやんの映画徒然草)
上映時間が1時間半とコンパクトで、最近は2時間越えの作品が多い中、気軽にエンター [続きを読む]

» ジャンパー 2008-09 (観たよ〜ん〜)
「ジャンパー」を観てきました〜♪ 最近、先行上映って昼間もやるんだよねぇ・・・しかも、土曜は映画の日だったので、先行上映+1,000円と2倍オトクって感じですか!?(笑) ミシガン州に住む高校生のデイヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、或る日自分にテレポートの能力があることに気がつく。父との生活にうんざりしていたデイヴィッドは、ニューヨークに向かった。テレポートの能力で銀行の金庫室に移動し、大金を奪うことに成功したデイヴィッド。世界中をテレポートし、セレブな生活を過ごしていた・・・そ... [続きを読む]

» ジャンパー (Akira's VOICE)
もっと賢く飛んでください。 [続きを読む]

» 『ジャンパー』 (SMASH ASH)
『ジャンパー』 普通の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、ある日凍結 [続きを読む]

» ジャンパー (映画鑑賞★日記・・・)
【JUMPER】2008/03/07年公開(03/01先行にて鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ダグ・リーマン原作:スティーヴン・グールド    『ジャンパー跳ぶ少年』(早川書房刊)出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、レイチェル・ビルソン、サミュエル・L・ジャクソ....... [続きを読む]

» ジャンパー (映画の話でコーヒーブレイク)
映画の予告編や、ネットの広告で何度も目にした「ジャンパー」の飛び出すコマーシャル。 「面白そう、これは見なくっちゃ〜」と1日の先行上映へいざ! ファーストデイで土曜日、先行上映とくりゃ混むのは必定。 始めてオンラインでチケット予約に挑戦。 前日の夜予約で、既に80%は予約済み…已む無く前から3番目の席となりました。 満席でした。 **********************        ジャンパー     JUMPER **********************            ... [続きを読む]

» 映画 【ジャンパー】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「ジャンパー」 スティーヴン・グールドのSF小説をダグ・リーマン監督が映画化。 おはなし: ミシガン州の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、自分にテレポート能力があることを発見。母が家を出て以来、人が変わった父との生活にうんざりしていたデヴィッドはNYへと向かい、瞬間移動した銀行の金庫室で大金をせしめ新しい生活を始める。 “ジャンパー”という瞬間移動能力を備えた人間がいて、それを取り締まるパラディンという存在がいて・・・という設定は面白いのですが、やはりちょっと内容... [続きを読む]

» ジャンパー [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★~★ くらいかなぁ ☆☆☆☆ http://movies.foxjap [続きを読む]

» ジャンパー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 JUMPER 上映時間 88分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/07 (先行上映2008/03/01) 監督 ダグ・リーマン 原作 スティーヴン・グールド 『ジャンパー 跳ぶ少年』(早川書房刊) 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー、サイモン・キンバーグ、....... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter