« 【映画評】ブラック・ダリア | メイン | 【映画評】バンテージ・ポイント »

2008年3 月10日 (月曜日)

【映画評】デスノート the Last name (2006)

デスノートを巡る夜神月とLの戦いがついに決着。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2006/11/05)

 原作を未見なので原作との違いには驚きようがない。
 ただ、前編で感じたダイジェスト版的な未消化感はほとんどなかった。上手に完結させているんだろうとは思う。

 でもやはり物足りないのは結局登場人物たちの行動範囲、行動原理が子供向けマンガの域を出ていないからだろう。
 人の死を駒にした頭脳ゲームを狂わせるのは人間的な感情だったりするんだが、そういうところが幼稚で説得力不足。
 言い替えると、命の尊さを問う内容の割に大人の観客を納得させる人間臭さに乏しいのが惜しい。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/青山草太/中村育二/奥田達士/清水伸/小松みゆき/前田愛/板尾創路/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史
  • 【声の出演】中村獅童/池畑慎之介
  • 【監督】金子修介
  • 【原作】大場つぐみ/小畑健『DEATH NOTE』
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】140分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8b9d970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】デスノート the Last name:

» 松山ケンイチ 天才探偵・Lからカリスマボーカル・クラウザーに変身 (芸能 新聞 裏ニュース)
松山ケンイチ関連はこちら 俳優、松山ケンイチ(23)が主演映画「デトロイト・メタ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter