« 【映画評】僕の彼女はサイボーグ | メイン | 【映画評】トゥモロー・ワールド »

2008年6 月13日 (金曜日)

【映画評】7月24日通りのクリスマス (2006)

王子様との幸せを夢見るメルヘン女に幸せは訪れるのか?

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2006/11/10)

 映画版『電車男』のスタッフと中谷美紀が再びタッグを組んだ女性版『電車男』って感じの、長崎の街を舞台にしたラブコメディ。
 前作はオタク青年が主人公だったが、こちらは王子様との幸せを夢見るメルヘン女性が主人公。

 話の流れも大方『電車男』と似た印象。ただ『電車男』は“応援”という一本筋の通ったテーマがあったが、こちらはちょっと散漫な印象で、メルヘン調が一貫してなく、ときにシリアスとなってしまう。
 具体的には『電車男』のオタク君はオタクのままで愛される対象となったが、メルヘンちゃんはメルヘンであることが否定されてしまう。現実を突きつけられるのである。
 それは結果的には彼女の自立を促すのだが、夢見るラブファンタジー映画としてはこれは失敗、というか、余計な遠回りではないか。
 最後には夢のような落としどころを選んでいる以上、徹底してメルヘンで笑い飛ばせば良かったんじゃないかと思えてならない。
 とは言いつつ、こういう夢のあるお話は好きなんですけどね。

 最後にもう一つ、予告編が多くを語りすぎ。結末までばらすのはいただけない。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/阿部力/劇団ひとり/川原亜矢子/沢村一樹/YOU/小日向文世/平岡祐太
  • 【監督】村上正典
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】108分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8bb5970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】7月24日通りのクリスマス:

» 映画「7月24日通りのクリスマス」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
これはまるで少女漫画の世界だよね、『電車男』製作チームによるクリスマス・ラブストーリーというキャッチコピーは、なんとも一抹の不安を抱かされた・・ サユリ(中谷美紀)は長崎で市役所勤めの地味で冴えない女の子、自分の住む町をポルトガルのリスボンとダブらせて&quo... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter