« 【映画評】トゥモロー・ワールド | メイン | 【映画評】氷の微笑2 »

2008年6 月15日 (日曜日)

【映画評】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)

あのインディ・ジョーンズが19年ぶりに帰ってきた!

【満足度:★★】 (鑑賞日:2008/06/14)

 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』から19年、あの冒険活劇が復活。
 今回は神秘の力を秘めた水晶のドクロをキーに、失われた黄金の都を探す冒険。

 正直なところインディ・ジョーンズにはとりたてての思い入れもないのに先行上映で観てきた。
 結論から先にいうと、古典的なアクション映画としての見応えはあるのに、微妙な仕上がりが残念な作品となってしまった。

 冒頭から冒険活劇の名に恥じないアクションに次ぐアクションの連続、ノンストップで飛ばしまくる。
 スティーブン・スピルバーグ監督の演出も冴え渡り、見応えは充分。
 しかし、なぜかノリ切れない。インディが老いたせいではない。個々のアクションは素晴らしいのだが、物語そのものに魅力を感じられないのだ。

 そもそも王道をゆく痛快娯楽作なんだから無難にまとめてくれればほどほど面白くなりそうなものだが、ごまかしきれないアイデアの貧しさが作品自体を貧相にしてしまっている。
 鍵となる神秘的なドクロの正体がなんのひねりもなく、アレだもんなあ。(しかも作りがちゃっちい)
 さらに追い打ちをかけるように、たどり着いた黄金の都の豪快なオチ、そりゃないでしょう。(あれはスピルバーグ監督のセルフ・パロディのつもりなんだろうか)
 “神秘的なもの”を拡大解釈すればこういう落としどころもなくはないけど、“考古学者”インディの活躍するこのシリーズの世界観にはふさわしくないとは思わなかったのかねえ、製作者たちは。

 あと、映画が始まって早々、小ネタ的にインディが核実験に巻き込まれるんだけど、そこも、被爆地ヒロシマ出身の筆者には笑えなかった。
 ぶっ飛んだブラック・コメディの映画ならそんな堅苦しいこと言わないんだけどさ、あれ、本来笑い事じゃ済まない状況だからね。
 ちょっと悪ふざけが過ぎるというか、あれが高層ビルに突っ込もうとする旅客機から逃げまどうインディでもアメリカ人は笑えるんですか?ってことよ。

 全体的に、どうも製作者たちが『インディ・ジョーンズ』という良質の素材に甘えてる印象を受ける。
 20年近くも眠らせていた間に、志まで老いてしまったかのよう。
 同じ方向性なら、今年観た『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』の方がぜんぜん刺激的で面白かったし、上映前に予告編が流れた『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』の方がはじけていそうで今から楽しみ。

 出来のいいアクションシーンや、シリーズのファンがにんまりするエピソードとか、いいところもいっぱいあるのに、消化不良がもったいない凡作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ハリソン・フォード/ケイト・プランシェット/カレン・アレン/ジョン・ハート/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/ジム・ブロードベント/イゴール・ジジキン
  • 【監督】スティーブン・スピルバーグ
  • 【製作総指揮】ジョージ・ルーカス/キャスリーン・ケネディ
  • 【プロデューサー】フランク・マーシャル
  • 【共同プロデューサー】デニス・L・スチュワート
  • 【脚本】デビッド・コープ
  • 【ストーリー】ジョージ・ルーカス/ジェフ・ネイサンソン
  • 【原案】ジョージ・ルーカス
  • 【プロダクション・デザイナー】ガイ・ヘンドリックス・ディアス
  • 【撮影】ヤヌス・カミンスキー
  • 【編集】マイケル・カーン
  • 【音楽】ジョン・ウイリアムズ
  • 【衣裳デザイナー】メアリー・ゾフレス
  • 【視覚効果スーパーバイザー】パブロ・ヘルマン
  • 【サウンド・デザイナー】ベン・バート
  • 【原題】INDIANA JONES and the KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】122分

コメント (2)

リンクとTB、ありがとうございました。
そう、あのきのこ雲は正視できませんでした。それを平気で見ているインディーも非現実的。いえ、わくわくする非現実ならいいんですけどね。

>Tompeiさん
コメントありがとう。
娯楽映画なんだし堅いこと言いたくないけど、娯楽だからこそ、あんな軽率なシーンは入れて欲しくなかったです。
またいらしてくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (11)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d891b970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画、言いたい放題!)
「レイダース 失われた聖櫃アーク」 は何度見ても面白い。 その続編が19年ぶりに出たと聞いたら 観に行かずにはいられない! 映画館に入ると、あのテーマ曲が。。。 期待が高まります。(^^) 時は1957年。 米ソ冷戦の最中の米軍機密施設で 非情な士官・イリーナが... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [監督:スティーブン・スピルバーグ] 映評前編 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
スピルバーグとルーカスが今さらインディに情熱を燃やすとも思えず。それでは彼らが何をしたかったのか・・・を深読み考察してみた。(当然ネタバレ) [続きを読む]

» ★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ〜」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので、 前売り券1300円払っちゃったけど、レイトショウ1200円の時間帯でも観に行ってしまいました。 ... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画の話でコーヒーブレイク)
おっと〜、先行上映やったのね〜{/hiyo_cry2/} ブログ諸氏もすでに先行上映で鑑賞済みのご様子。 22日意気込んで、前々日にネットでTOHOシネマズ海老名の座席予約{/good/} {/m_0003/}雨にも負けず、映画館は人で溢れておりました。 久しぶりに満席の映画館!予約しておいてよかった〜{/good/} 満席って、やっぱり一体感があっていいなぁ〜。   予想通り、幅広い年齢層、昔のインディーファンから、初めてみる若者までギッシリ! 期待に胸が膨らみます。  TOHOシネマズ海老名... [続きを読む]

» クリスタル・スカルの国&BLEACH&課長島耕作 (別館ヒガシ日記)
インディ・ジョーンズ クリスタル・の国は24日(火)10時半に鑑賞し 冒険の方は少し不満もアクションなど他に関しては大満足したね 内容はロズウェル事件からクリスタル・でナスカの地上絵を挟み 黄金都市エルドラドでソ連の女幹部らとバトルし冒険の展開だね 設定が1... [続きを読む]

» 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観ましたハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャーです>>『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカル...... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国−(映画:2008年44本目)− (デコ親父はいつも減量中)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン、ケイト・ブランシェット、ジム・ブロードベント 公式サイト 評価:77点 久しぶりのハリソン・フォードはすっかりおじい....... [続きを読む]

» インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 を観ました。 (My Favorite Things)
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。 [続きを読む]

» 《映画》 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (古谷千秋の食い倒れ日記)
109シネマズ木場で『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観てきた。先行上映なのだが映画館は混んではいなかった。 [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アドベンチャー&アクション  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ハリソン・フォード      シャイア・ラブーフ      カレン・アレン      ケイト・ブランシェット 【物語】 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ....... [続きを読む]

» [映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあとは思ったが。    ◇   ◇ 最初に、軍人たちの車輛を挑発する若者たちの車両が出てくる。 また、インディが、マットと最初に語り合うダイナー(って呼び名でいいのかな?)での、二つの抗争中の若者グループネタがあったが、 ルーカスなどは、『ア... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter