« 【映画評】椿山課長の七日間 | メイン | 【映画評】犬神家の一族 »

2008年6 月18日 (水曜日)

【映画評】市川崑物語 (2006)

岩井俊二監督による市川崑監督の半生を追ったドキュメンタリー。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2006/12/17)

 巨匠市川崑監督の半生を岩井俊二監督が思い入れたっぷりに綴ったドキュメンタリー映画。

 岩井監督らしい印象的な再現映像やCGを駆使して、丁寧に市川監督の生い立ちを追いかけているとは思うが…。

 市川監督のあまりに長い業界人生のために、モノクロ時代からのフィルモグラフィーを羅列されても実感が湧かないというのが正直なところ。
 岩井監督自身もそうなのか、彼が衝撃を受けたという金田一シリーズに話が及ぶまでは単調でメリハリに欠くのだが、一旦金田一シリーズに話がおよぶと編集も活気づき、相当の思い入れがあることがわかる。

 また、市川監督の和田夏十夫人への思いは淡々とした語り口ながらひしひしと伝わってきて感動的。

 でもまあ、結局のところ市川監督の半生をまとめた上で、岩井監督の思い入れが語られただけという印象で、ドキュメンタリーとしては食い足りない。
 それでも無性に市川監督の最新作、リメイク版『犬神家の一族』を観たくなったので、悪くはないということか。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】市川崑
  • 【監督/脚本/編集】岩井俊二
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】95分

コメント (2)

TBありがとう。
僕のようなオジンから見ると、市川崑の若い時代のアニメへの傾倒とか、プログラムピクチャーをとりまくっていた時期とかが、逆に興味深いところがあります。

>kimion20002000さん
コメントありがとうございます。
自分の場合、この「ドキュメンタリー映画」に対しては良くも悪くも市川監督のフィルモグラフィを羅列した「紹介ビデオ」っていう印象が強かったんです。
話に聞くことでしか知らない日本映画黄金期にプログラムピクチャーを撮りまくっていた監督さんはたくさんいらしたと想像するんですが、市川監督が巨匠と呼ばれるまでになった決定的な差はなんだったのか。
少なくとも岩井監督が「好き」なのは激しく伝わってくるんですけど、その気持ちは僕のような凡人でも変わらないわけで、岩井監督ならではの掘り下げがあまり感じられなかったかなっていう印象でした。
ドキュメンタリー映画という体裁に、なにか過度の期待をしすぎたのかもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5281970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】市川崑物語:

» mini review 07266「市川崑物語」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『スワロウテイル』『花とアリス』などの岩井俊二監督が名匠・市川崑監督の半生を描いたドキュメンタリー。市川監督が自身の同名作品をリメイクした『犬神家の一族』の公開を記念して製作された本作は、市川監督から多大なる影響を受けたという岩井監督ならではの視点で、市川監督の幼少期から現在までの半生をつづる。貴重な発掘映像も多く披露され、映画監督が映画監督の半生に肉迫した、異色のドキュメンタリー映画としても見逃せない。[もっと詳しく] 大丈夫。愛すべき市川崑監督が、まだメガホンをとってくれている! 実に30年... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter