« 【映画評】魔法にかけられて | メイン | 【コラム】4周年 »

2008年6 月24日 (火曜日)

【映画評】硫黄島からの手紙 (2006)

監督クリント・イーストウッドが日米双方の視点から描く「硫黄島」二部作第二弾。

【満足度:★★★★】 (鑑賞日:2007/01/01)

 『父親たちの星条旗』に続く、「硫黄島」二部作第二弾。
 クリント・イーストウッド監督が日本側から見た硫黄島の戦いを描く。

 観終わった後、どっと疲れた。

 淡々と描かれた戦争の抱える不条理に考えさせられる。
 この映画からのメッセージは生半可な言葉では伝えられない重みが。

 全編のほとんどが日本語でまるで日本映画のようだが、ところどころで見せる戦闘シーンの激しさはやはりハリウッド映画のそれ。

 見応え十分の秀作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江
  • 【監督】クリント・イーストウッド
  • 【原題】LETTERS FROM IWO JIMA
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】141分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a576a970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】硫黄島からの手紙:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter