« 【映画評】鉄コン筋クリート | メイン | 【映画評】JUNO/ジュノ »

2008年6 月19日 (木曜日)

【映画評】武士の一分 (2006)

視力を失った武士と彼を支える妻との純愛時代劇。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2006/12/31)

 『たそがれ清兵衛』(2002年)が素晴らしかった山田洋次監督の時代劇でしたが、これは少々期待はずれ。なお、『隠し剣 鬼の爪』は未見。

 『暗いところで待ち合わせ』を観た後だと木村拓哉の盲目の芝居は見劣りがして、この映画に限ったことじゃないが、どう役作りしても木村拓哉にしか見えない。
 話もなんだかありきたりな印象で、『たそがれ清兵衛』を観たときのようなインパクトはなかった。
 夫婦愛の話とチャンバラ時代劇としての話がうまくかみ合ってないのも気になる。

 オーソドックスな純愛ラブストーリーが長年トップアイドルの座に君臨する木村拓哉らしいといえばらしいし、重鎮山田監督らしい丁寧な作りにも好感を覚えるが、見所に欠いた凡作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】木村拓哉/檀れい/笹野高史/桃井かおり/坂東三津五郎/緒形拳/小林稔侍
  • 【監督】山田洋次
  • 【原作】藤沢周平
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】121分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8d0f970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】武士の一分:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter