« 【映画評】カオス | メイン | 【映画評】僕の彼女はサイボーグ »

2008年6 月11日 (水曜日)

【映画評】虹の女神 Rainbow Song (2006)

映画研究部を舞台にした切ない恋の物語。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2006/11/09)

 基本的には市原隼人と上野樹里の気持ちのすれ違いを描いた恋愛物語。
 淡々と日常を切り取っていくだけで、大それた事件が起こらない小品。

 映像の世界に身を投じた自分としては、大学の映画研究部が舞台になってるようだから懐かしく観れるかと思っていたのに、映研は回想シーンで、現在パートは映像製作会社が舞台じゃん。
 これはヤバイっす。先輩たちからどやされ、どつかれる市原隼人がリアルすぎ。本題とは違う意味で胸が締め付けられた。

 役者陣は皆自然体で、演出の雰囲気もいいんだけど、作り手の思い入れだけが一方的すぎるのか、いまいちのめり込めない。というか立ち入れない。
 普遍的なラブストーリーをやっているようで、その実プライベートフィルムそのもので極めて青臭い。突き放した言い方をすれば「だから何?」って感じ。

 作品を包む空気感はたいへん好印象なんだが、全体を通してカタルシスを欠くのが惜しまれる。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】市原隼人/上野樹里/蒼井優/酒井若菜/鈴木亜美/相田翔子/小日向文世/佐々木蔵之介/尾上寛之/田中圭/ピエール瀧/マギー/大橋未歩
  • 【監督】熊澤尚人
  • 【プロデューサー】岩井俊二/橘田寿宏
  • 【脚本】桜井亜美/齊藤美如/網野酸
  • 【劇中劇脚本】後藤亜稀子(『THE END OF THE WORLD』)
  • 【音楽プロデューサー】安念透
  • 【音楽】山下宏明
  • 【主題歌】種ともこ
  • 【製作】「虹の女神」製作委員会
  • 【制作】ロックウェルアイズ
  • 【プロデュース】アミューズソフトエンタテイメント/プレイワークス
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】117分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a55e7970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】虹の女神 Rainbow Song:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter