« 【コラム】4周年 | メイン | 【映画評】エラゴン 遺志を継ぐ者 »

2008年7 月 3日 (木曜日)

【映画評】マリと子犬の物語 (2007)

少女と子犬の演技に驚かされるハンカチ必須の号泣地震被災映画。

【満足度:★★★★☆】 (鑑賞日:2008/01/01)

 大地震で飼い犬を孤立した山村に残してしまった家族を描いた心温まるファミリー映画。

 今年最初の映画に選んだのがこれ。
 去年は『硫黄島からの手紙』を最初に観て新年早々どっと疲れた反省から、今年はほのぼの系をスタートにしたかったので。

 とりあえず主人公の女の子・彩を演じる佐々木麻緒が巧い、巧すぎる!
 あどけない盛りの少女だが、ときに大人顔負けの女優の顔を見せていて驚かされ、そして存分に泣かされる。

 マリや子犬たちの演技も巧い。
 いくら訓練されている俳優犬といえどもなかなか演出家の思い通りに動いてくれないのが動物なのに、子犬たちの自然な立ち振る舞いはこの作品に映画の神様が降りているとしか思えない。

 実話の再現ものとして、エピソードを欲張りすぎずにフィクションたる映画作品として手堅くまとめてあるのも悪くない。
 大地震を再現した特撮も長年ゴジラシリーズなどを手がけてきた東宝らしくファミリー映画として生臭くなりすぎない程度のさじ加減で好感が持てる。

 お話としては平凡だし、演出もベタで傑作とは言いがたいけれど、安心して観られる泣けるファミリー映画としてすこぶる好印象の良作。

予告編 - Trailer

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】船越英一郎/松本明子/広田亮平/佐々木麻緒/徳井優/梨本謙次郎/重田千穂子/螢雪次朗/角替和枝/蛭子能収/三宅弘城/高嶋政伸/小林麻央/小野武彦/宇津井健
  • 【監督】猪股隆一
  • 【原作】「山古志村のマリと三匹の子犬」桑原眞二/大野一興
  • 【脚本】山田耕大/清本由紀/高橋亜子
  • 【音楽】久石譲
  • 【主題歌】平原綾香「今、風の中で」
  • 【製作指揮】小杉善信/島谷能成
  • 【企画】奥田誠治/市川南/本間英行
  • 【エグゼクティブプロデューサー】神蔵克
  • 【プロデュース】臼井央/藤村直人/遠藤日登思
  • 【プロデューサー】堀口慎
  • 【ライン・プロデューサー】前田光治
  • 【キャスティング・プロデューサー】城戸史朗
  • 【プロダクション統括】山田健一
  • 【撮影】北信康
  • 【美術】部谷京子
  • 【録音】斉藤禎一
  • 【照明】川辺隆之
  • 【編集】三条知生
  • 【監督補】荻原孝昭
  • 【助監督】猪腰弘之
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2007年
  • 【製作年】2007年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】124分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (4)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a576c970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】マリと子犬の物語:

» 映画 マリと子犬の物語 みた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]東宝このアイテムの詳細を見る この映画は2004年の新潟県中越地震で、山古志村(現・長岡市)で起きた実話を基に描かれベストセラー絵本、「山古志村のマリと三匹の子犬」を映像化した作品である。 ドラマを読み解くキーワードは被災、家族、絆、子供、犬だ。 好いのは子供達長男・亮太(広田亮平)、長女・彩(佐々木麻緒)と祖父・優造(宇津井健)だ。 出演 : 船越英一郎 、 松本明子 、 広田亮平 、 佐々木麻緒 、 徳井優 、 梨本謙次郎 、 重田千穂子... [続きを読む]

» マリと子犬の物語 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 犬は「3日飼ったら恩を忘れない」と言いますなぁ。 今日はお見舞いに来てくれてありがとう・・・ ・・・・・・・んっぐぅぅぅ(−゛゛−) 「マリ死んじゃうよぉ・・・死ぬのいやだよぉ」 ・・・・・・・ぐがぁぁぁ(つへ`。)ゞ 「マァ〜リィィィィ!!!」 ・・・・・・・どぉぐぁぁ〜*△#□※&$。゜゜(;´□`;)゜:。 もぉもぉもぉ、いちいち涙出ますねんコレ(ノ_;) 隣の主婦二人連れ ... [続きを読む]

» 「マリと子犬の物語」 (てんびんthe LIFE)
「マリと子犬の物語」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 新潟の山古志村の地震のときにあった実話を基にした話、犬と子供が主演の泣かせる映画。 なのでほとんど興味はなかったのですが、みたい作品は明日に集中し、今日の試写会はこれしか当たっていなかったので行ってきました。 全く予想通りのハナシと展開、特にどこが新しいかとか、変化があるとか言うのも感じられず、それでも犬には泣かされます。 題名も「マリと子犬」3匹の子犬は単なるアクセサリー、マリが母親犬として子供たちを守ってる姿が痛々しいけど、本当に演... [続きを読む]

» 『マリと子犬の物語』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マリと子犬の物語」□監督 猪股隆一□脚本 山田耕太、清本由紀、高橋亜子 □原作 桑原眞二、大野一興(「山古志村のマリと三匹の子犬」文藝春秋刊)□キャスト 広田亮平、佐々木麻緒、船越英一郎、宇津井健、松本明子、高嶋政伸、小野武彦、、徳井優、小林麻央■鑑賞日 12月16 日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 新潟県中越地震で実際にあったトゥルー・ストーリー。 様々な人間模様、そして犬と人間の係わり合... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter