« 【映画評】ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 | メイン | 【映画評】007/カジノ・ロワイヤル »

2008年7 月22日 (火曜日)

【映画評】ワン・ミス・コール (2008)

一世を風靡した携帯電話を通じて呪いが伝染するサスペンス・ホラー『着信アリ』のハリウッド・リメイク版。

【満足度:★☆】 (鑑賞日:2008/07/20)

 死の着メロに乗って届く数日後からの着信。残された留守番電話には身に覚えのない自分の悲鳴が。
 その死の着信を受けた者は着信記録に残された日時に死ぬ…。

 日本で大ヒットし、続編はもちろん、テレビシリーズへも派生していった秋元康原作、三池崇史監督のジャパニーズ・ホラー『着信アリ』(2004年)のハリウッド・リメイク版。
 文化の違うアメリカ人にも解るようにとオリジナル版の趣向の一つであった不安を煽る都市伝説の広がりという側面は影を潜め、ハリウッドらしい視覚に訴えかけるショック・ホラーへと脚色されている。
 その方向性の違いはあれど、展開はおおむねオリジナル版と一緒のようで、厳密に比較したわけではないが、観賞中、劇場で一度観たきりで忘れかけていたオリジナル版をいちいち思い出していた。

 で、その出来だが、ホラー映画なのにまるで怖くなく、当然といえば当然だがオリジナルを知っていると展開に意外性はない。
 さらに、日本のオリジナル版と比較してもハリウッド映画の割には低予算臭さが拭いきれず、オリジナル版はけっこう面白かったのに、これははっきり言ってつまらない

 広がっていく都市伝説という要素が欠けているせいか妙にこぢんまりとした印象で、前半の山場だったテレビで生放送のシーンも、思いきりの良かった三池演出のほうに軍配が上がる
 しかもこのシーン、ハリウッド版では録画に変更されており、“その時”が来るのが大衆の面前ではない。
 このシーンは観客に、「さすがに全国の視聴者が見ている前で予定通りに死ぬことはないんじゃないか」という一抹の希望を持たせる演出意図があったからこそ活きるシーンで、ただ単にテレビカメラの前でというのではまったく意味がない。
 おそらくその後の展開を簡略化させるための変更なんだろうが、緊迫感までもが大幅に縮小されただけの改悪としか言いようがない。
 ちなみにハリウッド・デビューと話題のデーブ・スペクター氏は、このガッカリなシーンのチョイ役で登場しており、(彼に非はないが)ガッカリ度アップに貢献している。

 クライマックスの謎解きも妙にあっさりしており、ラストに至っては日本版が観客を翻弄するシュールな終わり方だったのに対し、ハリウッド版はえらくわかりやすい“オチ”がついて、チャンチャンてな終わり方。

 日本版が公開されたとき、「携帯電話を通して伝染する呪い」という、『リング』もどき一発ネタホラーというのがその第一印象だったが、それなりに巧くエピソードを積み上げ、いっぱしのジャパニーズ・ホラーとして楽しませることに成功していた。
 しかしこのハリウッド版からは、その一発ネタにすがっただけの安易さしか見えてこない。

 なによりホラー映画として致命的な、“怖くない”敗因は、あの耳に残って忘れられない死の着メロまで変更され、まるで印象に残らなかったこと。
 名曲と言っていいのかどうかは判断しかねるが、『着信アリ』はビジュアル的にどう死ぬかとかより、あの着メロが突然鳴る瞬間こそが怖かったのよ。
 だからこそ現代人が肌身離さず持ち歩く携帯電話という小道具が活きたってことを製作者がわかっていないのが一番のミス。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】シャニン・ソサモン/エド・バーンズ/アズーラ・スカイ/アナ・クラウディア・タランコン/レイ・ワイズ/デーブ・スペクター
  • 【監督】エリック・ヴァレット
  • 【原作】秋元康
  • 【脚本】アンドリュー・クレイヴン
  • 【撮影】グレン・マクファーソン
  • 【音楽】ラインホルト・ハイル&ジョニー・クリメック
  • 【美術】ローレンス・ベネット
  • 【編集】スティーブン・ミルコビッチ,A.C.E.
  • 【衣装】サンドラ・ハーネンデス
  • 【配給】角川映画
  • 【原題】One Missed Call
  • 【字幕翻訳】岡田壯平
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】88分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (2)

かなりダメ映画でしたよね。
テレビのシーンなんて、本当にあっさり終わってしまいました。エクソシストなんてただのオッサンにしか見えないし。
リメイクでは、本人が作ったJUONが一番ましです。役者が青い目になっただけで、伽椰子出現シーンとか全部同じでしたが・・・

>バラサ☆バラサさん
コメントありがとう。
どうにもこうにもいいところを見つけることのできない作品でした。
ハリウッド流B級モンスター映画に成り下がってたというか。
JUONはJホラーの中でももともと怨霊を見せて怖がらせるタイプの映画だったので、ハリウッドとも相性がよかったのかもしれませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (7)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a52e0970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ワン・ミス・コール:

» 『ワン・ミス・コール』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『ワン・ミス・コール』を観ました携帯電話に持ち主本人の断末魔の叫びが録音された不気味な着信を受けた者は死に至る、という逃れられない恐怖の連鎖を描く、日本映画『着信アリ』をハリウッド・リメイクしたホラー・サスペンスです>>『ワン・ミス・コール』関連原題: ...... [続きを読む]

» 映画『ワン・ミス・コール』を観て (KINTYRE’SDIARY)
65.ワン・ミス・コール■原題:OneMissedCall■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:88分■字幕:岡田壮平■鑑賞日:7月26日、アミューズCQN(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください]□監督:エリック・ヴァレット□原作:秋元康□脚本:アンドリュー...... [続きを読む]

» ワン・ミス・コール One missed call (銅版画制作の日々)
 「留守電に断末魔。ーーそれは私の声。」 おぞましい“死の着信”それは決して逃れられない あなたは3日後 すでに死んでいる 7月24日、夕方MOVX京都にて鑑賞。本作のオリジナル版は日本作品“着信あり”だそうで・・・・。監督はあの三池崇史、2004年劇場公開で大ヒットしたもの。そんなこともあってか、高校生のお客さんも結構来ていた。 ストーリー アトランタの大学院生のベス・レイモンド(シャニン・ソサモン)は、ある金曜の晩にルームメイトのテイラー(アナ・クラウディア・タランコン... [続きを読む]

» ワン・ミス・コール (ダイターンクラッシュ!!)
7月21日(月) 17:15~ アミューズCQN2 料金:1300円(シネカノン会員料金) プログラム:600円 『ワン・ミス・コール』公式サイト ポスターが激しく不気味な「着信アリ」のハリウッドお家芸リメイク。 ほとんど忠実にリメイクしており、劣化コピーに過ぎない。 でも、最後のオチを別のものにし、より一層ダメな作品にしてしまった。 これ見るんだったら、三池崇史の一作目の「着信アリ」をDVDで見ること(既に見たのであれば、見直すこと)を薦める。 ただし、調子に乗って「着信アリ2」「着信アリF... [続きを読む]

» 【079】ワン・ミス・コール ★★☆☆☆ (燃える管理人ブログ)
Jホラーの「着信アリ」のリメイクであるワン・ミス・コールを見た。 ある日、知らない着メロが自分の携帯から鳴り始める。 数日後の着信日になっている留守電を再生すると、聞こえるのは自分の声。 その着信日になると、着信された人は不審な死を遂げる。。。。 まあストーリーは殆ど「着信アリ」と一緒だ。 B級ながらもJホラーとしては及第点だった「着信アリ」(その後、「2」「Final」と回を追ってトホホになっていくが)と比べて、どれだけ違った面白さが加えられているかとほんの少しだけ期待してたが。... [続きを読む]

» 『ワン・ミス・コール』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
虎ノ門のニッショーホールでの『ワン・ミス・コール』のジャパンプレミアに行ってきました。 というか、ジャパンプレミアだったことに行くまで全く気付いていなかった自分。ただの試写会かと思ってた。。。 小倉淳アナウンサーの司会の元で、この映画に出演してるデーブ・スペ... [続きを読む]

» ワン・ミス・コール (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
Jホラー「着信アリ」のリメイクは、続編まで作られた日本の観客には、もはや怖さは感じないだろう。携帯に録音された断末魔の叫びを聞いたものが死に至る恐怖を描く。呪われた本人にだけ見える異様な幻影は、オリジナリティにあふれていて見応えがある。恐怖の演出より音で....... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter