« 【映画評】パプリカ | メイン | 【映画評】花より男子ファイナル »

2008年7 月29日 (火曜日)

【映画評】ハプニング (2008)

“何か”が襲い来る、M・ナイト・シャマラン監督のSFパニック・サスペンス映画。

【満足度:★★】 (鑑賞日:2008/07/26)

 のどかなある日、ニューヨークのセントラルパークで人々がなんの前触れもなく自殺しはじめる。
 テロかもしれないとの噂は瞬く間に広がり、授業中だった高校でも生徒を全員帰宅させることに。
 科学教師エリオット(マーク・ウォールバーグ)は同僚教師のジュリアン(ジョン・レグイザモ)と共に家族を引き連れ安全な場所へ逃げることにしたが…。

 前作『レディ・イン・ザ・ウォーター』(2006年)に続いてまたしてもM・ナイト・シャマラン監督の独りよがりなトンデモ世界観な怪作

 シャマラン監督作品で言うなら“オチのない『サイン』(2002年)”。他の監督作品でなら“話の広がらない『回路』(2001年、黒沢清監督)”といった感じ。
 別の見方で例えるなら、よくある殺し合いゾンビものを自殺に置き換えただけ。

 作品全体を包むシャマラン監督らしい異様な雰囲気は嫌いじゃないけれど、こういう投げやりな世界観は一歩間違うと映画的になんでもアリになっちゃうんだよ。
 事件の原因は一応ほのめかしているけど、結局「なんで自殺?」という最大の疑問には答えられていない。それなのに見終わっての印象は「ただただ自殺のいろんなバリエーションを見せつけられた」だもの。
 早い段階で「これはもう、風呂敷を広げるだけ広げて、たたまずに終わっちゃうな」って察しがついちゃった。

 原因を明確にしないのがいけないんじゃない。シャマラン監督を一躍有名にした『シックス・センス』並のドンデン返しを期待したわけでもない。映画的に“自殺でなければならなかった”といえる必然性がまるで無いってことに疑問を感じるの。
 映画を観た人ならわかると思うけど、ただ単にぶっ倒れて意識不明のまま死んでしまったって作品的にはなんら不足無い。
 そこをあえて、“自ら死を選ぶ”にした理由付けは、劇中での推測でも触れられていないし、映画のテーマに結びつけて考えても理解不能。

 思うに結局、見た目のインパクトを狙っただけなんでしょ。
 仮にこれが「人間がじっくり二時間かけて液状化する」ゲテモノ映画でも、「人々が手当たり次第にセックスする」ポルノ映画でもよかった。「思いついた中で一番悪趣味なのを選んでみました」ってノリなんだろう。
 そしてその理由付けは、「世界にはわからないことだってあるんだ」との開き直りで逃げちゃってる。

 映画たるもの映像的なインパクトも必要ですよ。それは一理あるけれど、多種多様な自殺のバリエーションにどんな新発見やカタルシスがあるっていうのさ。監督自身が自分の毒に酔っちゃってるだけじゃないの?

 シャマラン監督にはね、とりあえずこの手の特殊な世界観を封印してもらって、単純明快なホラー映画を撮っていただきたい。その方が監督の持ち味を活かせるような気がしてならない。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】マーク・ウォールバーグ/ズーイー・デシャネル/ジョン・レグイザモ/アシュリン・サンチェス/ベティ・バックリー
  • 【監督/脚本/製作】M・ナイト・シャマラン
  • 【製作】サム・マーサー/バリー・メンデル
  • 【製作総指揮】ロジャー・バーンバウム/ゲイリーバーバー
  • 【製作総指揮】ロニー・スクリューワーラー/ザリーナ・スクリューワーラー
  • 【撮影】タク・フジモト
  • 【プロダクション・デザイナー】ジェニーン・オッペウォール
  • 【編集】コンラッド・バフ
  • 【共同製作】ホセ・L・ロドリゲス/デヴェン・コーテ
  • 【音楽】ジェームズ・ニュートン・ハワード
  • 【衣裳デザイン】ベッツィ・ハイマン
  • 【配給】20世紀フォックス映画
  • 【原題】THE HAPPENING
  • 【字幕翻訳】松浦美奈
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】91分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (7)

人が多いと自殺を始めるってことで、おそらくレミングあたりをイメージしたのではないかな、と推測します。
人口増加→集団自殺。そう考えるとわからんでもないです。

初めまして。TBありがとうございました。

確かに、自殺のバリエーションを見せられた映画でしたね(笑)
けど、僕の場合、サスペンスの形を借りて、“環境保護”を訴えるメッセージ映画だと捉えました。

>Pさん
コメントありがとう。
すでに事実無根の都市伝説とされているレミングの習性を引き合いに出されると、話題性を狙ったそのヤラセ映像の方を今回の映画にだぶらせちゃいます。

>hidsさん
コメントありがとう。
SFとしてのツメが甘いんですが、テーマの描き方としては間違ってないとは思うんですよね。
ただ、最近のシャマラン監督作品ははったりが効き過ぎで収拾がつかなくなってる。だからテーマの方がオマケにしか見えない。
話を広げるだけじゃなくて、たたむことにももっと目配せができたら、いつかまた『シックス・センス』にも負けない傑作を作ってくれるんじゃないかと期待しているんですがね。

書き込み及びトラックバック有難う御座いました。

恥ずかし乍ら、シャマラン監督の作品は今回が初めて。ですから他の作品との比較は出来ないのですが、個人的にはなかなかのめり込める作品でした。唯、仰る様に「何で自殺?」という点に明確な答えが提示されていない等、未消化な点も在りましたね。

今後とも何卒宜しく御願い致します。

>giants-55さん
コメントありがとう。
ついつい苦言を呈してしまいますが、シャマラン監督作品の一連の映画が持っている独特な雰囲気は自分も好きで、監督の名で作品を観てしまう監督のひとりですね。
この作品を気に入ったなら他の作品もきっと気に入ると思いますよ。

これ、そんなに浅い映画じゃないですよ。

論理とは、因果とは、それを成り立たせているこの世界とは一体何なんだ、
といったある意味宗教的な、ところを考えさせる作品。

単に映画を"観る"だけでなく、自分の頭の中と格闘するための思考の点火剤。

◆-さん
なかなか深いですね。
僕には何の点火剤にもなりませんでしたが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (17)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d894a970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ハプニング:

» ハプニング (Addict allcinema おすすめ映画レビュー)
人類は滅びたいのか。 [続きを読む]

» 「ハプニング」(The Happening) (シネマ・ワンダーランド)
「シックス・センス」や「サイン」「ヴィレッジ」など超常現象を題材にした作品で知られるインド出身の米映画監督、M・ナイト・シャラマン(38)が次々に起こる奇怪な自然現象を描いたシチュエーション・ホラー・ムービー「ハプニング」(2008年、米、91分、FOX映画配給)。この映画は何らかの原因により、人々が死亡し、窮地に追い詰められ、人類滅亡の岐路に立たされた人たちの姿を描いた内容だ。それは、まるで現在、世界各地に蔓延(まんえん)している新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の到来を予兆したかの...... [続きを読む]

» ハプニング (映画、言いたい放題!)
何度裏切られても、 やっぱり見てしまうM・ナイト・シャマラン監督作品。 やっぱり今回も観てしまいました。f(^^;) DVDで鑑賞。 ある日突然、 アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、 自ら命を絶つ人が続出する。 その減少は大都市の公園から始ま... [続きを読む]

» 【映画】ハプニング…パニック映画だけど皆さん結構冷静 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}はあんなに良い天気{/kaeru_fine/}だったのに…夜半から雨{/kaeru_rain/}が降り出して、今日もなんだか天気良くないですなぁ{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/} そんな天気{/kaeru_rain/}の中、午前中はPCショップ{/pc2/}、模型店{/car2_tank/}、おもちゃ屋{/car2_tank/}、家電量販店{/tv/}等のオタクノルマ{/face_ase2/}を(久々に)こなしてきました{/ase/} …こ... [続きを読む]

» ★「ハプニング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。 ... [続きを読む]

» 「ハプニング」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 或る日突然、アメリカ全土から蜜蜂が消え始める。*1この異常現象に端を発して、ニューヨークでは自らの命を絶つ者で溢れ返る事に。死ぬ直前の彼等には、「言葉の錯乱」や「方向感覚の喪失」といった奇妙な兆候が表出。やがて“自殺者の波”は、アメリカ東部全域に迄達する。当初は「テロリストによる大規模な攻撃か?」と思われたが、時間の経過と共に人々は「テロ行為等では無い、とてつもなく恐ろしい事が起こっている。」事に気付き始める。 そんな地球危機の中、科学教師... [続きを読む]

» 『ハプニング』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
やっと行ってきました~。7/19にオープンした新宿ピカデリーで映画観てきました。 やっとのことでメンバーカードをGETしましたよー。 観たのはM・ナイト・シャマラン監督の『ハプニング』。つまらないという前評判も聞きましたが、自分は割と楽しめたかも。映画って相性だな... [続きを読む]

» 映画「ハプニング」(2008年、米) (富久亭日乗)
   ★★★★☆ 「The Sixth Sense」(1999年)のM. Night Shyamalan監督のホラーサスペンス。 Sir Alfred Joseph Hitchcockの名作「The Birds」(1963年)や Steven Allan Spielbergの「Duel」(1971年)の テイストだ。 原題は「The Happening 」。  ニューヨークのセントラルパーク。 突然人々が静止し、女性が髪飾りを自分の首に刺し自殺する。 工事現場では作業員が屋上から次々と身を投げる。 ... [続きを読む]

» ハプニング (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&ミステリー  監督:M・ナイト・シャマラン  出演:マーク・ウォールバーグ      ズーイー・デシャネル      ジョン・レグイザモ      アシュリー・サンチェス 【物語】 ある日、ニューヨークのセントラルパークで人々が突然...... [続きを読む]

» ハプニング (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン 出演;マーク・ウォールバーグ(エリオット)    ズーイ・デシャネル(アルマ)    ジョン・レグイザモ(ジュリアン)    アシュリン・サンチェス(ジェス)    ベティ・バックリー(ミセス・ジョンズ)           ??? ... [続きを読む]

» ハプニング (eclipse的な独り言 )
 ある種、清い映画だと感じました。これはこれでありなのでしょう。ネタばれ全開です [続きを読む]

» ハプニング (Akira's VOICE)
植物を愛そう!   [続きを読む]

» ハプニング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告で興味を持ったので、とりあえず鑑賞してみた―【story】ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突然死に至る病が蔓延し始める。人類滅亡の危機を前に世界はパニックに陥っていた。その地球危機の中でエリオット(マーク・ウォールバーグ)は家族を守るために安全な土地を目指し、迫りくる何かに追い込まれながらも、希望を捨てずに原因究明と家族のために逃避行を続けるが―     監督 : M・ナイト・シャマラン 『シックス・センス』『アンブレイカブル』        ... [続きを読む]

» ハプニング 予告編での「?」のまま置き去りに・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【27 -14-】  この映画{/m_0058/}予告編を見るたんびに、 「全米からミツバチが居なくなるのと、とつぜん停止した人がバタバタと倒れていく場面と、そして額を打ち抜かれた警察官と・・・いったいどう繋がっているのか?」 「そんな現象を巻き起こす驚異っていったいぜんたいどんなものなんだ?」 「その驚異というものは感情移入できるような説得力のあるものなのか?」 「そしてあんな無力そうな親子連れがその驚異に立ち向かうことが出来るのか」 「で、それをたった91分の上映時間で、ちゃんと落とせるのか?... [続きを読む]

» 映画『ハプニング』 (merseysideに佇んで)
7月に入ってから、毎週のように映画館に足を運んでいるんですけど、昨日は7月の見納めとして『ハプニング [続きを読む]

» ハプニング◆絵空事でない滅びの暗示 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ハプニング」 (2008年・アメリカ) 公式サイトで配布されている「ハプニング」のブログパーツにはほんとうに驚かされたが、映画本編で起きるさまざまな現象は、「シックスセンス」以来のシャマラン監督のお家芸としては、さほどのインパクトは感じなかった。かといって試写会評などで囁かれているような、期待を裏切る失敗作とも思えない。どこまでもありのままに、(語弊があるかもしれないが)適度に心地よく展開していく流れは、この世の常ならぬありさまを映し出しているようで、むしろ好感すらおぼえた。なぜなら... [続きを読む]

» ハプニング (ネタバレ映画館)
シャマランを探せ! [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter