« 【映画評】花より男子ファイナル | メイン | 【映画評】NANA2 »

2008年7 月31日 (木曜日)

【映画評】愛の流刑地 (2006)

不倫という愛に溺れる男女のたどり着く先は…。

【満足度:★】 (鑑賞日:2007/01/13)

 原作である日経新聞に連載されていた渡辺淳一の同名小説は未読なんだが、ちょうどこの映画の封切り時にテレビドラマ版『愛の流刑地』(2007年、井坂聡監督、日本テレビ)の方の制作にたずさわっていた縁もあって鑑賞。
 そんなわけで原作未読にもかかわらず、あらすじは結構詳しく知っていた。

 しかしこの映画版、展開が断片的な上、心象風景の羅列だらけで、鑑賞中かなり眠かった。

 登場人物に生活感が乏しく、不倫という設定にその言葉から伺えるいかがわしさとは裏腹に、まるっきり生々しさがない。

 役者陣では長谷川京子の演じる検事のキャラが変。とにかく変。とりたてて変。演技が下手だとか以前に彼女の目付きが気持ち悪いんだけど、それにいったいどういう狙いがあるのかまったくもって理解できない。
 あと、富司純子の演技にはさすがの貫禄を感じるんだが、登場の仕方があまりに唐突。
 でも、それにも増して長谷川京子が変さが強烈過ぎて、そのインパクトは主役である豊川悦司や寺島しのぶの存在感すら霞んでしまうほど。

 正直どうにもこうにもいいところを見つけられない失敗作。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/富司純子
  • 【監督/脚本】鶴橋康夫
  • 【原作】渡辺淳一
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2007年
  • 【製作年】2006年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】125分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8cf5970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】愛の流刑地:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter