« 【映画評】ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 | メイン | 【映画評】パプリカ »

2008年7 月25日 (金曜日)

【映画評】スマイル~聖夜の奇跡~ (2007)

ド素人の監督が小学生アイスホッケーの弱小チームを勝利に導く痛快作。

【満足度:★★★★☆】 (鑑賞日:2008/01/08)

 ひょんなことから小学生アイスホッケー・チームの監督となった元タップダンサーがチームを再生していく、笑えて泣ける感動ドラマ。
 演出的には未熟さや荒っぽさも感じられるが、陣内孝則監督の人柄や思い入れを感じられる楽しい痛快作に仕上がっていた。

 森山未來の演じる元タップダンサー・修平の振る舞いがテレビで見る陣内孝則そのもので、まずはそれが可笑しい。

 展開は破天荒だけれどもアイスホッケーとタップダンスという組み合わせが意外と巧くまとまっていて驚いた。
 作品全体のテンポがいいし、細かいところでちゃんと伏線を張り、それを回収できている丁寧な作りは素人作品とは一線を画す。

 筆者はアイスホッケーのルールなど知らないし、劇中でも説明されていないが、そんな知識無くても試合シーンに見ごたえあって一見ハチャメチャな作品のメリハリとなっていて適度な緊張感をもたらして飽きさせない。
 ド素人のアイスホッケー監督が弱小チームを勝利に導くという現実にはありえなさそうな設定も、修平を児童心理学専攻の新人教師という設定にしたことでなんとなく納得させてしまうのもいいアイデアだ。…と思っていたら、実際に素人監督がチームを道内チャンピオンに導いた実話がベースになっているんだそうだ。これまた驚き。

 歌手でもある陣内監督は映画における音楽の重要性も充分踏まえているらしく、そんじょそこらの邦画よりよっぽどか音楽での盛り上げ方も巧かった。

 キッズ映画、スポーツ映画、音楽映画、悲恋の難病モノ、そしてギャグ映画(あえてコメディとは言わない)、いろんな要素を欲張りながらも巧くまとめた快作。
 おふざけが過ぎるきらいもあって傑作とまで持ち上げるには躊躇するが、迷うことなく「好き!」と言える可愛い逸品。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】森山未來/加藤ローサ/田中好子/谷啓/坂口憲二/高樹沙耶/森公美子/松重豊/モロ師岡/RIKIYA/佐藤二朗/原田夏希/岡本杏理/塚本高史/玉木宏/飯島直子/原沙知絵/佐藤浩市/寺島進
  • 【監督】陣内孝則
  • 【脚本】陣内孝則/金子茂樹
  • 【製作】亀山千広/杉田成道/島谷能成/秋山創一
  • 【企画/プロデュース】大多亮
  • 【製作】フジテレビジョン/日本映画衛星放送/東宝/電通
  • 【製作プロダクション】東宝映画
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2007年
  • 【製作年】2007年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】124分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (4)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8c95970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】スマイル~聖夜の奇跡~:

» 【映画】スマイル 聖夜の奇跡 (新!やさぐれ日記)
■状況 イオンシネマ太田店にてレイトショウで観賞 ■動機 監督のプロモーションを見て ■感想 思いのほか面白かった ■あらすじ 2007年のクリスマス、アジアリーグのアイスホッケー選手・猪谷昌也(立花裕大/坂口憲二)は故郷のスケート場で美しい女性(原田夏希)と出会う。彼女のスケートに篠原礼奈(岡本杏理)の姿を見た昌也は、弱小チーム「スマイラーズ」の一員だった20年前の小学生時代の事を思い出す。 ■コメント 監督の精力的なプロモーション活動と、役者にホッケーをやらせるのではなくホ... [続きを読む]

» スマイル 聖夜の奇跡 (ネタバレ映画館)
『破線のマリス』という映画ではニヤっと笑う癖のため犯人にさせられた陣内孝則。とにかく笑えよ♪ラパパンパン♪ [続きを読む]

» 映画「スマイル 聖夜の奇跡」 (FREE TIME)
元日に映画「スマイル 聖夜の奇跡」を鑑賞。(ファーストデーですから) [続きを読む]

» スマイル 聖夜の奇跡 (いい加減社長の日記)
ほんとは直前まで「アイ・アム・レジェンド 」を観るつもりだったんですが。 他の人のレビューとかを読んでると、なんかはずれっぽい感じもして。 急遽「スマイル 聖夜の奇跡 」に変更。 「UCとしまえん 」は普通くらいの人出... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter