« 【映画評】デジャヴ | メイン | 【映画評】映画 クロサギ »

2008年9 月15日 (月曜日)

【映画評】L change the WorLd (2008)

キラ事件後のLを描いた映画版『デスノート』外伝。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2008/02/09)

 大ヒットした映画版『デスノート』(前編後編)のスピンオフ企画。
 キラ事件後、バイオテロと闘うL最期の23日間を描いた外伝的サスペンス。

 原作ファンにはLのキャラクター設定に難ありらしく不評のようだが、映画版しか知らない自分には期待相応に楽しめた。

 映画版『デスノート』は作品の世界観が大人の目も惹く題材だったにもかかわらず、そこで繰り広げられる展開が子供っぽくて今ひとつのめり込めなかったが、この『L change the WorLd』は“悪者による人類滅亡の危機”というあからさまに子供っぽい世界観を、『リング』シリーズや『仄暗い水の底から』などのJホラー作品で世界に通用する実力派・中田秀夫監督が容赦のない本気演出で料理し、寓話的に楽しめる作品に仕上がっている。

 原作ファンに評判の悪いLのキャラクター設定もあくまで映画版『デスノート』をふまえた続編と考えればまったく問題ない。
 松山ケンイチは完全に自分の演じるL像を確立しておりまさにはまり役。福田麻由子の鬼気迫る目つきも印象に残る。

 もちろん題材がすでに完全子供向けなので諸手を挙げてお勧めとは言い難いが、子供たちが年相応の目線で中田演出を満喫できるのは羨ましい限り。
 しかし、幼少期にこれを観たらトラウマになるんじゃなかろうかといらぬ心配までしてしまう贅沢なエンターテイメント作品だ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】松山ケンイチ/工藤夕貴/福田麻由子/南原清隆/福田響志/佐藤めぐみ/平泉成/藤村俊二/鶴見辰吾/高嶋政伸
  • 【監督】中田秀夫
  • 【脚本】小林弘利
  • 【音楽】川井憲次
  • 【撮影】喜久村徳章
  • 【照明】中村裕樹
  • 【美術】矢内京子
  • 【録音】小松将人
  • 【編集】高橋信之
  • 【特撮監督】神谷誠
  • 【配給】ワーナー・ブラザース映画
  • 【製作年】2008年
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】129分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (4)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a56b5970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】L change the WorLd:

» 【DVD】L change the WorLd (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 実写版のデスノートは面白かった ▼感想 実写版デスノートファンへのプレゼントであって・・・ ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)だったが、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった。 ... [続きを読む]

» L change the WorLd (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画『DEATH NOTE デスノート』のLが大好きなので、スピンオフを楽しみにしていたが・・・予告を観て不安になった。これってもしかして・・・ヤバイかも【story】名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)。しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった―     監督 : 中田秀夫  ... [続きを読む]

» L change the World・・・・・・ (サクサクっと・・・)
L change the WorLd [通常版] デスノートのスピンオフ作品 「L change the World」 Lが主役のこの作品 いったいどんなのか楽しみにしてました・・・・・・ [続きを読む]

» L change the WorLd (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
L change the WorLd [通常版]エキセントリックな天才Lの最期の23日間を描くスピンオフ作品だが、この内容では松ケンのファンはOKでもデス・ノートのファンはNGだろう。死神という非現実的な存在をからめた頭脳戦がデス・ノート最大の魅力なのに、リアルな話にしてどうす...... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter