« 【映画評】容疑者Xの献身 | メイン | 【製作日誌】映画K:メイン打ち合わせ »

2008年10 月 6日 (月曜日)

【映画評】おくりびと (2008)

遺体を棺に収める納棺師という陽の当たらない職業を通じて“生きる”という人の営みを描いた人生賛歌。

【満足度:★★★★】 (鑑賞日:2008/09/14)

 とってもいい映画です。ただね…。

 念願のチェロ奏者となった小林大悟(本木雅弘)。しかし、突然の楽団解散で無職となってしまう。
 妻・美香(広末涼子)の理解もあり、大悟は他界した母の残した実家のある故郷の山形へ戻り、職探しを始める。
 やがて詐欺まがいの求人広告でありついたのは遺体を棺に収める納棺の仕事だった…。

 最初に結論を書いてしまうが、誰もが避けて通れない人の死を通して人が生きることの素晴らしさを謳い上げた秀作。
 まさに様式美という言葉がふさわしい納棺師のよどみない所作と山形の美しい景色に心洗われ、かといって堅苦しい映画かというと随所に笑いをもたらすユーモアも忘れない、ベテラン滝田洋二郎監督の力量がいかんなく発揮された珠玉の名作といっていい。

 しいて難点を挙げるとすれば、大悟が納棺の仕事をしていることが周囲の噂となって、秘密にしていた妻・美香にもばれてしまうくだり。
 それまで良妻を絵に描いたようだった美香が、一方的に「汚らわしい」とまで言い放つのはさすがに引いた。
 そこに至るまでの大悟の成り行きを見ていた観客としては当然彼に肩入れするのだが、そのひいき目を差し引いても美香や親友・山下(杉本哲太)の極端に差別的な言動には不快感を感じずにいられない。
 納棺という特異な仕事に対する世間の冷たい視線を象徴的に描くにしても、こういう人が嫌がる仕事も誰かがやらなくちゃいけない必要な仕事だということは少なくとも理屈ではわかるだろうに、そういったフォローのないこの展開は、ある種の御都合主義だろう。

 とまあ、ここまでは理性で語れる切り口なんだけど、実は個人的にはそれ以上にこの良作を素直に観られなかったんだよな。
 自分で言うのもなんだけど、半分愚痴みたいなもんなんで軽く読み流してもらって結構なんだけど、ちょっとこの話は綺麗事過ぎる気がしてね。

 最初に思ったのは、広末涼子が演じる妻・美香ができすぎだろってこと。こんな若くて可愛くて、さらに二人で食っていけるだけの手に職を持った理解ある良妻がいるなんて羨ましすぎる。職を失ったくらいじゃまだまだ人生楽しそうじゃないか。
 おまけに、(こういう映画に対してこんな事言うのは失言でしかないが)一緒に暮らすとなったらなにかとやっかいな親はすでに他界し、自由に使える実家が残されており、住む場所にも困らないときたもんだ。

 この映画は笑いとペーソスを交えて人生って素晴らしいってことを描いているけど、自分みたいな陽の当たらない負け組人生を歩んでる身から言わせると、無菌培養された白日夢のような人生に見えるんだけど。
 映画冒頭でちょっとつまずいて嘆いてみせてるけど、血も出なきゃ、膿もヘドも見ることなく天職に巡り遇う、考えてみたら相当幸せな人生じゃん。

 もちろんこんなことはこの映画の言わんとするところではないんだけども、この映画のクライマックスの、ある人物の遺体を乱雑に扱う人たちに大悟が怒りをあらわにするシーン。ここまで大悟と一緒になって人の死の荘厳さを見つめてきた観客ならそんな彼の気持ちに大いに共感できるだろう。
 けど、現実の世界では、遺体の扱いに限らず様々なことで気持ちとは裏腹に粗雑に立ち振る舞うようなことは珍しいことじゃない。日々の生活は綺麗事だけじゃなかなか立ちゆかないものだから。
 自分はこのシーンで、その粗雑に扱っている人たちの方により人間味を感じてしまった。これが普通の日常だよなって。

 この映画が素晴らしい作品であることを覆すつもりはないけれど、人の死を通じて人生の機微を描くならば、そういう点にも目配せが欲しかった。
 大悟が最後に目前の遺体から悟ったのは、もの言わぬその人物の綺麗事では済まされない生き様だったはずだから。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】本木雅弘/広末涼子/余貴美子/杉本哲太/峰岸徹/山田辰夫/橘ユキコ/吉行和子/笹野高史/山﨑努
  • 【監督】滝田洋二郎
  • 【製作】信国一朗
  • 【エグゼクティブプロデューサー】間瀬泰宏
  • 【プロデューサー】中沢敏明/渡井敏久
  • 【企画協力】小口健二
  • 【脚本】小山薫堂
  • 【音楽】久石譲
  • 【撮影】浜田毅(JSC)
  • 【照明】高屋齋
  • 【美術】小川富美夫
  • 【編集】川島章正
  • 【ラインプロデューサー】山下秀治
  • 【録音】尾崎聡
  • 【整音】小野寺修
  • 【音楽プロデューサー】佐々木次彦
  • 【音響効果】小島彩
  • 【装飾】小池直実
  • 【スクリプター】赤澤環
  • 【衣裳監修】北村勝彦
  • 【ビューティディレクター】拓植伊佐夫
  • 【特殊メイク/造形】江川悦子
  • 【納棺指導】木村眞二
  • 【チェロ指導/劇中チェロ演奏】柏木広樹
  • 【キャスティング】吉川威史/富田敏家
  • 【スクリプター】赤澤環
  • 【助監督】長濱英高
  • 【製作主任】砥川元宏
  • 【製作担当】田島啓次
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】130分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (2)

こんばんは~♪
わ・私も一応いい映画だな・・・とは思ったんです!
だけど。。。なんですよね~(笑)
とにかく広末さんの「汚らわしい」という一言に過剰反応してしまいました。いつまでも、こだまのように頭に響いて、、、
人の死を扱うお仕事への偏見を表わすためでも、あれは頂けなかったですよね~あと、私も杉本さんの言葉がダメでした・・・
いい映画なのだとは思いますが、何だか喉に小骨が突き刺さったような感覚がありました。

>由香さん
いい映画なのは否定しないんだけど、諸手を挙げてとはいかない、難しいところです。
時間の限られた映画の中で象徴的に見せるための作為的なやりとりなんでしょうけど、もう少しなんとかならなかったのかって思ってしまいますよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (8)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8a76970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】おくりびと:

» おくりびと (やっちんがゆく!!)
昨日「おくりびと」を観た。 いわゆる納棺師の物語。 今のところ今年一押しの出来でした。 久しぶりに笑って泣ける映画でした・・・超お奨... [続きを読む]

» おくりびと(141作目) (別館ヒガシ日記)
[続きを読む]

» おくりびと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく―     監督 : 滝田洋二郎 『バッテリー』【comment】第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作やっと観ました〜日本の作品が栄えある賞を受賞したということで、以前から観てみ... [続きを読む]

» おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。   [続きを読む]

» おくりびと (にき☆ろぐ)
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...... [続きを読む]

» 【映画】おくりびと (新!やさぐれ日記)
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。 ▼コメント タイトルに込められた意味と意思。 「納棺師」ではなく「おく... [続きを読む]

» おくりびと 2008-55 (観たよ〜ん〜)
「おくりびと」を観てきました〜♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞くと遺体を納棺する仕事だった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、納棺師におくってもらえるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

» おくりびと (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
チェロの演奏家として生きていくことを夢みていた大悟。やっとオーケストラに入り、借金して新しい楽器を買ったのですが、オーナーの意向でオーケストラが解散となり、職を失います。自分の才能の限界も感じるようになっていた大悟は、演奏家となる道を諦め、妻の美香を連れて故郷... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter