« 【製作日誌】映画K:所内ロケ | メイン | 【製作日誌】映画K:継承のロケ »

2008年11 月23日 (日曜日)

【映画評】ブラインドネス (2008)

「白の闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。

【満足度:★★★★】 (鑑賞日:2008/11/22)

 ある都市の交差点、車で信号待ちをしていた男(伊勢谷友介)は突然視界が真っ白になり、目が見えなくなる。
 原因不明のこの奇病は伝染病であったらしく、彼に関わった人間も次々と失明してしまう。
 異常事態を察知した政府は患者らを隔離施設に閉じこめることにする。
 最初の患者を診察した医者(マーク・ラファロ)も視力を失い、施設に強制収容されることに。彼を心配する妻(ジュリアン・ムーア)は、感染していないにもかかわらず、自分も見えなくなったと嘘をついて夫に同行。隔離施設へ入所するが…。

 『シティ・オブ・ゴッド』(2002年)や『ナイロビの蜂』(2005年)で知られるフェルナンド・メイレレス監督がノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を国際色豊かなキャストで映画化。

 冒頭から謎の病気が伝染していく様がえも言われぬ緊張感を伴いながらテンポ良く描かれ、病気の原因や医者の妻にはなぜ病気が伝染しないのかなどは謎のまま、状況だけがどんどん悪化していく。
 原因不明の奇病によって世界が崩壊に向かう黙示録的内容は傑作『トゥモロー・ワールド』(2006年 アルフォンソ・キュアロン監督)や今年公開された『ハプニング』(2008年 M・ナイト・シャマラン監督)を思い起こさせるが、極限状態で人間の本性が暴かれていくというプロットはスティーヴン・キング原作の日本では今年公開された『ミスト』(2007年 フランク・ダラボン監督)が近いように思う。

 国や都市名はおろか登場人物の名前も排するほどの抽象化は普遍化を伴い、現実の世界情勢を連想させる。それは単純な善悪では割り切れない社会のありようを表す。
 配役も一見「この人は善玉、こいつは悪玉」という布陣になっているが、善玉が常に正しい振る舞いを押し通せるわけじゃない。
 時に欲望に陥落し、時に理性を超えた行為で我が身を守るしかない。そんな「生きるためにはしかたない」という正当化は悪玉にだって当てはまるのだ。

 そんな本作の極限状況たるや目を背けたくなるありさま(PG-12指定)なのだが、本能的な人間の醜さと同時に人間の持つ優しさを忘れないバランス感覚が素晴らしい。
 これは究極的な絶望を描ききってしまった『ミスト』からは感じられなかった作り手側の良心だ。

 正直、人間の本性が露わになっていく過程は『ミスト』の方が巧みだった印象で、この『ブラインドネス』は少々類型的な気がしないでもない。
 ただ前者は、作り手側の一人である筆者には「ここまで観客を絶望に陥れることは商業映画として必要なのか?」という疑問を感じてしまい、素直に評価する気になれなかった。
 その点本作はおぞましいまでの絶望には変わりないのだが、支え合う人々に希望を見いだせる落としどころ、映画として救いのある意外なほど爽やかな感動で締めくくられ、鑑賞後感は比較にならないほど良かった。

 何も見えなくなった絶望の中で見えてくるものは、やはり希望でなくちゃと思うのだ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ジュリアン・ムーア/マーク・ラファロ/アリス・ブラガ/伊勢谷友介/木村佳乃/ドン・マッケラー/モーリー・チェイキン/ミッチェル・ナイ/ダニー・グローヴァー/ガエル・ガルシア・ベルナル
  • 【監督】フェルナンド・メイレレス
  • 【原作】ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」
  • 【脚本】ドン・マッケラー
  • 【製作】ニヴ・フィッチマン/アンドレア・パラタ・リベイロ/酒井園子
  • 【共同製作】ベル・バーリング/サリ・フリードランド
  • 【製作総指揮】ゲイル・イーガン/サイモン・チャニング・ウィリアムズ/依田巽/石井晃/ビクター・ローワイ
  • 【撮影】セザール・シャローン,ABC
  • 【美術】ツレ・ペアケ
  • 【衣装】ルネ・エイプリル
  • 【編集】ダニエル・レゼンデ
  • 【音楽】マルコ・アントニオ・ギマランイス/ウアクチ
  • 【配役】スージー・フィギス/ディアドラ・ポーウェン
  • 【提供】IFF/CINV/ティー ワイ リミテッド/ギャガ・コミュニケーションズ/アスミック・エース エンタテインメント
  • 【配給】ギャガ・コミュニケーションズ
  • 【原題】BLINDNESS
  • 【字幕翻訳】太田直子
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】カナダ/ブラジル/日本
  • 【上映時間】121分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (2)

こんにちは~♪^^
コメント、どうもありがとうございましたm(__)m

そうですね~、ミストに似てるところもありましたし、ちょっとハプニングにも似てて・・
ミストよりはちょっと見劣りしましたが、ハプニングよりは良かったかなと(^^ゞ

いったんこの世の中を全員見えなくして、様々なことをわからせて
そういう人たちにこれから地球を再生してもらいたい・・と神(??)が
お思いになったのかしら??なんてチラッと思ったり。
見えるってことは素晴らしい事でもあり、人間の本質を見えなくしてる基でもあったりするのかな~・・と感じたりもしました。

>メルさん
コメントありがとう。
自分は後味の良さで『ブラインドネス』の方が好きですが、『ミスト』も凄い映画でしたよね。
どちらも怯えから狂気への変貌が生々しすぎて、観ているのはつらいですが、いろいろ考えさせられます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (21)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8928970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ブラインドネス:

» 「ブラインドネス」大解説~「私には見えなくなる」の意味~ (映画にみるキリスト教文化と聖書)
医者の妻だけ目が見えるワケ。ラストシーンのナレーションと「私には見えなくなる」の意味。なぜ目が見える医者の妻は「力」を使おうとしないのか。医者の妻が収容所で泣いた理由。日本で「ブラインドネス」が不評をかう要因。黒い眼帯の老人とラジオ。亡くなった女を清める..... [続きを読む]

» ブラインドネス (映画、言いたい放題!)
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 秋も深まって来ましたね。 芸術の秋ということで 映画を沢山観たいところです。 この映画は映画館で予告編を観ました。 面白そう。 私の好きなジュリアン・ムーアも出ているし。 ところが私の友人には評判がよろしくない。 映画館... [続きを読む]

» ブラインドネス (Addict allcinema 映画レビュー)
全世界、失明。 [続きを読む]

» 「ブラインドネス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この病原体(?)は一体・・・? [続きを読む]

» ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。 (銅版画制作の日々)
何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロにダニー・グローヴァーそしてガエル・ガルシア・ベルナルという豪華キャストに混じってです。凄いですよね ところで、ブラインドネスって何なのか?驚異的な伝染力を持つ奇病という意味だそうです。 始まりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前... [続きを読む]

» ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制隔離”だった。最初に失明した日本人男性とその妻(木村佳乃)、彼を診察した医者(マーク・ラファロ)や売春婦(アリス・ブラガ)、眼帯の老人(ダニー・クローヴァー)、幼い少年・・・次々と収容所に感染者が集められた。そしてその中にただ一人見えている女性がい... [続きを読む]

» ★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。... [続きを読む]

» ブラインドネス 2008-64 (観たよ〜ん〜)
「ブラインドネス」を観てきました〜♪ 交差点の真ん中で突然車が停まる。運転していた男(伊勢谷友介)は、突然目の前が真っ白になったと告げる。病院に行ったが、原因が全く判らなかった。この病気彼に接触した人々に次々に感染していく。政府は、この病気に感性した人々を隔離する・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、突然目の前が真っ白になるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

» ブラインドネス (Sing A Song)
BlindnessJose SaramagoVintage 2008-11-13by G-Tools 予想していた以上に良かったですね。 エンターテイメント大作ではないし、映画賞に出典されるようなアート志向の強い作品にしては、 観ていて全く退屈しなかったし、引き込まれて行くような表現が随所にあったので、見..... [続きを読む]

» 『ブラインドネス』2008・11・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかったが... [続きを読む]

» ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ来月公開!! 原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」 脚本は、俳優でもあり本作にも出演しているドン・マッケラー。(どの人かわかんなかった) 突然、次々と視力を失う人々!それはどんどん伝染して行く、、、、 パニックの中、見えな... [続きを読む]

» 『ブラインドネス』 (試写会帰りに)
追いつめられた先にある、希望の光りはとても力強くまぶしい。 人間の暗部、汚いところを徹底的に描く事で、逆に、生きる事、人間の素晴らしさをあぶりださせるよう。映画的な感動、興奮があり、スクリーンに身を委ねる幸福を感じる121分。『ブラインドネス』(『BLINDNESS』..... [続きを読む]

» ブラインドネス プレオープンの西宮ガーデンズで観たよ (労組書記長社労士のブログ)
【42-20-】 当社にもいろんな影響がある西宮ガーデンズ、グランドオープンは11月26日(火)やけど、実は地域の人にだけこそっとお知らせして、11月21日(金)からプレオープンしているのです。 というわけで、いったいぜんたいどうんな風になっているのか、見に行きがてら、同じく21日からプレオープンしているTOHOシネマズ西宮OSで映画を観てきた。  とりあえずは労組書記長の職場点検の目線と、交通政策要求実現の目線で、現場をウロウロ。 そんな厳しい目線{/m_0084/}がしっかり見つけたのは、「ホ... [続きを読む]

» ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ来月公開!! 原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」 脚本は、俳優でもあり本作にも出演しているドン・マッケラー。(どの人かわかんなかった) 突然、次々と視力を失う人々!それはどんどん伝染して行く、、、、 パニックの中、見えな... [続きを読む]

» ブラインドネス (eclipse的な独り言 )
 どこまで深読みすればよいのか・・・悩まされる映画でした。(11月23日 清水M [続きを読む]

» ブラインドネス - BLINDNESS - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく公開初日に、ブラインドネスを観てきました。 観るまでは、たまたま予告編でやっていた「感染列島」のようなパニック映画だろう... [続きを読む]

» [映画『ブラインドネス』を観た(パワフル!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、  いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。  『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる未来への不安は何なのだろう・・・。  この世界の、全世界に広がる「失明の病」だが、私は、これを<ノアの箱舟>や<バベルの塔へのイカヅチ>の如き、文明への警告と捉えた。  それで正しいのだと思うが、こうして書くと、月並みな意見だなあ^^;  ・... [続きを読む]

» ブラインドネス (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画館で)
    = 『ブラインドネス』  (2008) = ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)が、突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。 しかし、彼を診た医者(マーク・ラファロ)によれば、眼球に異常はなく、原因は不明だった。 その後、同様の患者が各地で続出し、混乱が広がっていく・・。  感染症の疑いが濃厚となり、政府は、発症者を片っ端から隔離病棟へと強制収容していく。 最初の患者を診た医者もやはり失明し、隔離病棟送りとなるが、その際、医者の妻..... [続きを読む]

» ブラインドネス (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画館で)
    = 『ブラインドネス』  (2008) = ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)が、突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。 しかし、彼を診た医者(マーク・ラファロ)によれば、眼球に異常はなく、原因は不明だった。 その後、同様の患者が各地で続出し、混乱が広がっていく・・。  感染症の疑いが濃厚となり、政府は、発症者を片っ端から隔離病棟へと強制収容していく。 最初の患者を診た医者もやはり失明し、隔離病棟送りとなるが、その際、医者の妻..... [続きを読む]

» 映画「ブラインドネス」(2008年、加・ブラジル、日) (富久亭日乗)
★★★★ ☆  視界が真白になって失明する感染症のパンデミック(大流行) に襲われた人類を描いたSF。 原題は「Blindness」。      ◇  車を運転していた日本人男性(伊勢谷友介)が 突然「白い闇」に襲われ失明した。 妻(木村佳乃)と眼科医(Mark Ruffalo)を訪れるが、 原因はわからない。 やがて眼科医にもこの症状が移り、 「白い闇」は徐々に社会に蔓延してゆく。 政府は、この症状を伝染病と認定、 感染者を旧精神病院に隔離する。 眼科医の妻(Julianne Moore )は、 ... [続きを読む]

» ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩序を無くして行くが、その中に、一人だけ、目が見える人間が紛れていた。 この映画のテーマは、何なんでしょう? 目が見えないと言う現実の前に無力を感じる者、権力欲を剥き出しにして、人々を虐げて君臨しようとするもの。そして、その目が見えない人々を人間として... [続きを読む]

» ブラインドネス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニッ....... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter