« 【映画評】感染列島 | メイン | 【映画評】恋極星 »

2009年3 月14日 (土曜日)

【映画評】DRAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール エボリューション) (2009)

鳥山明原作の人気漫画「ドラゴンボール」をハリウッド大作として実写映画化した冒険ファンタジー。

【満足度:★★】 (鑑賞日:2009/03/13)

 言わずとしれたわが日本国原産の世界的大ヒット漫画「ドラゴンボール」をハリウッド大作として実写映画化した冒険アクション・ファンタジー。
 ハリウッドでの実写映画化の発表以降、悪い噂ばかり先行していたが、ふたを開けてみれば良くも悪くも並のB級アクション映画になっていた。

 遠い昔、手下の大猿と共に地球を壊滅寸前まで陥れたピッコロ大魔王(ジェームズ・マースターズ)は、7人の老師によって封印された。
 しかし幾千の時を経て今、そのピッコロ大魔王が復活。新たな部下マイ(田村英里子)とともに地球に復讐せんと攻撃を再開したのだった。
 一方その頃、18歳の誕生日を目前に控えた高校生の悟空(ジャスティン・チャットウィン)は、祖父の悟飯(ランダル・ダク・キム)の教えで日々武術を鍛錬していた。悟飯から厳しくケンカを禁じられていた悟空は、腕は立つのに学校ではいつもいじめられ、歯がゆい思いを内に隠していた。
 悟空の18歳の誕生日、密かに思いを寄せる同級生のチチ(ジェイミー・チャン)からハウス・パーティに誘われた悟空は、悟飯に黙って家を抜け出すが…。

 原作ファンからすれば悟空にしっぽがなくて高校に通ってるという設定からして、「こんなのドラゴンボールじゃない!」と憤慨する気持ちは重々承知だが、裏を返せば、製作者側ははなから原作通りのドラゴンボールにするつもりのないオリジナルストーリーでの映画化というスタンスを明確に打ち出しているわけで、そこでいちいち原作との相違点をあげつらってもしかたない。
 基本的に映画と原作は別物と心得ている自分としてはそんな寛容な心構えで観たつもり。
 その上で冷静に言わせてもらえば、「変えるんならもっと変えなきゃだめだろ」っていうのが率直な感想。

 派手なCGやアクションはハリウッド大作らしい見栄えのするモノだが、原作からいただいたモチーフが中途半端でまとまりに欠いており、無闇に詰め込みすぎな展開がどうにも性急すぎ。

 悟空とチチの甘酸っぱい青春ラブストーリーをやるならやるでもっと紆余曲折のエピソードを積み重ねて欲しいし、天下一武道会もどきもそのディテールをきちんと描かなきゃ。
 原作を知っていれば、(設定の違いはともかく)今か今かと待ちかまえる大猿の登場も、原作をよく知らない人が観たとしたら、とってつけたような唐突さであっけにとられるほかないだろう。

 一方でこの映画の一番の見せ場であるはずの悟空とピッコロ大魔王の対決がけっこうあっけない。そこに主眼を置くなら最後の決戦前に悟空がこてんぱんにやられるくらいのピッコロ大魔王の圧倒的な強さを顕示すべき。
 なんだか、動くのがおっくうなピッコロ大魔王は献血にいそしんでて、頭の中がお花畑の悟空はたかだか使いっ走りのマイに翻弄されてばかり(注:多少誇張あり)、と、マジメにそう見せたいのか、ギャグのつもりでふざけているのかよくわからない。

 ただ個々のキャラクターについては、少なくとも寛容派の自分としては、カナダ人の悟空(ジャスティン・チャットウィン)も、あんまりエロくない亀仙人(チョウ・ユンファ)も含め、ほぼ許せてしまう。
 そんな中で、ブルマ(エミー・ロッサム)はちょっと格好いいじゃんと好感を持った一方、ヤムチャ(ジューン・パーク)だけは名前を聞いた瞬間、げ、こいつがヤムチャかよって引いてしまった。

 しかし実はこの映画で一番違和感を感じたのは、エンディングで流れる浜崎あゆみの歌う主題歌だったりする。
 ハリウッド側が原産国に気を遣ったのか、日本側がごり押ししたのかは知らないが、これはハリウッド映画なんだからと心を大きく持ってなんとか観終わったと思った瞬間流れ出す、あまりに映画に合っていない曲調と日本語の歌詞に腰砕けにされた。
 さらにここで終わりと見せかけたあとに続くオマケシーンがそれに追い打ちを掛けるわけだが。

 もっともそんな枝葉のこと以前に、根本的なところで映画的に無謀だと思えるのは、たった1時間半足らずの一本の映画の中で7つのドラゴンボールを探し集めるという物語の基本軸に時間的余裕がなさ過ぎ。あれよあれよという間に全部揃っちゃう。
 本来ならこういう映画こそじっくり腰を据えて何部作かに分けたロードムービーとするべきで、そうすれば各パートで様々なエピソードも掘り下げられただろうにと思えてならない。

 まあ、言うまでもなく、この長編の原作を、かくも器用に一発当たれば御の字な色物映画へ仕立て上げた有能な製作者たちにそこまでの気概はないだろうが。
 そのくせちゃっかり、続編だってあるかもよっていう蛇足を付け忘れないところがイヤらしい。
 まさにB級映画のお手本のような、ハリウッド映画産業の職人芸が冴え渡る堅実な凡作でした。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ジャスティン・チャットウィン/エミー・ロッサム/チョウ・ユンファ/ジェームズ・マースターズ/ジェイミー・チャン/ジューン・パーク/田村英里子/ランダル・ダク・キム
  • 【監督】ジェームズ・ウォン
  • 【脚本】ベン・ラムジー
  • 【製作】チャウ・シンチー
  • 【製作総指揮】鳥山明/ティム・ヴァン・レリム
  • 【原作】鳥山明(週刊少年ジャンプ)
  • 【撮影監督】ロバート・マクラクラン,ASC/CSC
  • 【プロダクション・デザイナー】バートン・ジョーンズ
  • 【編集】マシュー・フリードマン/クリス・ウィリンガム,A.C.E.
  • 【特殊メーキャップ・エフェクト・デザイナーおよびクリエーター】アレック・ギリス/トム・ウッドラフ,Jr.
  • 【音楽】ブライアン・テイラー
  • 【テーマソング】浜崎あゆみ
  • 【配給】20世紀フォックス映画
  • 【原題】DRAGONBALL: EVOLUTION
  • 【字幕翻訳】松崎弘幸
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】87分

コメント (2)

すいません一つ聞きますけど♪~θ(^0^ )DRAGONBALL EVOLUTIONの続編(2)は、いつ頃やるんですか

>長谷部 健二さん
さあ、どうなんでしょうね。
この作品がどのくらい当たるか次第じゃないでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (14)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d89b1970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】DRAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール エボリューション):

» DRAGONBALL EVOLUTION(感想164作目) (別館ヒガシ日記)
EVOLUTIONはWOWOWで鑑賞も 結論は実写版もB級じゃなくC級だったね 内容は高校生で18歳の誕生日を迎えたは 爺さんからの星が輝く四星球を譲り受けて... [続きを読む]

» 『DRAGONBALLEVOLUTION』'09・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...)
あらすじ世界中に散らばる7つのドラゴンボールを集める旅に出た孫悟空(ジャスティン・チャットウィン)。その目的は、どんな願いもかなうドラゴンボールを使って世界征服をもくろ... [続きを読む]

» 映画「DRAGONBALL EVOLUTION」 (〜yatsufusa〜)
『DRAGONBALL EVOLUTION』 『ドラゴンボール・エボリューション』 「週刊少年ジャンプ」で連載され、爆発的人気を獲得した鳥山明の大ヒット・コミックをハリウッドで実写映画化したものです。 さて・・・どうしたものでしょうかね・・・ 最新VFXを駆使した、ダイナミックな...... [続きを読む]

» 映画:DRAGONBALL EVOLUTION (よしなしごと)
 予告編では原作者の鳥山明のだめ出しコメントが!どれだけ原作とかけ離れているのか。。。DRAGONBALL EVOLUTIONを観てきました。 [続きを読む]

» 「DRAGONBALL EVOLUTION」悟空のシッポはありません、マンガみた... (soramove)
「DRAGONBALL EVOLUTION」★★★ ジャスティン・チャットウィン 、ジェームズ・マースターズ エミー・ロッサム 、田村英里子 、チョウ・ユンファ 主演 ジェームズ・ウォン 監督、2009年、87分 「マンガを読まない私も知ってる ドラゴンボール、 展開はよくある話、 7つのボールを集めるところに苦難が 待ってるかと思ったら、あっさり集まって 大作のダイジェスト版という印象」 全てのキャラの描きこみが足らないので 物語の印象が大味で マンガ... [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (2009) (癒やされ〜リターンズ)
たまには映画館にも行かなくちゃね〜 なに見ようかな〜(´ω`;)! .......... やっぱ、B級ファンはこれでしょう! DRAGONBALL EVOLUTION(2009) Dragonball... [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (空想俳人日記)
竜球よ 捨てる神ありゃ 救う亀あり  で、ちょいとドラゴンボール実写版の「エボリューション」なる映画の話を、先だって「ブルマ 」というタイトルでクチコミネタ書いたけど、そこには・・・。 「ところで、最近、観る映画の動機が以前と違ってきたやんね。なんかが狂... [続きを読む]

» 「DRAGONBALL EVOLUTION」で?コレを見てどうしろと…? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[DRAGONBALL EVOLUTION] ブログ村キーワード   実写映画化のニュースが流れて以来、様々な物議をかもしてきた映画が、遂に公開!「DRAGONBALL EVOLUTION」(20世紀FOX)。最初に言っておきましょう。コミック、アニメとはまったくの別物です!悟空にはシッポも無ければ、觔斗雲(きんとうん)にも乗りません!『今まで見たことのない「ドラゴンボール」が待っている!』ってのは確かですが、どうなの、コレ?  ハイスクールに通う悟空(ジャスティン・チャットウィン)は、... [続きを読む]

» DORAGON BALL EVOLUTION を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言)
探そうぜ!ドラゴンボール!! オッス!オラ ニート! ってまぁこんなガリガリガリクソンのノ [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (Akira's VOICE)
ツッコミ甲斐があります。   [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ドラゴンボール] ブログ村キーワード 評価:4.0/10点満点 2009年22本目(20作品)です。 祖父の悟飯と普通に暮らしていた悟空(ジャスティン・チャットウィン)は、悟飯からもらったドラゴンボール“四星球”を2000年の封印から目覚め、世界征服を企んでいるピッコロ大..... [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (りらの感想日記♪)
【DRAGONBALL EVOLUTION】 ★★★ 映画(13)ストーリー 7つ全てを手にした者はどんな願いでも叶うというドラゴンボール。 [続きを読む]

» DRAGON BALL EVOLUTION (いい加減社長の日記)
ドロンジョのコスチュームに惹かれながらも、予告編でかなりの迫力を感じて「DRAGON BALL EVOLUTION 」を選択。 でも、観る前に、他のブログでのレビューを読んでみると、あまりいい評価ではなさそうで。 ちょっと微妙な感じで鑑賞^^;... [続きを読む]

» DRAGONBALL EVOLUTION (そーれりぽーと)
かつて無いほどに期待してない状態で『DRAGONBALL EVOLUTION』のフライング上映を観てきました。 ★ こんなに国民の期待度が下がった状態でも、1日フライングで木曜に上映開始した映画館があったことに驚き。 しかし、本日2回目の上映になるレイトショーはガラガラでした。 序盤は思ったほど酷くないなぁと感じながら観ていた。 どこか救われる部分を見つけなきゃ、退屈な時間を無駄に過ごしてしまうと前向きに自分に言い聞かせていたおかげ? でも…。 原作云々以前の問題でそもそも面白くない。 以下... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter