« 【映画評】ヤッターマン | メイン | 【映画評】感染列島 »

2009年3 月11日 (水曜日)

【映画評】ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー (2008)

ディズニー・チャンネルで大ヒットしたミュージカル学園ドラマの劇場版。

【満足度:★★★★】 (鑑賞日:2009/02/10)

 高校三年生のトロイ(ザック・エフロン)や親友チャド(コービン・ブルー)らの所属するバスケットボールチーム“ワイルドキャッツ”は、卒業前最後の試合に奇跡の逆転勝利を収め華々しく花道を飾る。
 しかしその優勝パーティでトロイは浮かない顔をしていた。進学で恋人のガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)と離ればなれになるからだ。そんなトロイに優しい声を掛けるガブリエラだったが…。

 実はまったく予備知識なしに、映画館でのただ爽やかな笑顔の看板に惹かれて観てしまった。
 邦題に“ザ・ムービー”と付いているので向こうのドラマの劇場版なんだろうぐらいは頭の片隅にあったんだけど、オープニングタイトルでいきなり“3”と出たときはさすがに焦った。1や2はいつやったのさ!?って。
 あとで知ったのだけど、これってディズニー・チャンネルで1、2と放送されたテレビ映画の劇場版だったのね。
 そういや以前なんかのニュースで学園モノのミュージカルが大ヒットしてるって見たっけ。

 そのくらい無知だったので、始まって早々のバスケの試合で、「ほう、バスケ部を舞台にした話か」と思ったらバスケットボールはこの導入部だけ。
 その後はこの手の学園ドラマにありがちな、進路に悩み、夢に悩み、恋に友情、と、まさに王道の展開。アメリカのハイスクールを舞台にしたティーンエイジャー・ムービーでは定番中の定番、プロムパーティに誘うだ誘わないだの駆け引きももちろんあり。
 ただ、これが歌とダンスで魅せる本格的なミュージカル映画であることがミソ。
 登場人物のキャラ設定も非常にわかりやすく、シリーズ初見でもまったく困らなかった。もちろん通して観ていれば各キャストへの思い入れがまるで違っていただろうが。

 この映画の感想を一言で言うなら「元気があってよろしいっ(ニコニコ)」てな感じ。
 タイトルに偽りなしの全編ミュージカル、とにかくこれが素晴らしいんだ。
 ダンスが巧いのかどうなのかなんて正直よくわかんないんだけど、お話的にはなんら目新しいものはないんだけれど、とにかく元気の出る楽しいミュージカル。
 シリーズ作が世界的に大ヒットしたっていうのもうなずける弾けっぷり。

 コテコテにポップな青春映画だし、陽気なミュージカルだし、期待を裏切らないディズニー映画だしってことで、展開を不安にさせる要素は何もない。
 シリーズものの完結編ともなれば、固定ファンが喜ぶハッピーな結末がキャストみんなに用意されてるのは暗黙の了解。
 ただひたすらこの楽しいひとときを満喫すればいい。
 こういう映画もけっこう好きなのよね。

 自分はにわかファンだけど、最後に彼らに贈ろう。卒業おめでとう!

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ザック・エフロン/ヴァネッサ・ハジェンズ/アシュレイ・ティスデイル/ルーカス・グラビール/コービン・ブルー/モニーク・コールマン/オリシア・ルーリン/バート・ジョンソン/アリソン・リード/マット・プロコップ/ジャスティン・マーティン/ジェマ・マッケンジー=ブラウン/マンリーオルテガ
  • 【監督】ケニー・オルテガ
  • 【プロデューサー】ビル・ボーデン/バリー・ローゼンブッシュ
  • 【脚本】ピーター・バルソッキーニ
  • 【製作総指揮】ケニー・オルテガ
  • 【撮影監督】ダニエル・アラニョ,AEC
  • 【プロダクションデザイナー】マーク・ホーフリング
  • 【編集】ドン・ブロシュー
  • 【衣装デザイナー】キャロライン・B・マークス
  • 【振付】ケニー・オルテガ/チャールズ・クレイパウ/ポニー・ストーリー
  • 【音楽】デヴィッド・ローレンス
  • 【共同プロデューサー】ドン・シェイン
  • 【音楽監修】スティーヴン・ヴィンセント
  • 【配給】ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
  • 【原題】HIGH SCHOOL MUSICAL 3:SENIOR YEAR
  • 【字幕翻訳】藤澤睦実
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2008年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】112分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (3)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a57f8970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー:

» 【映画】ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー…観る側も卒業できるのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}もお買い物に行っただけの一日{/face_ase2/} 連休は確実に無駄に過ぎていきます{/face_ase1/} お買いもの→昼寝→お買いもの→昼寝…といった感じ。寝過ぎです{/face_ase2/}{/ase/} 以下は例によって映画鑑賞記録{/m_0058/}の消化{/ase/}。連休中に追いつこうと思っていたのですが…全然無理みたいですね{/ase/}(今日の記事も草稿無しで、ほとんど今日書いてるしね{/face_ase2... [続きを読む]

» 09-52「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
たとえ離れても、心は一つ  イースト高校の最上級生となったトロイとガブリエラ。卒業を控え、トロイはバスケットチームに内定したアルバカーキ大学、ガブリエラはスタンフォード大学とそれぞれ進学先も決まっていたが、1600キロも離れることになる2人の心境は複雑。また、この進路は父親の念願でもあったことから、人生のレールが敷かれているようで素直に喜べないトロイ。さらには密かに演劇の道も模索し、葛藤していた。  そんな中、学園内では恒例のスプリング・ミュージカルに向け、オーディションが開かれること...... [続きを読む]

» ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」の感想です [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter