« 【映画評】マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと | メイン | 【映画評】おっぱいバレー »

2009年4 月16日 (木曜日)

【映画評】レッドクリフ Part II-未来への最終決戦- (2009)

三国志の「赤壁の戦い」を描いたスペクタクル歴史戦争アクションの続編。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2009/04/15)

 前作『レッドクリフ Part I』ではかなり辛口に評させてもらったが、半年前からじらしにじらした末の決戦シーンに圧倒された。

 2000隻の船団を率いた曹操(チャン・フォンイー)軍を赤壁で迎え撃つ周瑜(トニー・レオン)と諸葛亮孔明(金城武)たち連合軍。
 さてこの世紀の戦(いくさ)の行く末は…。

 Part1ではあまりパッとしなかった軍師・孔明の天才ぶりがやっと発揮されて、アクションシーンこそないがなるほど頼もしい存在だ。
 また、Part1では単なる色ボケの悪役でしかなかった曹操も、冷酷な支配者ぶりの一方で、軍を率いるカリスマたる人間味もちゃんと描かれていて、物語に深みを与えた。
 君主としてはちょっと頼りなかった孫権(チャン・チェン)も日増しに勇ましくなり、妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)への兄妹愛に共感。
 前作と比較すると今作はキャラクター個々人の見せ方は控えめなのに、こんな感じでツボは押さえてあって映画として引き締まった印象を受けた。

 物語的にはこのPart2でも前半はこなれていなくて少々かったるい。しかし後半に向かうにつれグダグダになったPart1に比べれば雲泥の差で個々のドラマがちゃんとストーリー展開に活きているので観ていて飽きない。
 クライマックスへ向けていよいよ決戦の火蓋が切って落とされようとする静けさの中での緊張感の高まりもなかなかのモノ。
 そして友情と知恵と決死の覚悟のすべてが激突するクライマックスの大スペクタクルは、これが映画だと言わんばかりの迫力で圧巻。

 目を奪われるそのクライマックスの戦闘シーンでまず唸らされたのは、数では圧倒的だった敵軍勢をもろともせず形勢逆転へ持ち込んだ戦況に納得がいく序盤でのその勢い。
 そしてその様子を目の当たりにしてさっさと撤退を進言する側近をいさめる曹操のリーダーとしての姿勢に、映画的には悪役でありながら人間としての格を感じる。
 そんな単なる勧善懲悪では割り切れない小さな積み重ねが、戦いが終わったあとの、黒澤明の『七人の侍』から引用された周瑜の言葉に集約され、この映画が実は反戦映画であるそのテーマへと結びつくのだ。

 とまあ、いい意味で予想を裏切られたこのPart2だが、ただやはり『Part I』と『Part II』に分ける必要はなかったように思う。
 『Part I』を思い切りそぎ落として3時間程度の1本にまとめるべきだったと思うのだが、いかがだろう。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童(特別出演)/リン・チーリン/ユウ・ヨン/ホウ・ヨン/トン・ダーウェイ/ソン・ジア/バーサンジャブ/ザン・ジンシェン/チャン・サン
  • 【監督】ジョン・ウー
  • 【製作】テレンス・チャン/ジョン・ウー
  • 【脚本】ジョン・ウー/チャン・カン/コー・ジェン/シン・ハーユ
  • 【アクション監督】コリー・ユン
  • 【水上戦場面監督】パトリック・レオン
  • 【第二班監督】パトリック・レオン/コリー・ユン
  • 【製作総指揮】ハン・サンピン/松浦勝人/ウー・ケボ/千葉龍平/デニス・ウー/ユ・ジョンフン/ジョン・ウー
  • 【美術・衣裳デザイン】ティム・イップ
  • 【撮影監督】リュイ・ユエ/チャン・リー
  • 【編集】デビット・ウー/アンジー・ラム/ヤン・ホンユー
  • 【音楽】岩代太郎
  • 【VFX監督】クレイグ・ヘイズ
  • 【VFX】オーファネージ
  • 【主題歌】alan「久遠の河」 [作詞]松井五郎 [作曲]岩代太郎 [編曲]中野雄太
  • 《JAPANESE OPENING CREW LIST》
  • 【ディレクター】那雲哉治(ROBOT)
  • 【プロデューサー】木城慎也(ROBOT)/中村悟(ROBOT)
  • 【PM】吉田裕一(ROBOT)
  • 【CGプロデューサー】井上浩正(白組)
  • 【CG制作】成田顥(白組)
  • 【デザイン】竹田康司(白組)
  • 【ナレーター】大塚明夫
  • 【提供】エイベックス・エンタテインメント/東宝東和/テレビ朝日/Yahoo! Japan/朝日放送/メ~テレ/北海道テレビ/九州朝日放送/新潟テレビ21
  • 【配給】東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
  • 【宣伝】KICCORIT/P2
  • 【原題】赤壁:決戦天下 RED CLIFF II
  • 【字幕】戸田奈津子
  • 【翻訳】鈴木真理子
  • 【監修】渡邉義浩(大東文化大学)
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
  • 【上映時間】144分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (2)

トラコメどうもでした。
エイベックスが出資してる?からか、
結構日本人ウケする作品に仕上がってた感じがしますね。
それにしても火攻めのシーンは圧巻でした。

>ひらりんさん
日本人的にはエイベックスの影響は感じてしまいますね。
宣伝にもエイベックスがヒット曲を送り出すノウハウが活かされたようでとにもかくにもヒットはしました。
ただ、無駄に二部構成にして二倍稼ごうというスタイルはどうにも解せません。こういうのが定着しなければいいのですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (24)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a52d4970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】レッドクリフ Part II-未来への最終決戦-:

» レッドクリフ Part Ⅱ―未来への最終決戦― −(映画:2009年)− (デコ親父はいつも減量中)
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....... [続きを読む]

» 「レッドクリフ Part? 〜未来への最終決戦〜」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 大軍を率いて赤壁へ進行して来た魏の曹操[チャン・フォンイー氏]軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権[チャン・チェン氏](呉)&劉備[ヨウ・ヨン氏](蜀)連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明[金城武氏]だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜[トニー・レオン氏]と孔明は御互いの首を賭けの謀略を展開、周瑜は曹操軍2武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集に成功する。... [続きを読む]

» 『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々エイベックスが仕掛けたこの作品。 業界のルールを無視し、レンタルにおいても、TVにおいても従来の殻を破ってしまった... [続きを読む]

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(2009年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 「赤壁の戦い」の「せ」の字も感じないままに、中途半端に終わった前作とは異なり、本作はまさに「赤壁の戦い」一色の映画となっている。...まぁ、当たり前と言えば当たり前。 そもそもが一本の映画にするはずが、長くなりすぎたので二本に分けたために、前作が中途半端になったわ...... [続きを読む]

» 映画:レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- (よしなしごと)
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-を観てきました。 [続きを読む]

» レッドクリフ (トニー・レオンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ Part Ⅱ -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕を意..... [続きを読む]

» 【映画】レッドクリフ PartII (新!やさぐれ日記)
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。 ▼コメント 前作の次回予告で「レッド... [続きを読む]

» レッドクリフ2 (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年『レッドクリフ』の公開時、 「やっぱり原作『三国志』を知らないとまずいなぁ」と、本を読もうかと思ったけれど その分量に「無理!」と断念。 それじゃあ横山光輝氏の漫画版「三国志」があるじゃあないか{/m_0151/} 本屋さんでびっくり!漫画版でも全60巻{/face_sup/}あらら・・・ 幸いなことに片付けをしていたら第1巻から8巻まで家にあるのを発見!{/abanzai/} ・・・でも8巻までいっても「赤壁の戦い」に届かず・・・{/face_z/} 諸葛孔明の登場が12巻だし、「赤壁の戦い」... [続きを読む]

» レッドクリフ part2 (Akira's VOICE)
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!   [続きを読む]

» レッドクリフ Part? 2009-18 (観たよ〜ん〜)
「レッドクリフ Part?」を観てきました〜♪ 呉・蜀連合軍の軍師・周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)は、曹操(チャン・フォンイー)の策略による疫病の蔓延に悩まされていた。そんな中、自軍の兵の被害を防ぐために、劉備(ヨウ・ユン)は撤退を決意する。一人、呉軍に残った孔明は、周瑜と共に策略を練る・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、白鳩が活躍するかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

» ★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。 [続きを読む]

» [映画『レッドクリフ PartII』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ ♪チャン・チャン・チャン チャラリルン!   ♪チャ・チャ・チャ   ♪チャン・チャン・チャンラリルン!  「レッド・クリフ」のテーマ曲を文字にして見ました^^;  この後の雄大なメロディがいいですよね^^  つい最近、『―未来への最終決戦―』と言うハイカラな副題のついた『レッドクリフ PartII』である。  なんか、マンガ『封神演義』的なサブタイトルである^^  「最終決戦」ならず、赤壁の戦いの後も、<三国志>の戦いは続くし、  二部作に過ぎないのに、「シリーズ、ついに完結」... [続きを読む]

» 映画「レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000、西軍10万、... [続きを読む]

» レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 (だらだら無気力ブログ)
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ PartⅠ』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を配..... [続きを読む]

» 映画「赤壁 レッドクリフ part II ―未来への最終決戦―」 (ブログ草原系)
レッドクリフpart II ―未来への最終決戦― 2009年中国 監督:ジョン・ [続きを読む]

» レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− ─ 自分の役割や約束に命をかける志の高さ ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 自分の役割や約束に命をかける志の高さ ─ 三国志の「赤壁の戦い」を描いたこの作品『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』(2009年/アメリカ=中国=日本=台湾=韓国)。昨年秋に公開されたPartⅠに引き続き、後編となる今作では、孫権・劉備連合軍と大軍を....... [続きを読む]

» レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る―     監督 : ジョン・ウー【... [続きを読む]

» 世界に平和を、あなたに「決断」を。~「レッドクリフPart2」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり孔ピーが好きっ♪ ということで、この画像。(壊れてる壊れてる・・・) さあこれからって時に 続くってなんだよぉ~~~だったパート1. ある意味、フィクションをノンフィクションに近づけ、 ないもんを膨らませて完結したパート2.(わわわわわ) それはホント..... [続きを読む]

» 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
Yahoo!映画のレビュアー試写に当たって、東京厚生年金会館に『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』を観てきました。 開場10分過ぎくらいに行ったのに、まだ外に行列が出来ていたから結構混んでるのかなと思って入ってみたら、思ったほどには混んでない。。。 でも、... [続きを読む]

» レッドクリフ Part ? (いやいやえん)
【映画鑑賞時の感想です DVDレンタル開始後編集し直す予定です】 本日公開ですので映画館に観にいってきました!さすがにモーニングショー+平日ということで人は少なかったですが、年配の男性の方がけっこう1人できてましたね いや〜〜〜〜〜呉ファンが増えるのはこりゃ仕方ないわ。結果的には、個人的にはPART1よりこちらのが好きです。局地戦ですので、ネックだった「スケール感がない」てのも解消されてましたし…「火計」部分がとにかく非常に迫力がありました!(あ、黄蓋がいてよかったです、しかもアレ進言し... [続きを読む]

» 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...... [続きを読む]

» 「レッドクリフ PartⅡ未来への最終決戦」堂々の歴史大作、大画... (soramove)
「レッドクリフ PartⅡ未来への最終決戦」★★★★ トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン 主演 ジョン・ウー 監督、2009年、144分 「兵の数では圧倒的不利な 赤壁の戦い、見応えのある決戦模様、 そして累々と広がる倒れた血まみれの兵士を カメラが俯瞰すると、虚しい気分が広がった」 ー 戦いに勝者ナシ - 見応えのある映像を 久し振りに楽しんだ、 歴史の戦記ものといういより ここで真面目に描かれているのは 信義や忠誠... [続きを読む]

» レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦 (CINEMA見聞録 )
 西暦208年、魏・呉・蜀が争う三国時代。天下統一に動く曹操軍は敵の砦・赤壁を前 [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter