« 【映画評】恋極星 | メイン | 【映画評】マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと »

2009年4 月 5日 (日曜日)

【映画評】ザ・バンク 堕ちた巨像 (2009)

金銭で世界を支配せんとする巨大銀行に立ち向かうインターポール捜査官の苦闘を描いた金融サスペンス。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2009/04/04)

 『ザ・バンク 堕ちた巨像』との邦題から原題も『THE BANK』かと思いきや、いきなり『The International』とメインタイトルが映写されて目が点になった。直訳すると“国際的組織”ってことで、裏世界で暗躍する世界的メガバンクとそれに対抗する国際刑事警察機構・インターポール捜査官とを掛けているんだろう。実際に映画を観ると間違いなくこちらの方がしっくりくる。
 100年に一度といわれる今の金融不安に関連づけて世間の話題を煽りたい日本の宣伝部の陳腐な思惑が映画始まって早々にしらけさせてくれてどうなることかと別の意味での不安を煽られたが、映画自体はかなり骨太なしっかりした作りでけっこう楽しめた。

 長年追っている巨大銀行IBBCの不正取引の決定的な証拠を握る証人を直前のところで殺されてしまったインターポール捜査官のルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)。
 彼はIBBCのマンハッタン支店を捜査しているニューヨーク検事局のエレノア・ホイットマン(ナオミ・ワッツ)と共に改めて捜査を続けるが、妨害の魔の手は容赦なく彼らを襲うのだった…。

 原題どおり捜査のために世界中を飛び回る展開は地味な内容ながらも映画的な醍醐味に満ちていて見応えたっぷり。
 普段ロケハンを仕事としている自分としては映画を観ながらそのロケーションを気にすることも少なくないのだが、本作では久々にそのロケ地選定に惚れ惚れとさせられた。
 ルクセンブルクにある巨悪の殿堂IBBC本部のガラス張りの近代建築や、緊迫の追跡シーンが繰り広げられるイタリア・ミラノの街並み、この映画一番の見せ場となる白塗りのグッゲンハイム美術館、クライマックスのトルコ・イスタンブールに建ち並ぶ屋根。
 色調的には渋いトーンで統一させながらも作品を盛り上げる陰の立て役者となっている国際色豊かなロケ地の数々に映画の背景となるロケーションの大切さを思い知らされる。

 内容自体は安直な邦題から連想されるような金融危機とはほとんど関係なく、金の力で世界を支配しようとする巨大銀行と組織内からも孤立している捜査官との対決を描いた単純明快なサスペンスで、あまりに明瞭すぎてひねりが足りない印象すら感じてしまう。
 また、敵は世界に暗躍する巨大銀行といいながら、その全貌は娯楽映画らしくわかりやすくコンパクトに整理されすぎで、結果的に“底知れぬ怖さ”もスポイルされてしまっており、一部の幹部の首根っこをつかむのに躍起になっている一捜査官という構図しか見えてこないのも物足りなさを助長していると言える。

 とはいえ、要所要所の見せ場でキモは押さえており、ある重要人物の狙撃シーンやそれまでの静かな雰囲気から一転するド派手な銃撃シーンでは小さなひねりが最大限の効果を上げていて思わず身を乗り出しそうになるほど。
 クライマックスに向けての展開も、多くは語らず、観客を信頼した大人な演出に監督の本気度が伺えて、子供だましではない本格的な映画を観た気にさせてくれる。

 観終わってみればそれなりに満足させてくれる良質な娯楽映画だったのに、結局一番ダメダメだったのは、最初に触れたように『ザ・バンク 堕ちた巨像』などという甚だ野暮ったい邦題だったと気づかされる。
 思い出してみれば、主演のクライヴ・オーウェンは、傑作近未来SF『トゥモロー・ワールド』(2006年 アルフォンソ・キュアロン監督)でも的外れな邦題で損をしていた悲しい過去の持ち主。
 こんなごまかしのタイトルで日本のファンを裏切ってばかりでは、無精髭がやたらと似合うオーウェンの渋い顔が、ますますしかめっ面になるんではなかろうかと、いらぬ心配をしてしまうではないか。
 まったく、こんな邦題しか思いつかない宣伝部にこそ“コンサルタント”が必要なんじゃなかろうか。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】クライヴ・オーウェン/ナオミ・ワッツ/アーミン・ミューラー=スタール/ウルリッヒ・トムセン/ブライアン・F・オバーン
  • 【監督/音楽】トム・ティクヴァ
  • 【製作】チャールズ・ローヴェン/リチャード・サックル/ロイド・フィリップス
  • 【脚本】エリック・ウォーレン・シンガー
  • 【製作総指揮】アラン・G・グレイザー/ライアン・カヴァノー
  • 【撮影】フランク・グリーベ
  • 【美術】ウリ・ハニッシュ
  • 【編集】マティルド・ボヌフォア
  • 【衣装】ナイラ・ディクソン
  • 【音楽】ジョニー・クリメック&ラインホルト・ハイル
  • 【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 【原題】The International
  • 【字幕翻訳】松浦美奈
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】117分

コメント (2)

かみぃさん、こんにちは♪

TBエコーそれにコメントまでいただいて、どうもありがとうございました!!!

確かに、この邦題はあまり良くないですよねぇ~。
原題をそのままカタカナにしても良かったのでは・・と思いますが
いろいろな思惑?があったんでしょうかね~。

社会派だったけど、ちゃんとエンタメ性もあって、面白く見ることが出来ました。
途中、なんだかねぇ~・・ってところもあったんですが
冒頭でのあの暗殺シーンでは、がっちり気持ちをつかまれましたし
銃撃戦は美しくさえあり、見応え充分でした。
ラストはちょっとあっけなかったものの、”グラッチェ”という言葉が、う~んかっこいいわと思ってしまった私ですので^^ なかなか良い感じでした♪

>メルさん
なかなかハードボイルドな雰囲気で渋かったですよね。
観ていて楽しくなるハッピーな映画もいいですが、映画館で観るならこういう骨太な作品も捨てがたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (17)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5435970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ザ・バンク 堕ちた巨像:

» 【映画】ザ・バンク 堕ちた巨像…割と好きな作品、オチないけどね。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ワンダと巨像」とは関係ないです。 (…といつもと違って概要文付けてみたけど、本文中に書くタイミングが無かっただけです(^_^;)) [続きを読む]

» 「ザ・バンク 墜ちた虚像」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
巨悪はなくならないんでしょうかねぇ〜・・ [続きを読む]

» 映画日記:『ザ バンク 堕ちた巨像』※ネタばれあり (marimariるんるん)
今日は水曜日。映画が1000円で観られます♪ 本当は『ワルキューレ』が観たかったんだけど、ぎりぎりで、なんだか映画館が見つけられず、パッと目に付いたとこに行きました。 観たのは『ザ バンク 堕ちた巨像』。要は銀行のドロドロ話ね。舞台はNY、フランス、イタリ... [続きを読む]

» 映画: The International ザ・バンク 久々に見応えあるアクション映画。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
正式タイトルは、The International ザ・バンク -堕ちた巨像-。 先日アップ(2009-03-27 映画:間もなく公開 The International ザ・バンク 期待のアクション・シーンとは)のようにかなり期待していた。 公開直前の金曜夕刊、この映画の広告のコピーが「現在の金融危機を予見した、衝撃のリアリティ」(笑) さて実際観てどうだったか。 <しかも闘う相手が悪を働く銀行というストーリー。 <最近アメリカ国民怒りのAIUの例のボーナスの1件とか、CITI BANKのこと... [続きを読む]

» ザ・バンク●堕ちた巨像 (銅版画制作の日々)
  原題: THE INTERNATIONAL 世界中の巨富が流れ込む、その銀行の莫大な資金の行方ーーーー。インターポール捜査官が辿りついた、隠された真相とは。 4月5日、仕事終了後、MOVX京都にて鑑賞。 追い詰める側が追い詰められるという逆転方向に・・・・・。究極のスパイラル・サスペンス。主演もかなり豪華です。クライヴ・オーエンに、ナオミ・ワッツ。そうそう、ナオミ・ワッツの「ファニーゲームU・S・A」を先日鑑賞したばかり。あれは凄い作品でした。彼女は、サスペンス作品が似合う。そしてクラ... [続きを読む]

» 巨大銀行に立ち向かうインターポール捜査官の苦闘を描いた金融サスペンス ザ・バンク 映画チラシ (最新映画情報局 予告動画・フライヤー(チラシ))
↑クリックで拡大↓ 映画一覧へ>>映画総合へ>> [続きを読む]

» *ザ・バンク 堕ちた巨像* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ インターポール捜査官のサリンジャーは、ニューヨーク検事局のエレノアと共に、国際メガバンクのIBBC銀行の捜査を続けていた。内部告発をしようとした銀行幹部との接触のためにベルリンを訪れたサリンジャーだが、検事局員を目の前で殺され、また告発者も事故死に見せかけて殺されてしまう。証言を得るためミラノを訪れたサリンジャーとエレノアは、軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に関与していることを聞きだすが…。          ..... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像/The International (うだるありぞな)
今回は、死の商人化した巨大銀行の不正を暴く「The International ザ・バンク 堕ちた巨像」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLZM+USrOCyqIwUwsmGDA2xS4P1czEhKQSAN87D54=] ランキングに参加してます。    世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州一の巨大銀行「IBBC」。だが、その取引には、ある違法行為の疑惑があった…。ニューヨーク検事局のエレノア・ホイットマン(ナオミ・ワッツ)と共に... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像◆ティクヴァ監督の犯罪サスペンス (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:「The International」 サウンドトラック(米国盤)より   「ザ・バンク 堕ちた巨像」 (2009年・アメリカ/ドイツ/イギリス)    THE INTERNATIONAL 世界の紛争の陰には、武器商人の暗躍やグローバル企業の関与がたびたび指摘されているが、本作は欧州に本拠を置くメガバンク、IBBCの世界的犯罪行為を追う捜査官の物語だ。この話、実は1991年に当局の摘発で破綻した実在の銀行、BCCI(=Bank of Credit and Commerce Inter... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像 (めでぃあみっくす)
巨大銀行が犯罪組織になったら、もはや法律では何も対処できない。そんな恐ろしさを見せつつ、正統派の社会派サスペンスとして十分に楽しめた作品でした。ちょっと情報量の多い映画ではありますが、それでもさすがはトム・ティクバ監督。この監督の作品ならどんな内容でも安....... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像/The International (いい加減社長の日記)
クライヴ・オーエンって、あんまり好きな顔じゃないんだけど^^; ナオミ・ワッツはきれいだし、映画は面白そうだったので、「ザ・バンク 堕ちた巨像 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通の人出かな。 「ザ・バンク 堕ちた巨像 」は、大きめのスクリーンで、10人... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた虚像 / THE INTERNATIONAL (我想一個人映画美的女人blog)
巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス{/kaminari/} まず邦題がダメ〜{/ee_3/}  まるでインパクトない興味もそそられないタイトル{/m_0164/} 余計なサブタイトルでますます意味わからんくなっちゃってるし。 かと言って原題も普通なんだケド。 『ラン・ローラ・ラン』、『マリアの受難』、 『パフューム  ある人殺しの物語』などのトム・ティクヴァ監督作! ってだけの理由で初日に観てきた{/m_0084/} 91年に破綻した... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像 (映画通の部屋)
「ザ・バンク 堕ちた巨像」 THE INTERNATIONAL/製作:2009年 [続きを読む]

» ザ・バンク −堕ちた巨像− (そーれりぽーと)
今週末は観たい映画がなーんもないなぁと思いながら、goo映画でこの映画をクリックしてみたら予告編で面白そうと思っていたクライヴ・オーウェンとナオミ・ワッツのアレだったのね。 つーことで『ザ・バンク −堕ちた巨像−』を観てきました。 ★★★★ なんてセンスの無い邦題。 “ザ・バンク”だけでも微妙なのに“堕ちた巨像”なんて酷いサブタイトル、なんで原題のままじゃ駄目だったのか。 原題は原題でやっつけ仕事っぽいけど…。 中身はインターポールによるスケールのデカイ捜査を描いたサスペンスものです。 捜査の対... [続きを読む]

» [映画『ザ・バンク/堕ちた巨像』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ちょいと忙しいので、短めに…。  『パヒューム』のトム・ティクヴァ監督の新作^^  幾つかの欠点はあれど、ウィリアム・フリードキンの狂気の演出にも似た、パワフルな勢いで最後まで見せてくれる良作であった。  欠点と言うのは、現代劇でありながらも、あまりにもアナログ過ぎやしないかと言うことであった。  例えば、主人公の「インターポール(この響きも前時代的)」捜査官サリンジャーは、国際銀行の犯罪捜査を続けるのだが、当然に捜査マニュアルの基本になっていなくてはならない各種防犯カメラの存在を、捜査の... [続きを読む]

» ザ・バンク−堕ちた巨像− (勝手に映画評)
2008年9月のリーマンショック以降、世界経済は低迷しているところですが、世界的な銀行の裏の姿を描いたフィクション。荒唐無稽な感じもしますし、巨大金融機関の破綻が、これだけ世界中に重大な影響を与えている事もあり、「実は裏では・・・」と勘繰りたくなる感じもします。 クライヴ・オーウェンが、ややアウトロー的雰囲気もあるインターポール捜査官を見事に演じています。で、そのインターポール捜査官と協力してIBBCの裏の顔を暴こうとしているニューヨーク検事局の捜査官(本当は検事だと思うんだけど・・・)をナオミ・... [続きを読む]

» ザ・バンク 堕ちた巨像 (だらだら無気力ブログ)
インターポール捜査官が執拗な妨害工作と圧力に遭いながらも違法行為に 手を染める巨大国際銀行を追い詰め、事件の真相究明に奔走する様を描いた サスペンス。インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエラらと共に 国際銀行IBBCの不審な取引情報を追..... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter