« 【映画評】おっぱいバレー | メイン | 【映画評】スラムドッグ$ミリオネア »

2009年4 月27日 (月曜日)

【映画評】レイン・フォール/雨の牙 (2009)

東京の街で暗躍する日系アメリカ人の暗殺者ジョン・レインが、仕留めたターゲットの娘を守ることになるサスペンス・アクション。

【満足度:★】 (鑑賞日:2009/04/26)

 アメリカで人気の原作をオーストラリア人監督が映画化した日本出資の日本映画。
 東京を舞台にし、ほとんどのキャストが日本人なのはやはり邦画っぽいが、見慣れた光景も外国人監督の手にかかるとなかなか新鮮に映る。
 ただ、まるでサスペンス感のない追跡劇は退屈で、無駄に台詞の多い脚本も平凡以下。

 日系アメリカ人の暗殺者ジョン・レイン(椎名桔平)は、国土交通省の官僚・川村安弘(中原丈雄)の暗殺に成功する。
 しかし、今回の仕事にただごとならぬ不穏を感じたレインは、川村の娘・みどり(長谷川京子)に近づくが…。

 目を惹いたのは導入部だけ。
 映像的に凝ろうとしているのはわかるが、終始それだけに頼られるとさすがに飽きる。

 アクション映画の割に説明台詞が多くてテンポも悪い。
 高級官僚だけが手に入れられる極秘機密ってのがあまりに陳腐で、そんなネタ、日本人なら誰でも知ってるよレベルの汚職情報で失笑。
 さらにナイフ投げの文字通り投げやりなカット割りとか、無闇に大げさなBGMでB級臭さ全開と来たもんだ。

 ヤクザの親分が柔道の稽古をしていたり、追っ手から身を隠すレインとみどりが旅館のふとんで枕を並べる様がどこか滑稽なのは、この手の外国人から見た日本の描写に付きもののご愛敬。
 そういう意味ではかなりまともな方だとは思うんだけど。

 しかし、無数の監視カメラの映像からレインたちを見つけ出すという、一番サスペンス的でなくちゃいけないところがろくに描かれていなくて、追跡シーンにまったく緊張感が無いのは致命的。
 そこを巧く描けばゲイリー・オールドマンの怪演もあって、もう少しおもしろくなったはずと思えるだけにもったいない。

 役者に目を転じると、椎名桔平の演技はいつものそれで、悪くはないが良くもないといった感じ。
 気が短くて部下たちをまくし立てるCIAアジア支局長ウィリアム・ホルツァーを演じる名優ゲイリー・オールドマンの怪演は目に焼き付くものだが、演出がまずいので空回り。
 今回やけに張り切ってるなと感じたのはレインを追う刑事役の柄本明。なんだか妙に表情豊かな芝居を見せる。
 久しぶりに見たような気がする清水美沙もけっこういい。役柄の割に意外と印象に残る好演。

 一方で悪い予想が当たってやはり地雷だったのはヒロイン・みどりを演じた長谷川京子。
 黙っていれば凛としたたたずまいは悪くないんだが、台詞を口にすると途端にボロが出て見てられない。
 一生懸命演じているんだろうけど、今の彼女にこういう重要な役どころはとても無理。

 この程度の出来じゃたぶん当たんないだろうな。
 残念ながら、続編は作らなくていいです。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】椎名桔平/長谷川京子/ゲイリー・オールドマン/柄本明/清水美沙/ダーク・ハンター/中原丈雄/若松武史/小木茂光/浜田晃/平山祐介/坂東工
  • 【監督/脚本】マックス・マニックス
  • 【原作】バリー・アイスラー
  • 【撮影監督】ジャック・ワーレハム
  • 【美術監督】山崎秀満
  • 【編集】マット・ベネット
  • 【音楽】川井憲次
  • 【テーマソング】ジョン・レジェンド「ディス・タイム」
  • 【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 【字幕翻訳】寺尾次郎
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】111分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (11)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a57bb970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】レイン・フォール/雨の牙:

» レイン・フォール /雨の牙(感想163作目) (別館ヒガシ日記)
レインフォールはWOWOWで鑑賞したけど 結論は豪華な出演者の割に全体的に微妙だった 内容はCIAが暗殺者ジョ [続きを読む]

» Rain Fall (〜yatsufusa〜)
『Rain Fall』 レイン・フォール 雨の牙 2009年/日本・アメリカ/111分 のサスペンス作品。 出演陣は豪華ですよ。 椎名桔平/長谷川京子/ゲイリー・オールドマン/柄本明/清水美沙etc 日本映画にオールドマンが出演しているのが凄いじゃないですか! それだけでも、どんな作品...... [続きを読む]

» 映画:レイン・フォール/雨の牙 (よしなしごと)
 2週間以上ぶりに映画を観てきました。今回観たのはレイン・フォール/雨の牙。記事にするまでさらに1週間たってしまったので、もう後悔しているのは少ないでしょうが。 [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙-★★- (not simple.)
まぁ原作ものによくありがちですが、膨大な物量の物語を2h程度に縮める場合いろいろな説明やエピソードを切りまくるしかないわけで。本作も多分そういう悲劇があったんじゃないかなぁ〜って気がします。... [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 を観ました。 (My Favorite Things)
他に観たいものがあったのですが?パートナーのスケジュールが合わず… [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 (レンタルだけど映画好き)
逃げる二人に、東京が牙をむく。 罠にはまった暗殺者ジョン・レイン。 生きのびたいなら、俺のいうことを聞いてくれ。 2009年 日本 公開日2009/04/25 監督 マックス・マニックス 出演 椎名桔平/長谷川京子/ゲイリー・オールドマン/柄本明/ダーク・ハンター/清水美... [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 (だらだら無気力ブログ)
全米でベストセラーとなったハードボイルド小説「雨の牙」を映画化。 東京を舞台に日系アメリカ人の暗殺者がある官僚を暗殺したことから、 汚職と利権をめぐる陰謀劇に巻き込まれていく様を描く。日本人の父とアメリカ人の母をもつ日系アメリカ人のジョン・レイン。 彼は軍..... [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
原作はベストセラーの人気シリーズだが、映画はチマチマしたサスペンスという印象だ。物語は、大都市・東京を舞台に、日系アメリカ人で凄腕の殺し屋ジョン・レインが政権汚職と国家間の陰謀に巻き込まれるハード・ボイルド・アクション。ニッポン勘違いや観光案内風な映像は....... [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 (勝手に映画評)
アメリカ人小説家のベストセラーを、オーストラリア人が監督し、日本人俳優とアメリカ人俳優が出演して、日本を舞台に撮影した作品。日本映画でもなく、かと言ってハリウッド映画でもない不思議な雰囲気の映画です。はっきりと日本を舞台にしているのですが、無国籍映画といっても、過言ではないかもしれません。 その“無国籍映画”となった事が、この映画の焦点がボケて、ちょっとわかり難くなった遠因かも知れません。雰囲気として、原作が面白そうなのは判るのですが、それを映像化したこの作品は、脚本が問題なのか、演出が問題なのか... [続きを読む]

» レイン・フォール/雨の牙 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[レイン・フォール/雨の牙] ブログ村キーワード 評価:5.0/10点満点 2009年40本目(35作品)です。 4ヶ月足らずで一昨年の記録に並びました。 早ければ7月半ばに昨年の記録を抜き、このペースだと10月くらいには100本の大台に入るかもしれません。 また、4月22日に1日..... [続きを読む]

» レイン・フォール 雨の牙 (そーれりぽーと)
ほうほう、ゲイリー・オールドマンが来日して椎名桔平と共演か。 マックス・マニックスって監督は聞いたことが無いけど、何やら洋画の香りのする邦画? 『レイン・フォール 雨の牙』を観てきました。 ★ つまらん。 ほんまにつまらん。 勘弁してください。 ゲイリー・オールドマンも椎名桔平も死んでる。 どうやったらこんなに魅力無く撮れるんだろう。 付けられたプランの通りに演じて、ラッシュを観たときの絶望感が想像できる。 「このまま、言われる通りに演じていて良いのだろうか」 元々大根な長谷川京子が自身満々で... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter