« 【映画評】スラムドッグ$ミリオネア | メイン | 【映画評】余命1ヶ月の花嫁 »

2009年5 月 4日 (月曜日)

【映画評】GOEMON (2009)

大泥棒石川五右衛門を主人公に据えた、『CASSHERN』の紀里谷和明監督五年ぶりの新作。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2009/05/01)

 賛否両論を巻き起こした『CASSHERN』から五年ぶりの紀里谷和明監督最新作。
 いかにも紀里谷監督らしい、時代考証などほとんど無視した歴史の独自解釈と奇抜な映像美で繰り広げられる新感覚時代劇。
 否定的な意見も多かった『CASSHERN』に対して一応寛容派だった自分は、その映画評で「(監督作を)もう一回ぐらい入場料を払ってみてもいい」と書いてしまったので、さっそく約束通りお金を払って観てきた。

 それは豊臣秀吉(奥田瑛二)が世を治めている時代。民衆の味方、天下の大泥棒石川五右衛門(江口洋介)がある蔵から盗んだ財宝に紛れ込んでいた小さな“南蛮の箱”。
 その箱に隠された明智光秀(紀里谷和明)による織田信長(中村橋之助)暗殺の秘密を巡り、時代はまた大きく動こうとしていた…。

 映像で魅せる映画として、カット割りや決めのポーズがいちいちカッコイイつもりなんだということは理解できる。
 しかし、まだまだ未熟な点が散見されるのが惜しい。

 物語は一応、織田信長暗殺後の豊臣秀吉の統治時代から関ヶ原の合戦あたりまでの歴史に沿っているが、史実通りをやるつもりなんてさらさら無いGoing My Way映画なので、あくまで独特の世界観自体を堪能するのが吉。
 誰でも知っているであろう歴史上の人物や逸話をおもちゃにして、時代に翻弄される五右衛門と茶々(広末涼子)の悲恋が描かれる。
 相変わらずの和洋折衷な美術やコテコテのCG映像を許容できれば、かなり独りよがりな印象だった『CASSHERN』よりは、はるかに一般受けもするだろう内容に仕上がっている。

 まずは一見して好き嫌いが分かれるであろう独創的な衣装や美術は、この監督の個性として肯定的に評価したい。
 リアリティとは真反対の、こういういい意味で“デタラメな映画”はあってもいいと思う。
 例えとしてふさわしいのかわからないけれど、紀里谷監督作品はデフォルメをよしとする歌舞伎の舞台でも観るような心づもりで観た方がいい。

 ただ脚本は稚拙でドラマとしては底が浅く、子供っぽい印象がぬぐえない。
 全体的には単純明快な娯楽映画と割り切れば楽しめもするのだが、とってつけたかのように「貧富の差」なんてことをセリフにされると少々こそばゆい。

 ご自慢のCGの描きこみも、紙芝居のようだった『CASSHERN』からは進歩していると思うが、前作同様作り物臭さがついて回り、派手なテレビゲームの域を出ていない。今時この程度の映像では微塵にも凄いとは思わないし、逆に安っぽくもある。
 「絶景」も絵に描いているのが丸わかりでは共感しようがない。しょせん口だけの説明ゼリフに感じてしまう。

 そんな感じで不満な点は多々あれど、監督の歩み寄りなのか成長なのかはわからないが、『CASSHERN』よりかなり見易い娯楽映画となっていたことで、一応次回作も楽しみになってきた。
 今作も内容的には平凡という感想しか持てなかったが、いつか“アタリ”を出すんじゃないかという期待感はある。

 ただこの感覚は、作品の方向性こそはまるで違うが、やはり漠然とした期待感だけで毎回観てしまうここ最近のM・ナイト・シャマラン監督に通ずるものがあって、ちょっと心配ではあるのだが。

予告編 - Trailer

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ(ガレッジセール)/要潤/玉山鉄二/チェ・ホンマン/佐藤江梨子/戸田恵梨香/鶴田真由/りょう/藤澤恵麻/佐田真由美/深澤嵐/福田麻由子/広田亮平/田辺季正/佐藤健/蛭子能収/六平直政/小日向文世/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二
  • 【監督/原案】紀里谷和明
  • 【脚本】紀里谷和明/瀧田哲郎
  • 【プロデューサー】一瀬隆重/紀里谷和明
  • 【撮影監督】紀里谷和明
  • 【撮影】田邉顕司
  • 【照明】牛場賢二(JSL)
  • 【美術監督】林田裕至
  • 【衣装デザイン】VAUGHAN ALEXANDER TINA KALIVAS
  • 【美術プロデューサー】赤塚佳仁
  • 【セットデザイナー】平井淳郎
  • 【装飾】西尾共未
  • 【音楽】松本晃彦
  • 【音響効果】伊藤瑞樹
  • 【VFXスーパーバイザー】野崎宏二
  • 【VFXプロデューサー】藤田卓也
  • 【編集】紀里谷和明/横山智佐子
  • 【ヘアメーク】稲垣亮弐
  • 【キャスティング】山口正志
  • 【殺陣】森聖二
  • 【助監督】近藤一彦
  • 【アソシエイト・プロデューサー】長澤佳也/上田有史
  • 【主題歌】「ROSA」 [作詞/作曲]YOSHIKI [編曲]YOSHIKI [歌]VIOLET UK
  • 【製作】松竹/ワーナー・ブラザース映画/大一商会/木下工務店/衛星劇場/KIRIYA PICTURES/CELL/テレビ朝日/電通/吉本興業/ドリームキッド/ホットトイズ/エイベックス・エンタテインメント
  • 【制作プロダクション】KIRIYA PICTURES
  • 【配給】松竹/ワーナー・ブラザース映画
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】128分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (3)

トラコメどうもでした。
戦国時代モノなのに、チョンマゲなしだしーーー、
衣装もことごとく、南蛮渡来風の洋服が多いしーーー、
ある意味、時代も超越した、スペクタクルになってましたね。

こんばんは~♪
全てにおいてぶっ飛んでいましたが(笑)、スッゴク面白かったです。
ここまで監督さん独自の世界観で魅せてくれるのは気持ちのいいくらいでした。
不評らしい『CASSHERN』は未見なのですが、観てみたくなりました~
・・・・・やめておいた方がいいかしら?(笑)

>ひらりんさん
紀里谷さんは自分の脳内世界観を臆することなく映像にしちゃう監督ですよね。吹っ切れ具合がいい感じです。

>由香さん
ぶっ飛び加減は『CASSHERN』も負けてませんよ。『GOEMON』の独自の世界観を楽しめたなら、こちらも気に入るかも。
ただ流れがぶった切られることが多い上に、一応SFなんで難解に感じる人が多かったのも不評だった原因かもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (26)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a537f970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】GOEMON:

» 『GOEMON』'09・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...)
あらすじ豊臣秀吉が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、... [続きを読む]

» GOEMON(63点)評価:○ (映画批評OX)
総論:ノンバーバルコミュニケーション力の高い映画。圧巻の世界観。「CASSHERN」で長編映画デビューを果たして以来、約5年ぶりとなる紀里谷和明監督の第二作。豊臣秀吉による統治の時....... [続きを読む]

» 「GOEMON」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
なかなかエキサイティングでファンタスティック・・ [続きを読む]

» 映画「GOEMON」 (〜yatsufusa〜)
『GOEMON』(ゴエモン) 2009年5月公開の日本映画。紀里谷和明監督作品の2作目 「CASSHERN」の監督を務めた、紀里谷和明が約5年ぶりに2作目となる エンターテインメント超大作。 戦国の世を舞台に、超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、 貧しき者に分け与える盗...... [続きを読む]

» GOEMON (映画、言いたい放題!)
脚本ゼミのお友達と作っている映画を観る会。 作品選びを任された彼の希望「おっぱいバレー」が 直前でこの作品に。 どちらにしろ、私のチョイスにはない作品なので 良かったです。 監督の紀里谷和明氏の前作の「CASSHERN 」は 私は結構良かったので、楽しみです。 1582... [続きを読む]

» GOEMON(123作目)&BLEACH&怨み屋 (別館ヒガシ日記)
GOEMONは劇場で鑑賞も結論は佐助が邪魔だったね 内容は秀吉が天下を取る時代に五右衛門が登場して 秀吉が欲しい物を盗んだ事から巻き込まれる展開だね 光秀と秀吉が織田を倒すため組んでだ事は凄く納得するし 最初からアクション&CGなど色々と最後まで面白... [続きを読む]

» 映画:GOEMON (よしなしごと)
 ちょっと前、テレビ朝日を見ていると、やたらと「GOEMON 5チャンネル」とうるさく、だいぶ洗脳されてしまいGOEMONを観てきました。 [続きを読む]

» 『GOEMON』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二 紀里谷監督の前作『CASSHERN』から約5年。 いささか前作は消化不良だったのだが、この映画は巷の噂でなかなか面白いとかで、当初観る予定はなかったのだが、かみさんが観たいというので観てみることに。 歴... [続きを読む]

» 「GOEMON」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ (浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。) ************************************* “天下の大泥棒”と称される石川五右衛門。安土桃山時代に出没した彼は、豊臣秀吉の命を受けた前田玄以によって捕縛され、1594年に京都・三条河原に於いて油で釜煎りの刑に処されたと言われている。彼には... [続きを読む]

» GOEMON / 62点 / 悪くはないんす・・・でも長いよ・・・ (FUNNY GAMES?)
アクション部分やなく、まったりしたドラマ部分で長くなってるのはどやねん! 『 GOEMON 』 2009年 日本 128分 監督 : 紀里谷和明 脚本 : 紀里谷和明 出演 : 江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ガレッジセール ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホン... [続きを読む]

» GOEMON-★★★- (not simple.)
予告というかポスター見たときから思ってたことがひとつ。「紀里谷監督、劇団☆新感線すきでしょ?」ってことだったりします。 [続きを読む]

» GOEMON (to Heart)
製作年度 2008年 上映時間 128分 監督 紀里谷和明 出演 江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/チェ・ホンマン/深澤嵐/福田麻由子/広田亮平/田辺季正/佐藤健/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二 紀里谷和明が約5年ぶりに放つエンターテインメント超大作。 {/book_mov/}1582年。天下統一目前の織田信長が明智光秀の謀反に遭い本能寺にて非業の死を遂げた。その悲報を受け、信長の右腕・豊臣秀吉はすぐさま光秀を討ってとり主君の無念を晴らすとともに、自ら天下統... [続きを読む]

» 海外でもウケそう。『GOEMON』 (水曜日のシネマ日記)
戦国の世を舞台に描かれた盗賊、石川五右衛門の物語です。 [続きを読む]

» 「GOEMON 」前作CASSHERNから進歩が見えた (soramove)
「GOEMON 」★★★ 江口洋介 、広末涼子 、大沢たかお 、ゴリ 主演 紀里谷和明 監督、2008年、128分 「石川五右衛門の話をベースに 大胆に脚色し、歴史上の人物も 交えて時代劇のようで 時代考証も何も取っ払った 不思議な映画だった」 前作「CASSHERN」は見所の 全く無い駄作だったが 今回はそんな先入観を持って見ていると 全体のトーンや色彩は同じと感じながらも ちゃんと映画として成立していて 驚いた、 ただ作りこみ過ぎの凝りに凝った... [続きを読む]

» GOEMON (映画君の毎日)
●ストーリー●織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛... [続きを読む]

» 『GOEMON』 (唐揚げ大好き!)
  その箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉だったという真実が封印されていた――。   ■信長、秀吉、家康。その天下統一の影で、ただ一人、民衆のために戦い続けた男――彼の名は石川五右エ門。金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥... [続きを読む]

» 映画「GOEMON」 (FREE TIME)
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。 [続きを読む]

» GOEMON (そーれりぽーと)
紀里谷監督と言えば巨額の製作費をつぎ込んで作った『CASSHERN』が散々叩かれてた記憶しかなかったので、今回またどうやって巨額の製作費と豪華な役者たちを集めたのか気にしつつ、全く期待せずに『GOEMON』を観てきました。 ★★★ こんなアクション邦画を待ってましたと感動した『K-20 怪人二十面相・伝』と比べると、あれ以上積極的にガンガン飛ばして描いていても、空回り気味のアーチスティックな拘りと無機質な香りが鼻について素直に喜べない。 前回の嫌な印象だった部分(何をやってるのか分らなかったアク... [続きを読む]

» 【GOEMON】 (じゅずじの旦那)
まさか五右衛門の「かまゆでの刑」があんなことになってるなんて  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:] 【あらすじ】1582年。天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)は、夢を目前にして家臣・明智光秀の謀反により本能寺で暗殺される。だがその数日後、信長の右腕であった豊臣秀吉(奥田瑛二)が光秀を討伐した。秀吉は、信長の後を継ぎ豊臣政権を制定し、ひと時の平穏を謳歌していた。そこに、超人的な身体能力を武器に金持ちから盗んでは貧しい者に分け与える、庶... [続きを読む]

» ★「GOEMON」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・ 紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・ 主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・ ということで、初日に観に行っちゃいました。... [続きを読む]

» GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)が庶民を熱狂させていた。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが―     監督 : 紀里谷和明 『CASSHERN』【comment】  メチャメチャ好みでした〜  この... [続きを読む]

» 映画「goemon」 (渡る世間は愚痴ばかり)
早速ながら見てきましたσ(゚∀゚ 忍者の作品が大好きなので♪ [続きを読む]

» GOEMON (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「CASSHERN」の紀里谷和明監督による第2作、江口洋介主演の「GOEMON」を観て来ました!!  時は戦国の世。  織田信長が死に、豊臣秀吉によって国が治められ一時的な平安が訪れている時代。  巷をにぎわせている大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)が有るとき盗んだ南蛮渡来の箱。それは石田光成が血眼になって探している箱なのでした。  何かあると感づいた五右衛門ですが、そこには天下を揺るがすような陰謀が隠されているのでした…。  CASSHERNよりは面白い  奇抜な映像とかが好きな私... [続きを読む]

» GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!   [続きを読む]

» 映画「GOEMON」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組カンゴロンゴを連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・ それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語... [続きを読む]

» ★★★★ 『GOEMON』 (映画の感想文日記)
2009年。「GOEMON」パートナーズ。   紀里谷和明監督・製作・原案・脚本・撮影監督・編集。  「キリヤ・ピクチャーズ」という監督個人の映画製作会社による、ほとんど一人ですべてを思い通りに作ったらしき映画。... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter