« 【映画評】GOEMON | メイン | 【映画評】消されたヘッドライン »

2009年5 月12日 (火曜日)

【映画評】余命1ヶ月の花嫁 (2009)

乳がんに冒され、余命1ヶ月と診断された女性にウェディングドレスを着せてあげた美談を榮倉奈々と瑛太のW主演で映画化した恋愛映画。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2009/05/09)

 若年性乳がんに冒され、余命1ヶ月と診断された長島千恵さん(故人)が亡くなる直前に恋人と結婚式を挙げた感動のドキュメンタリー番組の映画化。

 赤須太郎(瑛太)は展示会の会場でイベントコンパニオンの長島千恵(榮倉奈々)と知り合い、やがてつき合い始める。
 しかし千恵はある秘密を隠していた。彼女は乳房に感じた違和感から訪ねた先の病院で、乳がんと診断されていたのだ…。

 つい先頃世間の話題をかっさらった「おっぱいを見たい」との一念で頑張る少年たちを描いた不純なスポ根映画に対抗して作られた、「おっぱいが無くなったってキミは変わらない」と一途に愛を貫く青年を描いたピュアな恋愛映画。
 というのはもちろん冗談だが、この映画には企画段階での根本的な問題がある。すでに映像化されているテレビのドキュメンタリー番組を、実話をなぞるだけの映画にするなら、あえて劇映画化する必要は無かったんじゃないか、というもの。
 だがここは、実話が元になっているというのはとりあえず置いといて、単品の映画作品として評したい。

 既存のドキュメンタリー映像の再編集でなく、再現ドラマでもなく、それでいて美談を美談のまま実名を使って映画化するという、劇映画としては結構難しいこの企画に対して廣木隆一監督は、千恵の闘病モノとしてより、彼女を支えた人々のドラマに主眼を置いて描こうとしているように見える。

 もちろん話の中心は千恵と太郎の、病気という壁を乗り越えようとするラブストーリーなんだが、惚れた腫れたの恋愛模様は手際よくかっ飛ばし、癌に蝕まれる千恵の苦しみすら最小限の描写に抑えられている。
 千恵を主人公とするドラマチックな展開を望むなら、彼女が胸のしこりに気づいたり、病院で乳がんだと診断されるシーンを入れたくなりそうなものだが、千恵側のそんな描写は一部を除いてことごとく省かれており、描かれるのは千恵から乳がんであることを知らされた太郎のリアクションであることからも、監督がこの映画で注力したい点がうかがえる。

 また千恵の父・長島貞士を演じた柄本明がとりわけいい。
 癌で妻を亡くし、そして今、最愛の娘も癌に奪われようとしている父親を淡々と演じて涙を誘う。

 千恵さんが生前に残した言葉「みなさんに明日が来ることは奇跡です。それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。」
 そのメッセージを真摯に受け止めつつ劇場用の恋愛映画として昇華させた廣木監督の演出にブレはない。

 長回しで撮った自転車での疾走、抱きしめあう衣擦れの音、それは千恵と太郎が共に生きた日常の息吹。
 映画オリジナルである屋久島のエピソードに象徴される生命力。
 死を目前にした別れの物語ではなく、今日この時を生きていることの素晴らしさを紡いでいく。

 榮倉奈々演じる千恵の屈託のない笑顔からは余命幾ばくもない末期がん患者としての悲壮感は感じられない。
 太郎は千恵が生きている今日のために雨の中をもかけずり回る。

 基本的には結末は分かりきっているネタバレ上等のタイトル『余命1ヶ月の花嫁』から予想される通りのお涙頂戴難病恋愛映画に違いない。
 しかし千恵の主観を巧妙に避け、受け身の太郎に重点を置いた演出は、ラストに用意された感動でピークを迎える。

 それは否応なしに迎える別れのあとにも、まだ明日があることを知っている千恵だからこその、立ち去る者ではない、未来へ送り出す者としてのメッセージ。
 この映画は、失われゆく時間の中でもなおも溢れていた彼女の幸せが、残された者の日常を満たしていく心の輪廻の物語なのだ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】榮倉奈々/瑛太/手塚理美/安田美沙子/上原美佐/伴杏里/星野美穂/田口トモロヲ/津田寛治/宮田早苗/安藤玉恵/小原正子(クワバタオハラ)/服部妙子/星ようこ/山本浩司/菜葉菜/西本竜樹/西口十兵衛/大朏美咲/グリ・カストリオット/弾丸ビーンズ/大杉漣/柄本明
  • 【監督】廣木隆一
  • 【プロデューサー】平野隆
  • 【共同プロデューサー】下田淳行/辻本珠子
  • 【脚本】斉藤ひろし
  • 【音楽】大橋好規
  • 【ラインプロデューサー】及川義幸
  • 【撮影】斉藤幸一
  • 【照明】豊見山明長
  • 【美術】丸尾知行
  • 【録音】井家眞紀夫
  • 【編集】菊池純一
  • 【スクリプター】小山三樹子
  • 【VE】鏡原圭吾
  • 【助監督】吉村達矢
  • 【製作担当】斉藤大和
  • 【主題歌】「明日がくるなら」JUJU with JAY'ED [作詞]JUJU、JAY'ED、JEFF MIYAHARA [作曲]JUJU、JAY'ED、JEFF MIYAHARA、RYLL、couco [編曲]JEFF MIYAHARA、RYLL
  • 【制作プロダクション】ツインズジャパン
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】129分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (12)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5834970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】余命1ヶ月の花嫁:

» 『余命1ヶ月の花嫁』’09・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...)
あらすじ2005年秋、イベントコンパニオンの長島千恵は乳がんの宣告を受ける。同時期に、仕事先の展示場で赤須太郎と知り合い、交際を申し込まれ・・・。感想夕方のニュース番組... [続きを読む]

» 『余命1ヶ月の花嫁』 (『映画な日々』 cinema-days)
余命1ヶ月の花嫁 イベントコンパニオンが恋人と交際を始めて 間もなく、乳癌に侵され、一旦、恋人と別れるが 再発、余命1ヶ月と告知される...... [続きを読む]

» 映画『余命1ヶ月の花嫁』 (〜yatsufusa〜)
『余命1ヶ月の花嫁』 2009年5月公開作品 本作は、2007年5月にTBS報道番組『イブニング・ファイブ』で 「24歳の末期がん」ドキュメンタリー特集として放送され、 放送終了後も反響を呼び、同年7月に 特番『余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ』が 高視聴....... [続きを読む]

» 映画:余命1ヶ月の花嫁 (よしなしごと)
 公開直後くらいまでは大感動と評判の余命1ヶ月の花嫁を観てきました。 [続きを読む]

» 余命1ヶ月の花嫁 (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
今日から公開されましたね~ 余命1ヶ月の花嫁 ワタクシ、少し前に拝見させていただきました! 実はドキュメンタリーを観て号泣してしまったワタシ。 映画はリアルな人物ガ登場しているわけではないので 感動という意味では、ドキュメンタリーよりは薄くな... [続きを読む]

» チェケラ系男子も涙する「余命一ヶ月の花嫁」 (movie-highway編集部!のブログ)
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです どうしても“泣きたい時”ってあるじゃないですか。 まさに今日、そんな感じだったのでもっぱら“泣ける”と評判の映画『余命一ヶ月の花嫁 』を観にいってきました。 (特になにかあったわけじゃないですよ!)... [続きを読む]

» 余命1ヶ月の花嫁 (to Heart)
製作年度 2009年 上映時間 129分 監督 廣木隆一 出演 榮倉奈々/瑛太/手塚理美/安田美沙子/柄本明/大杉漣/津田寛治/田口トモロヲ 末期の乳ガンに冒され、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの実話をもとにしたラブストーリー。 {/book_mov/}イベントコンパニオンをしている長島千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸のしこりが乳ガンとの診断を受ける。そのころ、仕事先で出会った赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ、一緒にガンと闘うという太郎の言葉に動かされて交際をスタートさせる... [続きを読む]

» 「余命一ヶ月の花嫁」映画とドキュメンタリー (再出発日記)
BasedonTruestory日本映画では珍しいこのキャンプションがつく。みなさんに明日が来ることは奇跡です。それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。    長島千恵若年性の乳がんの危険性を訴える作品として意味があると思う。もちろん、ここに出て...... [続きを読む]

» 「余命1ヶ月の花嫁」で号泣(;θ;) (Thanksgiving Day)
映画「余命1ヶ月の花嫁」を観てきました。 実話を元にした映画ということもあって、どのような結末になるか分かっているだけに、後半ぼくは涙が止まりませんでした(;θ;) この映画は公開されることを知ってから、絶対観ようと思ってたので前売り券も買って公開初日に映...... [続きを読む]

» 余命1ヶ月の花嫁 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[余命1ヶ月の花嫁] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年44本目(39作品)です。 末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの生涯をつづったヒューマンドラマです。 ネット上で長島さん..... [続きを読む]

» (映画)余命1ヶ月の花嫁  (ゼロから)
乳がんで亡くなった女性のドキュメンタリーを映画化したものですが、TVで放映されたドキュメンタリーは、見ていないです。 [続きを読む]

» 映画「余命1ヶ月の花嫁」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 映画の話 千恵は23歳の秋に左胸にしこりがあることに気付き、若年性乳がんの診断を受ける。恋人、太郎や家族、友人に支えられ、つらい闘病生活が開始。一時は職場復帰もするが、がんは他の場所にも転移していた……。 映画の感想 これは「映画化する必要があったのだ...... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter