« 【映画評】ROOKIES-卒業- | メイン | 【映画評】ターミネーター4 »

2009年6 月 5日 (金曜日)

【映画評】ミスト (2007)

霧(ミスト)の中から襲い来る“何か”が悪夢を呼び起こすパニック・ホラー。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2008/06/12)

 片田舎の湖が突如謎の霧(ミスト)に覆われ、町の人々を恐怖に陥れる絶望の映画。
 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』で知られるフランク・ダラボン監督が再度スティーヴン・キング原作で描く衝撃のパニック・ホラー。

 話題作『クローバーフィールド/HAKAISHA』に設定が似ていて、主観映像ではないもののドキュメンタリータッチの手持ち撮影が多いのも演出の方向性が同じことを示している。
 しかし、映画としての深みはこちらが遙かに上。この『ミスト』を観ると『クローバーフィールド/HAKAISHA』がいかにうわべだけの映画かよくわかる。

 極限まで追い詰められた人間の恐ろしさを描いたなんて謳い文句は珍しくもないが、この映画での追い込み方は半端ない。
 そういう意味では満点をあげていい。ほんとによくできてる。

 ただここまで褒めておいてなんだが、この映画を好きかと訊ねられたら躊躇無く嫌いと答える。
 誰が好き好んでこんな救いのない映画観たいと思うか。ただ、この映画の場合はそれすらも褒め言葉になってしまうのだが。

 映像製作に携わる端くれとして、ここまでの絶望を突きつけられると、こんな“悪趣味な”作品を商業映画として大々的に公開していいものかと懐疑的になってしまう。
 映画としての質が高いのは認める。だが、この作品はレンタルDVD屋さんの片隅で、マニアックなホラー作品などと並んでひっそりと置かれている、隠れた名作的な扱いにとどめておいた方がいいように思うのだ。

 後味の悪い映画として後世まで語り継がれる映画史に残る作品には違いないとは思うので、一応、一見の価値はあると言っておく。
 ただ精神的にかなりくる結末なので、体調&精神状態の良好なときに、相応の覚悟で臨んでください。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ/ウィリアム・サドラー/ジェフリー・デマン/フランシス・スターンハーゲン/アレクサ・ダヴァロス/ネイサン・ギャンブル/クリス・オーウェン/サム・ウィットワー/ロバート・C・トレヴェイラー/デヴィッド・ジェンセン/ケリー・コリンズ・リンツ
  • 【監督/脚本】フランク・ダラボン
  • 【原作】スティーヴン・キング
  • 【製作】フランク・ダラボン/リズ・グロッツァー
  • 【共同製作】ランディ・リッチモンド/アンナ・ガルドゥーニョ/デニース・ヒュース
  • 【製作総指揮】ボブ・ワインスタイン/ハーヴェイ・ワインスタイン/リチャード・サパースタイン
  • 【音楽】マーク・アイシャム
  • 【撮影】ローン・シュミット
  • 【編集】ハンター・M・ヴィア
  • 【キャスティング】デボラ・アキラ/トリシア・ウッド
  • 【プロダクション・デザイン】グレゴリー・メルトン
  • 【衣装】ジョヴァンナ・オットーブル=メルトン
  • 【クリーチャーデザイン/特殊メイク】グレゴリー・ニコテロ/ハワード・ベルガー
  • 【VFX】CafeFX社
  • 【視覚効果監督】エヴェレット・バレル
  • 【配給】ブロードメディア・スタジオ
  • 【原題】The Mist
  • 【字幕翻訳】松浦美奈
  • 【日本公開】2008年
  • 【製作年】2007年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】125分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a57a4970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ミスト:

» ミスト (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE MIST) 【2007年・アメリカ】DVDで鑑賞(★★★★★) スティーヴン・キングの中編小説「霧」を、フランク・ダラボン監督が映像化したパニック・ホラー映画。 スティーブン・キング×フランク・ダラボンは、短編映画「老婆の部屋」(「312号室の女」原作)、「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に次いで、4度目のタッグを組むことになる。 第34回サターン賞では、ミセス・カーモディを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンが助演女優賞を受賞。 のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日。デヴィ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter