« 【映画評】いけちゃんとぼく | メイン | 【映画評】ノウイング »

2009年7 月11日 (土曜日)

【映画評】ブラッド・ダイヤモンド (2006)

内戦の続くアフリカのダイヤモンド採掘を巡る不正取引を描いた社会派ドラマ。

【満足度:★★】 (鑑賞日:2007/05/11)

 『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督がレオナルド・ディカプリオ主演で描く社会派ヒューマンドラマ。
 という触れ込みだったけど、社会派としても、ヒューマンドラマとしても中途半端な印象しか残らない。

 ダイヤ密売人アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)と家族と引き離され強制労働を強いられていた黒人ソロモン(ジャイモン・フンスー)とのロードムービーという趣だが、アフリカの惨状を巡る観光案内映画に見えてしょうがなかった。

 ジャイモン・フンスーの鬼気迫る演技は印象的だったのだが、レオ様はどうしてもレオ様にしか見えない。
 ディカプリオは『タイタニック』(1997年、ジェームズ・キャメロン監督)で一花咲かせて以降、自分の願望にこだわりすぎで作品選びを失敗してるんじゃないか。

 社会派らしく硬派な内容の割に、ハリウッド的軽薄さが垣間見られて、消化不良。

予告編 - Trailer

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/マイケル・シーン
  • 【監督】エドワード・ズウィック
  • 【脚本】チャールズ・リービット
  • 【配給】ワーナー・ブラザース映画
  • 【原題】BLOOD DIAMOND
  • 【字幕翻訳】今泉恒子
  • 【日本公開】2006年
  • 【製作年】2007年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】143分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a580f970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ブラッド・ダイヤモンド:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter