« 【映画評】モンスターVSエイリアン | メイン | 【映画評】神様のパズル »

2009年7 月16日 (木曜日)

【映画評】ハリー・ポッターと謎のプリンス (2009)

ヴォルデモート卿の過去が暴かれる、人気のファンタジー大作「ハリー・ポッター」シリーズ第6弾。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2009/07/15)

 運命を背負わされた魔法使いの少年ハリー・ポッターの成長を描く大ヒットシリーズも、いよいよクライマックスへ向けて動き出す。
 監督は前作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)に引き続いてのデイビッド・イェーツ。

 着々と悪の勢力を伸ばす“名前を言ってはいけないあの人”ことヴォルデモート卿に対抗すべく、ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は旧友スラグホーン(ジム・ブロードベント)を教壇に復帰させる。スラグホーンはヴォルデモート攻略の鍵となる、ある情報を握っているのだ。
 ダンブルドアはハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)に、彼に近づいてその秘密をつかむよう指示。
 でも、そんなことととは関係なく、年頃のホグワーツの生徒たちはそれぞれ意中の人に向けて恋の火花を散らしている。
 またその一方で、ハリーのライバル、ドラコ(トム・フェルトン)がなにやら怪しい行動を繰り返しているのだった…。

 正直なところこのシリーズは、毎回なんとなく惰性で観ているだけだったりする。
 このシリーズの持つ、友情と恋を巡るゆるい青春学園ドラマと、打倒ヴォルデモートという生死を賭けたサスペンス要素の振り幅が極端すぎて、毎度毎度まとまりが悪いと感じているので。

 今回もやっぱりその傾向は変わらずだったが、今作は両者のバランスがかなりマシだったんじゃないか。
 おそらくは原作が完結し、クライマックスへ向けての道筋が明確になったお陰で、ストーリー展開上の枝葉を絞り込めたのが功を奏した。
 エピソードを詰め込んでいる割には駆け足感を感じなかったのもその表れだと思う。

 また、6作目ともなると、ホグワーツ魔法魔術学校の装飾品などのおもしろギミック紹介も控えめで、ハリーを中心としたドラマに注力していたのもよかった。
 原作は未読だが、これでもかなり刈り込んだんだろうという想像はつく。
 それがもっとも顕著に表れているのが「謎のプリンス」=“半純血のプリンス(THE HALF-BLOOD PRINCE)”の扱いだ。
 それはもう、びっくりするぐらいあっさりした描き方。“半純血のプリンス”の正体に驚くより、「タイトルにもなっているのに、これだけかい!」って驚きの方が大きかったわ。

 そんな思わせぶりなタイトルとは裏腹に、物語的にはロン・ウィズリー(ルパート・グリント)を巡る恋愛模様の方が印象に残る。
 その部分を学園ドラマとして観る分には、面白く愉しめたんだけど、その分、もう一人の“選ばれし者”ドラコの描き方は不足気味。
 映画全体を包むダークな雰囲気を考えると、そういった謎に比重を置いた方が映画として引き締まったように思うんだけど、きっとシリーズ通してのハリポタファンはそれを望まないんだろうなあ。

 ただ、原作が完結したことによるもう一つの好循環として、6作目にしてやっと、続きが気になる終わり方をしてくれたことは評価したい。
 これまでは毎回毎回、その場で足踏みをするような終わり方で、続きものとしては煮え切らない印象がぬぐえなかったのだが、今作のエンディングは、8年も掛けた長い長い前フリがやっと終わって、クライマックスへ向けての大きな流れを感じることができたもの。

 いよいよ物語も大詰め。次回作へ向けて期待が大いに膨らむ。

 ただ最後に、ひとつ気になったのは、“原作を読破された方”の、この映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の感想に、(この映画のネタバレは隠しているようなところでも、)最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝』前後編での展開を連想させるネタバレ気味のコメントがやけに目につくこと。
 その展開は劇作法的に想像の範疇ではあるんだけれど、映画だけで楽しんでいる者としては、なんだかなぁ。
 原作未読で映画を楽しもうという方は、そこは注意されたし。

シリーズ作品 - Series

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ジム・ブロードベント/ヘレナ・ボナム=カーター/ロビー・コルトレーン/マイケル・ガンボン/アラン・リックマン/マギー・スミス/トム・フェルトン/イバンナ・リンチ/ボニー・ライト/ジェシー・ケイブ/ヒーロー・ファインズ・ティフィン/フランク・ディレイン/ウォーウィック・デイビス/ティモシー・スポール/デイビッド・シューリス/ジュリー・ウォルターズ/デイビッド・ブラッドリー/マーク・ウィリアムズ/ジェイムズ・フェルプス/オリバー・フェルプス/ナタリア・テナ/ジョージーナ・レオニダス/ヘレン・マクローリー/デイブ・レジェノ
  • 【監督】デイビッド・イェーツ
  • 【製作】デイビッド・ヘイマン/デイビッド・バロン
  • 【脚本】スティーブ・クローブス
  • 【原作】J.K.ローリング
  • 【製作総指揮】ライオネル・ウィグラム
  • 【共同製作】ジョン・トレイ
  • 【撮影】ブリュノ・デルボネル,A.F.C.,A.S.C.
  • 【美術】スチュアート・クレイグ
  • 【編集】マーク・デイ
  • 【音楽】ニコラス・フーパー
  • 【衣装】ジェニー・ティマイム
  • 【視覚効果監修】ティム・バーク
  • 【特殊メイク/クリーチャー・デザイン】ニック・ダドマン
  • 【配給】ワーナー・ブラザース映画
  • 【原題】HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
  • 【字幕翻訳】岸田恵子
  • 【翻訳監修】松岡佑子
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】154分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (39)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5814970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ハリー・ポッターと謎のプリンス:

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画、言いたい放題!)
ハリーポッターシリーズは全部観ています。(^^)v 本は一足早く読み終わりました。 でも間が空いちゃうので忘れちゃうんです。(爆) 新鮮な気持ちで観られるのはいいんですけどね。 DVDで鑑賞。 イギリスでは不可解な事故や事件が起きていた。 ヴォルデモートの力と支配力が... [続きを読む]

» ハリーポッターと謎のプリンス(感想130作目) (別館ヒガシ日記)
ハリーボッターと謎のプリンスは劇場で早い段階で鑑賞して 結論は各自の内面を重視でバトル少なく完結への序章だ 内容はヴォルデモートが魔法&モグル界を支配してる中で ダンブルドア校長の命令でハリーがホラスを探る展開だ 今策はハリー&ロン&ハーマイオニー&... [続きを読む]

» 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』’09・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじついに復活を果たした邪悪な魔法使いヴォルデモートはその支配力を魔法界のみならず、マグル(人間)の世界にまで広げようとしていた。そんな史上最大のピンチが迫る中、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の校長、ダンブルドアとともに来るべき最終決戦の...... [続きを読む]

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ハリーの師匠が残した最終決戦への布石と序曲 (オールマイティにコメンテート)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はハリー・ポッターシリーズ第6弾の映画で謎のプリンスを追うために過去の出来事に立ち向かうハリーが最終決戦へ向けての序曲が始まるターニングポイントのストーリーである。最終章直前に知る真実と恩師との別れに物語は佳境を迎えよう...... [続きを読む]

» 映画:ハリー・ポッターと謎のプリンス (よしなしごと)
 日本初のIMAXデジタルシアターでハリー・ポッターと謎のプリンスを観てきました。 [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (犬・ときどき映画)
ハリー・ポッターと謎のプリンス[HarryPotter and The Half Blood Prince] 公開から半月、もうそろそろ空いているかと思いきや、字幕版でもまだまだ混んでいました。 Story ホグワーツに新しい魔法薬の先生がやってくる。 ボルデモードは人間界にも影響を及ぼすようになってきた。 ロンには情熱的なガールフレンドができ、素直になれないハーマイオニーは強がりながらも嫉妬で毎日メラメラしている。学校内ではマルフォイが不穏な動きを。 そんなときダンブルドア校長は決意をし、ハリ... [続きを読む]

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」2時間半の前菜が始まった、... (soramove)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2009年、155分、アメリカ 映画のランキング↑                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 7/17公開の週末は全米では1億5千万ドルで首位初登場、 日本も同時公開、22億でこちらも首位発進し ... [続きを読む]

» 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観ました数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差しかかっていくファンタジー・アドベンチャーシリーズ第6弾です>>『ハリー・ポッターと謎のプリンス』関連原題:HARRYPOTTE...... [続きを読む]

» [映画][劇場公開]ハリー・ポッターと謎のプリンス 80点 (さとうれおはオレだけか)
↑のバージョンの予告で大体アクションが見れてしまうので注意。 2作目から5作目は安かったのでブルーレイで購入して復習した甲斐がありよくわからないところはそんなになかったかな。 セックスを連想させるようなことも吹き替え版なのにあったが子供の反応は良かったようで... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (銅版画制作の日々)
原題:HARRY POTTER & THE HALF−BLOODPRINCE いきなりネタばれーーーーー! ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)、お疲れ様でした!レイフ・ファインズは??いよいよラストに近づいた。何と最終章はパート1と2があるそうです。2010年、2011年に公開。かなり力が入っているよ。シリーズ第6作目となるハリー・ポッターと謎のプリンス。1作目からメンバーが変わらないというのは珍しいそうです。第1作目から5年の歳月が経った本作。皆さん、成長しました。ラドクリフ君も大人に... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (*nicoponism)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス(字幕版)』 鑑賞メモこれがあのハリー・ポッターなのか?!今までとはまったく違った奥深さ・・・。まさにシリーズのクライマックスの到来をひしひしと感じました。プリンスの正... [続きを読む]

» 映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 109シネマズでは毎月19日はシネマポイントカード会員のみ¥1000で映画が見られる日だ。この日は日曜日と重なり公開5日目の「ハリー・ポッター」を上映するシアター1はほぼ満席である。  映画の話 ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大に...... [続きを読む]

» JKローリング版「北の国から」(違)~「ハリーポッターと謎のプリンス」~ (ペパーミントの魔術師)
最初にひとつツッコミいれていいですか~~~! どの顔でプリンスだぁ~~(笑) スクリーンに向かってその口むぎゅ~って したかったゾ~ ・・・・・・・・・・・・。 まだ死にたくないのでこれくらいで。(笑) さて、この物語も あと「死の秘宝」を残すのみとなったわけ..... [続きを読む]

» ★「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、 ハリポタ・シリーズの第6作目。 このシリーズは4作目から劇場鑑賞してるひらりん。 だんだん大きくなっちゃって・・・と、 誰もが出演者の成長を見守ってるシリーズだよね。... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス/Harry Potter 6 (いい加減社長の日記)
15日という中途半端な平日に公開。 公開初日に観ると、2ポイントもらえる、ということで、なんとかレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の割には多めかな。 「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」は、大きめのスクリーンで、7割程度。 (C) 20... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (風に吹かれて)
ハリー さらなる試練の時ダンブルドアの決意 公式サイト  http://harrypotter.wa [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009/アメリカ監督:デヴィッド・イェーツ出演:ダニエル・ラドクリフ    ルパート・グリントnbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp; エマ・ワトソンnbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp; ジム・ブロードベントnbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nb... [続きを読む]

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
原題は「HarryPotterandtheHalf-BloodPrince」「謎のプリンス」だと物語の真意が伝わらない。混血や半純血という言葉が、差別だの言葉狩りだのの対象となったのだろうけれど・・文学的な方面から見ればヒステリック過ぎて困った事だ。「半純血のプリンス」とは、マグル(...... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (ダニエル・ラドクリフさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさん(のつもり) 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(Harry Potter and the Half-Blood Prince)を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年7月15日公開  監  督:デヴィッド・イェーツ キヤスト:ダニエル・ラドクリフ       ルパート・グリント       エマ・ワトソン       ジ... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (小泉寝具 ☆ Cosmic Thing)
 イギリス&アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:ダニエル・ラドクリフ      ルパート・グリント      エマ・ワトソン      マイケル・ガンボン 【物語】  ヴォルデモート卿の支配力が強大になっていくなか...... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (Addict allcinema 映画レビュー)
クライマックスはここから始まる! 【関連記事】 「ハリー・ポッターと賢者の石(第1作)」 「ハリー・ポッターと秘密の部屋(第2作)」 ... [続きを読む]

» レビュー:ハリー・ポッターと謎のプリンス (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ファンタジー][魔法][学園物][シュールなロマンスコメディ][実写][洋画][スコープサイズ][154分] 重く暗い雰囲気:★★★★☆ ウザく感じるロマンス:★★★☆☆ 監督: デイビッド・イェーツ 出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン...... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (だらだら無気力ブログ)
J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワーツ ..... [続きを読む]

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の感想です。 (MOVIE レビュー)
シリーズ第6作目となる『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観ました。第1作の『ハリー・ポッターと賢者の石』から早7年ですね。「また一段と大人びてみんな大きくなったなぁ」って、まず思いましたわ!(笑)その後、「先生方はお年を召されたなぁ・・・」と(自分の事は棚に置いてですが!{/ase/})、次から次へ現れるお馴染みの顔を観ているとまるで同窓会でもしているような懐かしさを感じて、映画が始まってすぐはストーリーは二の次で観ていました(苦笑)。この映画は去年の冬に公開される予定だったのが、今年の夏まで延期... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画とTVとゲームの感想)
映画館でハリー・ポッターと謎のプリンス(字幕版)を見てきました。 もともとファンタジー作品が好きな私は、ハリー・ポッターシリーズはも... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (LOVE Cinemas 調布)
言わずと知れた大人気「ハリーポッター」シリーズの第6弾。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリンント、エマ・ワトソンのお馴染み3人衆にマイケル・ガンボン、アラン・リックマンら教授陣ももちろん登場します。監督は前作「不死鳥の騎士団」に引き続きデヴィッド・イェーツが担当。世界同時公開で水曜からだったのを思いっきり勘違いして2日遅れで観てきました。... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画君の毎日)
ストーリー:ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホ... [続きを読む]

» 映画レビュー「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Harry Potter and the Half-Blood Prince [Original Motion Picture Sound Track]◆プチレビュー◆シリーズ第6作は、想像を絶する悲劇とユルい青春恋愛模様が錯綜。マニアックな1本になった。 【65点】 闇の帝王ヴォルデモート卿が復活し、その力が強まる中、ハリーとダ...... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (悠雅的生活)
選ばれし者。 [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (めでぃあみっくす)
シリーズ6作目としては一つ一つのエピソードも短く淡白で、全体的に見ても盛り上がりに欠けているものの、「クライマックスはここから始まる」という宣伝文句よろしくハリー・ポッター“クライマックスシリーズ”の序章として見るにはまぁ十分な映画でした。 ただやっぱり....... [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
“『ハリー・ポッター』鑑賞”―は、当たり前の行事になっている我が家でも、、、誰もそれ程楽しみにしているわけでもなかったりして〜アハ今回は、シリーズで初めて字幕版を観賞―【story】ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を学校に迎え入れた。そして、ホラス... [続きを読む]

» 「ハリーポッターと謎のプリンス」 (simple x chic)
前日、娘と一緒に 「不死鳥の騎士団」をDVDで見て [続きを読む]

» ハリー・ポッターと謎のプリンス (Akira's VOICE)
やや長いけど,見応えは大きくて満足!   [続きを読む]

» 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (ラムの大通り)
(原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince) -----今日は超話題作「ハリポタ」の初日。 なんでも日米同時公開ニャんだって。 そういえば、公開が当初の予定から半年以上も伸びたよね。 日本でのマスコミ向け社内試写はなく、 完成披露が一回あっただけ。 えいはこれまでのハリポタはすべて完成披露で観ているほどの ハリポタのファンなのに、 今回は重要な飲み会と重なったとかで今日 フォーンと一緒に行くことに。 ということで、今日は代理レポート。 監督は前作『ハリー・... [続きを読む]

» ハリーポッターと謎のプリンス/HARRY POTTERandTHE HALF-BLOODPRINCE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャッチコピーにある通り、「クライマックスはここから始まる!」 6作目!残すところは2010年冬と翌年春でラストらしい。 こんなに長く続くものだったとは、1作目観た時は全く思いもしなかったな〜 日米同時上映ってことで、水曜公開!早速観てきた。珍しく吹き替え版で{/hikari_blue/} ほぼ毎年やってたのに去年は... [続きを読む]

» 映画 【ハリー・ポッターと謎のプリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾。デヴィッド・イェーツ監督が続投。 おはなし: ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を学校に迎え入れる・・・。 ネタバレ注意です。 ハリポタシリーズももうラストスパート。 これが最終章への序章となります。 ヴォルデモート... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (日々“是”精進!)
 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を鑑賞してきました数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差しかかっていく人気シリーズ...... [続きを読む]

» [映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆なかなかの出来でした^^  私は、『ヱヴァ:破』(クリック!)を観てから、ほかに何を観てもノリきれない自分がいたのですが、この作品を観て、「やっぱ、映画は悪くないな^^」と思わせられました。  今日は遅番仕事だったので、午前中の公開一発目を観てきて、仕事を終えて今に至ります。  で、何が言いたいかと申しますと、明日は早番なので長い感想は書けないということなのです^^;  朝一のMOVIX昭島の開場前は、結構な行列が出来ていて、ハリポタ人気の健在振りを感じさせられました。    ◇  と... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter