« 【映画評】ごくせん THE MOVIE | メイン | 【コラム】8月の新作映画 »

2009年7 月19日 (日曜日)

【映画評】アマルフィ 女神の報酬 (2009)

謎を秘めた外交官・黒田が邦人少女誘拐事件の真相を追うミステリー映画。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2009/07/18)

 フジテレビ開局50周年記念作品としてオールイタリアロケで撮影されたサスペンス・ミステリー。ただし1カットだけ東京の東宝スタジオで撮影したらしい。
 『ホワイトアウト』などで知られる真保裕一の同名小説が原作とされているが、もともと織田裕二主演ありきのオリジナル企画が先。小説版はこの映画の製作過程で真保裕一氏が独自の視点を採り入れて執筆されたもの。
 脇を固める豪華出演陣も話題のこの超大作を監督したのは『容疑者Xの献身』の西谷弘。

 クリスマス目前のイタリア・ローマ、上司・片岡(中井貴一)からの特命を受けた外交官・黒田康作(織田裕二)がG8外務大臣会合の準備に追われている日本大使館に着任する。
 着任早々、旅行に来ていた矢上紗江子(天海祐希)の娘・まどか(大森絢音)が迷子になったとの連絡を受け、研修生・安達香苗(戸田恵梨香)とともに現場の美術館に向かう黒田。
 手がかりはなく、黒田の機転で美術館内の監視カメラをチェックするが、まどかがトイレに入っていく姿を最後に足取りは途絶えてしまう。
 と、そこへ、まどかの携帯電話から紗江子に電話が掛かってくる。が、受話口の向こうから聞こえてきたのはイタリア語。それは誘拐犯の声だった…。

 惜しいんだよなぁ。
 織田裕二主演ありきの企画だけあって、織田裕二扮する黒田は、まさに青島刑事以来のはまり役でカッコイイ。
 イタリアロケにこだわった撮影も功を奏していて、素晴らしいロケーションで魅せてくれる。

 でも、サスペンス・ミステリーとして観るとかなり薄味。
 黒田と研修生・安達の出会いのシーンはクールで腕の立つ黒田らしさがうまく表現されていて、けっこういい滑り出し。黒田がなにやら特命を受けているらしいという思わせぶりな設定も巧い。
 なのに、端を発する誘拐事件の描き方が単調で、まさに観光案内映画にしかなっていないのよ。

 セリフでは大使館内部にも共謀者がいるかもしれないと振っておきながら、とりたててそういう描写がないのもサスペンス感を欠いている。
 犯人の目的がほかにありそうだとわかってきてからはグイグイ引き込まれるんだけど、その頃にはミスリードもないまま犯人の察しがついてしまうので、犯人探しの面白みは無いに等しい。
 誘拐された娘・まどかの病気が展開的にまったく機能していなくて、ラストではすっかり忘れ去られているのも気になった。
 終わってみればタイトル『アマルフィ 女神の報酬』も、どこが「すべての真相は、そこにある」なのやら。

 犯人の犯行もちょっと考えれば穴だらけで、そんなスカスカの犯行を暴けないイタリアの警察まで間抜けに見える始末。
 そもそも警察の捜査がろくに描かれていないのだから救いようがない。犯人のトリックに気付くのは黒田でいいとしても、その手前までは警察主導の捜査で見せた方が、イタリア人俳優の活躍も見られてより一層国際色豊かになるというメリットもあったろうに。
 そういう意味ではイタリアロケだけでまとめたことが返って世界観をこぢんまりとさせたような印象も。あえて日本の様子も入れた方が世界を舞台にしたスケール感は出たような気がするのだが。

 続編を期待させる終わり方とか、写真の使い方とか、いいところもあったんだけどね。

 最後に、俳優陣も皆さん素晴らしい。
 というか、出演者の名前を見ると豪華なのはわかるけど、名のある人たちを相当贅沢な使い方していて驚いた。
 その一方で、最近のお気に入り若手女優・戸田恵梨香が思いのほか出ずっぱりだったのも嬉しかったし(笑)。

 ただ、恵梨香ちゃんの衣装がちょっとかわいらしすぎて、このハードボイルドな映画の中では浮いていた気がしないでもないのは、スタイリストさんが頑張りすぎたせいなのか、はたまた個人的な好みゆえに目を惹いた、これこそが“女神の報酬”だったのかは定かでない。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】織田裕二/天海祐希/戸田恵梨香/大塚寧々/伊藤淳史/佐野史郎/小野寺昭/平田満/大森絢音/荻野清子/ROCCO PAPALEO/UGO DE CESARE/ALICE PALAZZI/ANDREA GHERPELLI/DAVIDE LORINO/JACOPO BONVICINI/SARAH BRIGHTMAN/福山雅治/佐藤浩市
  • 【声の出演】中井貴一
  • 【監督】西谷弘
  • 【製作統括】豊田皓
  • 【製作】堀口壽一/島谷能成/高田佳夫/尾越浩文/杉田成道/永田芳男
  • 【エグゼクティブプロデューサー】亀山千広
  • 【企画・プロデュース】大多亮
  • 【プロデューサー】臼井裕詞/和田倉和利
  • 【ラインプロデューサー】森賢正/森徹
  • 【原作】真保裕一
  • 【音楽】菅野祐悟
  • 【撮影】山本英夫(J.S.C.)
  • 【照明】小野晃
  • 【プロダクションデザイナー】種田陽平
  • 【整音】瀬川徹夫
  • 【録音】藤丸和徳
  • 【アートディレクター】赤塚佳仁
  • 【編集】山本正明
  • 【スクリプター】藤島理恵
  • 【選曲】藤村義孝
  • 【音響効果】大河原将
  • 【VFXプロデューサー】大屋哲男
  • 【監督補】池上純哉
  • 【助監督】足立公良
  • 【製作担当】千綿英久
  • 【アシスタントプロデューサー】上原寿一
  • 【主題歌】サラ・ブライトマン「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン)」
  • 【製作】フジテレビジョン/東宝/電通/ポニーキャニオン/日本映画衛星放送/アイ・エヌ・ピー/FNS27社
  • 【制作プロダクション】シネバザール
  • 【イタリアロケーション制作協力】エム・キューブ
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】125分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

コメントを投稿

トラックバック (45)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8d6c970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】アマルフィ 女神の報酬:

» アマルフィ 女神の報酬 (Lemon Tea のマイブーム)
織田裕二が結婚しましたねぇ~。 でね、これ観てなかった~ って思い鑑賞しました。 いやいやこれは ロケ地、キャストは豪華です。 イタリアに行きたくなりました。 しかし、映画の内容としては 海外で映画作らなくてもいいんじゃねぇ? って感じ... [続きを読む]

» アマルフィ ー女神の報酬ー (感想132作目) (別館ヒガシ日記)
アマルフィ ー女神の報酬ー は劇場で鑑賞したけども 結論は景色とサラ・ブライトマン満足も他は微妙だ 内容は前のローマで人の誘拐され 外交官の黒田が巻き込まれながら解決する展開だね アマルフィは大臣の日程が変更して時間を潰すだけで タイトルにする必要など... [続きを読む]

» 「アマルフィ・女神の報酬」は洋画及び海外コンプレックスから生... (映画と出会う・世界が変わる)
「劔岳点の記」と「アマルフィ・女神の報酬」とは共通したものがある。前者が劔岳及びその周辺でのオールロケであり、後者はオール・イタリア・ロケである。(正確にはどちらもスタジオ撮影はあるが)ついでに言うと、どちらも登場人物は誰一人死なない。作品の出来として...... [続きを読む]

» アマルフィ・女神の報酬■脚本家がいなくても映画は出来る?! (映画と出会う・世界が変わる)
ラストクレジットを見て驚いた。なんとこの映画には脚本家がいないのである。原作者・真保裕一と表示されるだけ。彼が書いたストーリーをなぞりながら演出し、編集したということか。なるほど、様々なエピソードが全くつながらなく、そして登場人物たちも魅力的ではないわ...... [続きを読む]

» 映画:アマルフィ 女神の報酬 (よしなしごと)
 ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。アマルフィ 女神の報酬を観てきました。 [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (充実した毎日を送るための独り言)
アマルフィ 女神の報酬(織田裕二主演 7月18日より公開)  フジテレビ開局50周年を記念して作られた映画。イタリアの壮大な風景と建物を随所に見せ、お金つかってるなあと思わせる。 主演の織田裕二演じる外交官は、「振り返れば奴がいる」の司馬の様なクールさと、「踊る大捜査線」の青島の様な熱い正義感も合わせもっており、ヒロインを演じる天海祐希も自分で娘を助けたいという筋の通った女性を演じている。両者ともさすがに主演ドラマをヒットさせているだけあり、その迫真の演技には満足できる。 ストーリは前半と後半に分か... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (単館系)
タモリさんが笑っていいとも!をお休みしていたとき 戸田恵梨香さんがゲスト出演していて話を聞いていて 見に行きたくなって見てきました。 ... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (to Heart)
製作年度 2009年 上映時間 125分 監督 西谷弘 主題歌 サラ・ブライトマン 『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』 出演 織田裕二/天海祐希/戸田恵梨香/佐藤浩市/大塚寧々/伊藤淳史/小野寺昭/平田満/佐野史郎/ サラ・ブライトマン/福山雅治 {/book_mov/}クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (風に吹かれて)
ロケ地巡りがしたくなる 公式サイト http://www.amalfi50.jp  フジテレビ開局5 [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (週末映画!)
期待値: 75% フジテレビ開局50周年記念のサスペンス映画 出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、 [続きを読む]

» 『アマルフィ 女神の報酬』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一□キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日 7月26日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 織田君にまだ『踊る〜』の続編を撮らせたいフジテレビのいやしさが見え見えの映画だったかな(笑) 特に期待していなかったけど、やはり織田君主演の『... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (織田裕二さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆織田裕二さん(のつもり) 織田裕二さんは、現在公開中の映画『アマルフィ 女神の報酬』に黒田康作 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» 映画「アマルフィ 女神の報酬」 (FREE TIME)
映画「アマルフィ 女神の報酬」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アマルフィ 女神の報酬] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年69本目(64作品)です。 クリスマス目前、亡き夫との思い出が詰まったイタリアで、矢上紗江子(天海祐希)の最愛の娘・まどかが失踪。 その誘拐事件の通..... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (ネット社会、その光と影を追うー )
ギリシアから地中海の船旅を楽しみ、南イタリアのブリ [続きを読む]

» レビュー:アマルフィ 女神の報酬 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[サスペンス][娯楽超大作][全編イタリアロケ][実写][邦画][スコープサイズ][125分] 美しい景観:★★★★☆ スケール感の大きい邦画:★★★☆☆ 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、佐野史...... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 イタリアの街もサラ・ブライトマンの歌声も美しすぎる (労組書記長社労士のブログ)
【 40 -9-】 九州や中国地方でとんでもない雨の被害があちらこちらで起こっている{/hiyo_oro/} 先日、九州から帰ってくる時に今まで人生でこんなビックリするくらいに視界不良に陥るような豪雨のなかで運転などしたことがない(一瞬のスコールでなくて長時間降り続く雨!)という恐ろしい経験を山口県でしたところなので、ニュースを見ているとまさに身震いしてしまう。 昨日の高知の海でも熱帯雨林地方のスコールばりの大雨が降っていたし、夜、家でのんびりしていたら突然の激しい雷雨と、たいへんな気象になっている... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (LOVE Cinemas 調布)
フジテレビ開局50周年記念作品でオールイタリアロケという熱の入れよう。外交官・黒田を中心に展開するサスペンス・ミステリー。主演は織田裕二、共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市とフジテレビに馴染みの出演者。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。エグゼクティブプロデューサーに亀山千広、企画プロデュースに大多亮というフジのドラマを支える2人が入り、まさに社運をかけた作品です。... [続きを読む]

» 【アマルフィ 女神の報酬】 (じゅずじの旦那)
無駄使いは外交官の特権だから…  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:] 【あらすじ】クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは日本人少女失踪事件の通訳。しかし犯人から少女の母・紗江子の元にかかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与... [続きを読む]

» 【映画】アマルフィ 女神の報酬 (ミヤムーウェブ運営ブログ)
1000円の日ということもあり、映画「アマルフィ 女神の報酬」を見てきました。 織田裕二主演、フジテレビ開局50周年作品ということもあり宣伝にも力が入っており話題の作品です。 評価はやはり賛否両論ですが、個人的にはまぁ名作・傑作という程ではありませんが面白い作品で..... [続きを読む]

» [映画『アマルフィ/女神の報酬』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆他のレビュアーにコテンパンに評価され、私自身、見る前から、この作品はクソっぽいなと思っていたのだが、さて、観に行くと、普通に面白い作品でした。  おいおい、みんな、あまり偏見混じりの先入観で「クソ」扱いしなさんなよ^^;    ◇  イタリアでのサミットを背景にした、現地での邦人少女誘拐に巻き込まれた外交官の物語。  ただの身代金目当ての誘拐とは思っていなかったが、内輪揉めの物語でもなく、痴情の縺れでもなく、話が、国際的な国家間の同義的な物語に発展していく様はなかなか見事だと思った。  ... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (取手物語~取手より愛をこめて)
ほとんど予備知識なしに、本編だけを見た感想は、そこそこ楽しめた。 [続きを読む]

» 洋画に憧れた邦画?『アマルフィ 女神の報酬』 (水曜日のシネマ日記)
イタリアで起きた日本人少女誘拐事件を巡る物語です。 [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (映画とTVとゲームの感想)
アマルフィ 女神の報酬を見てきました。 織田さんは映画が似合います。全編イタリアロケの映画でも、格落ちせず、主役として光ってます。 ... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (エンタメ日々更新)
映画アマルフィ 女神の報酬の感想 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、サラ・ブライトマン、福山雅治と豪華キャストでイタリアロケ... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
今日はレディースデイだったので最寄のワーナーで「アマルフィ」を見てきました~ で [続きを読む]

» 【映画】アマルフィ 女神の報酬 (新!やさぐれ日記)
▼動機 地雷とは感じつつも誘われたので・・・ ▼感想 ほーらやっぱり地雷ジャン・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作(織田裕二)が赴任する。秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは日本人少女失踪事件の通訳。しかし犯人から少女の母・紗江子(天海祐希)の元にかかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまう。 ▼コメント ... [続きを読む]

» 『アマルフィ 女神の報酬』 (唐揚げ大好き!)
日本人少女が失踪。誘拐か、テロの序章か?   ■クリスマス目前のローマ。きらびやかにライトアップされた街で1人の日本人少女が失踪した。目的は営利誘拐か、それともテロの序章か。警察の包囲網を撹乱する犯人グループ。一向に進展しない捜査。様々な想いが交錯する... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (いい加減社長の日記)
またも、公開初日に観ると、2ポイントのキャンペーン^^ どこかで脚本がよく書けてる、という評価を読んだので、かなりの期待を持って、「アマルフィ 女神の報酬 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつもよりは多めかな。 「アマルフィ 女神の報酬 」は、大きめのス... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:西谷 弘出演:織田祐二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田満、佐野史郎、福山雅治、サラ・ブライトマン... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (風に吹かれて)
ロケ地巡りがしたくなる 公式サイト http://www.amalfi50.jp  フジテレビ開局5 [続きを読む]

» 「アマルフィ 女神の報酬」ネタバレあらすじ (ドラマメモ)
織田裕二主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」を初日に観てきました。かっこいい大人の織田裕二ですね〜♪ 母親役の天海祐希、紗江子が緊張の... [続きを読む]

» 映画「アマルフィ 女神の報酬(試写会)」を採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
TOHOシネマズ 八千代緑が丘の試写会で映画『アマルフィ 女神の報酬』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。 123席のスクリーンに8割程度の埋まり具合。相変わらず上映中に携帯の電源を切る輩がいるのは土地柄なのでしょうか。全く困ったものです。 さて、予告篇の段階から「フジテレビ開局50周年記念作品」ってことでしたし、原作は読んでいませんが、スタッフもキャストもほぼ全員フジテレビ関係者みたいなラインナップ。 ですから、 ・どこまでいつもの大騒ぎ&お涙頂戴のフジ映画... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (だらだら無気力ブログ)
nbsp; フジテレビ開局50周年記念作品として邦画としてはめずらしくオールイタリア ロケを敢行して撮影されたサスペンス・ミステリー。 イタリアで起きた日本人少女誘拐事件に関わってしまった外交官・黒田の 活躍を描く。クリスマス目前のローマに娘と訪れた矢上紗江子..... [続きを読む]

» なんて美しい、アマルフィ! (かわいいひと。)
ローマとミステリーが大好きなので、 初日に(昨日)観てきました。 ↓ アマルフィ 女神の報酬 (公式サイト)(ウィキペディア) ア... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/18製作国:日本上映時間:125分鑑賞日:2009/07/18監督:西谷弘出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、佐野史郎、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、福山雅治事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。+あらすじ+クリスマス目前のロ...... [続きを読む]

» [映画][劇場公開]アマルフィ 女神の報酬 73点 (さとうれおはオレだけか)
原作を知りませんが日本の俳優でしょぼさ一切なしの四人なキャスティング? イーグルアイ+天使と悪魔といった感じ。 トリックはいいのだが犯人にそんなスキルないだろって思わざるを得なかった。 伏線も効いていて感動するような展開が待っているので手堅いでしょう。 サラ... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (犬・ときどき映画)
アマルフィ 女神の報酬を観ました。 3連休とあって、すっごい混雑。大半はポケモンやハリーポッター目当ての家族連れでした。 STORY 外交官黒田(織田裕二)はイタリアの日本大使館に就任早々、日本人の少女の誘拐事件に巻き込まれる。 イタリア語が堪能なため、犯人からの電話に出てしまったばかりに成り行きで「少女の父親」だと名乗ってしまったからだ。少女の母親(天海祐希)と身代金を持ってローマを走り回るが、なかなか犯人は接触してこない。 進展のなさにしびれを切らした黒田は、イタリアの警察を出し抜き単独で捜... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年7月18日公開  監  督:西谷弘 キヤスト:織田裕二       天海祐希       戸田恵梨香       佐藤浩市       福山雅治        ... [続きを読む]

» 「アマルフィ 女神の報酬」:宇喜田バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんな町中に動物園があるとは知らなかった。 {/hiyo_en2/}こういうご時世だし、今年の夏は海外に遠出する代わりにこういう近場で楽しむのもいいかもしれないわね。 {/kaeru_en4/}きょうの新聞にも出てたもんな、「イタリア観光・日本人客急減」って。 {/hiyo_en2/}イタリアなんて、私たち庶民には手が届かない遠い国になっちゃったてことね。 {/kaeru_en4/}そうじゃなくて、サービスが悪いとかぼったくりがひどいとかっていう理由らしいけど。 {/hi... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (勝手に映画評)
フジテレビ開局50周年記念作品としてフジテレビが力を入れている作品。フジテレビ史上最高の製作費を掛けて製作された。日本映画として史上初めてオールイタリアロケ。確かに世界遺産を背景にした映像には見とれてしまいます。 織田裕二が演じる黒田が、日本大使館への通勤初日に大使館の門で身分証明書を提示しながら「着任した黒田です」とやるところは、「踊る大捜査線」の青島刑事へのオマージュなのでしょうか(笑)? 結局のところ、彼の本当の身分は何なんでしょう? さしずめ、特命警備対策官とでも言うところなんでしょうかね... [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (Akira's VOICE)
無難に面白いけど,もうちょっと冒険心が欲しかった。   [続きを読む]

» アマルフィ 女神の報酬 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に織田さんのファンでもないし、あまり興味がなかったのに、フジテレビでガンガン宣伝しているのを見ていたら、、、だんだん「この映画って、、、もしかして面白いんじゃない?」って気になってきたので鑑賞してみた(笑)【story】クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか?犯人グループが警察の包囲網を撹乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事... [続きを読む]

» 『アマルフィ 女神の報酬 』 (ラムの大通り)
----この映画のタイトル、 最近よく聞くようになってきたけど、 アマルフィって、そもそもニャんのこと? 「うん。これはね。 ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアとともに イタリアの4大海岸共和国として繁栄していた中世の海洋都市。 ギリシア神話の英雄ヘラクレスが、 愛する妖精アマルフィの死を悲しみ 世界でもっとも美しい場所に亡き骸を埋めて町を作ったという 言い伝えがあるとかで、 今も世界一美しい海岸と称されているようだ。 確かに、この映画を観たら行ってみたくなったね」 ----あらら。変われば変わるもんだ... [続きを読む]

» 「アマルフィ 女神の報酬」 (みんなシネマいいのに!)
 フジテレビ開局50周年記念作品で織田裕二が主演となので、思った通り公開1週間前 [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter