« 【映画評】神様のパズル | メイン | 【映画評】アマルフィ 女神の報酬 »

2009年7 月17日 (金曜日)

【映画評】ごくせん THE MOVIE (2009)

熱血教師ヤンクミの奮闘を描いた人気学園ドラマ『ごくせん』最初で最後の劇場版。

【満足度:☆】 (鑑賞日:2009/07/12)

 仲間由紀恵の当たり役・熱血教師ヤンクミで大人気の学園コメディ『ごくせん』の映画版。
 今や人気俳優として活躍中のかつての卒業生たちが再登場するのも話題。

 ヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)が高校教師となって7年。
 現在赴任中の赤銅学院高校で受け持っている3年D組の不良たちに手を焼く久美子の元に、教育実習生としてかつての教え子小田切竜(亀梨和也)がやってきた。
 そんな折、3年D組の生徒高杉怜太(玉森裕太)が悪名高い暴走族に絡まれ…。

 良くも悪くもテレビドラマ『ごくせん』そのまんまという印象。
 一応、一見さんでも楽しめるよう、さりげなくキャラクター紹介から入っているのは好感を持ったが、まあそれでも、単独の映画として観るにはかなり厳しい内容。
 ゆるさをよしとするコメディに社会派ドラマ並の高尚さなど求めはしないんだけど、映画館で観たという見応えがまったく感じられないお手軽ドラマなんだもの。がっかり。

 冒頭のハイジャックシーンからして、テレビ局的発想の「映画なんだし、とりあえずスケール感を出してみました」という、予算の無駄遣いにしか見えない。
 人気どころの卒業生を、まさに通りすがりなちょい役で出すのも、ファンサービスというより客寄せとしてのあざとさの方が鼻につく。

 つまりは商業主義な魂胆があまりに見え見えで、不快感が先に立つのよ。
 本筋がそれなりに映画しているなら少々のことは寛容に観られもしようが、肝心のお話がテレビドラマの延長の域をまったく出ていないのだから、そんな苦言も言いたくなる。

 基本的に学園ドラマなんだから無理に意味のないスケール感など出す必要ないし、懐かしいメンツに登場願うなら、ちゃんとストーリーに絡ませてあげて欲しい。

 登場した瞬間にうさんくささ満載の黒幕が今さらIT社長だなんて、発想が古すぎる。
 どこぞのお金に目のくらんだテレビ局プロデューサーという設定にしたほうが方がよっぽどかユーモアあるわ。
 そのIT社長にしたって、IT企業らしさはまったく描かれず、どっかのインテリヤクザという設定だけでそのまま通りそうな底の浅い描写なんだし。

 テレビドラマに端を発する熱くてゆるい王道学園コメディとしては「これもアリ」と言ってあげたいところなんだが、作り手側の「こんなんでいいでしょ」っていう低い志が透けて見えるようで、いまいち応援する気にならない。
 CM枠を売るためにテレビドラマをでっち上げる要領で、当たりそうな映画を作っちゃったってとこなんだろう。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】仲間由紀恵/亀梨和也/生瀬勝久/高木雄也/三浦春馬/石黒英雄/中間淳太/桐山照史/三浦翔平/玉森裕太/賀来賢人/入江甚儀/森崎ウィン/落合扶樹/平山あや/星野亜希/佐藤二朗/魁三太郎/石井康太/阿南健治/内山信二/脇知弘/金子賢/神保悟志/野仲イサオ/大口兼悟/大河内浩/小栗旬/石垣佑麿/成宮寛貴/速水もこみち/小池徹平/小出恵介/沢村一樹/袴田吉彦/竹内力/東幹久/江波杏子/宇津井健
  • 【監督】佐藤東弥
  • 【製作指揮】舛方勝宏
  • 【製作】堀越徹/鳥嶋和彦/島谷能成/尾木徹/藤島ジュリーK./大月昇/平井文宏/西垣慎一郎
  • 【エグゼクティブプロデューサー】奥田誠治/井上健
  • 【Co.エグゼクティブプロデューサー】櫨山裕子/萱沼直樹/神蔵克
  • 【プロデュース】加藤正俊
  • 【プロデューサー】荻野哲弘/東山将之/畠山直人/北島和久/坂下哲也
  • 【原作】「ごくせん」森本梢子
  • 【脚本】江頭美智留/松田裕子
  • 【音楽】大島ミチル
  • 【撮影】市川正明
  • 【照明】角田信稔
  • 【録音】菊地啓太
  • 【映像】弓削聡
  • 【美術】小池寛
  • 【美術進行】竹内秀和
  • 【編集】松竹利郎
  • 【選曲】藤村義孝
  • 【記録】山縣有希子
  • 【VFXスーパーバイザー】西村了
  • 【スケジュール】井原眞治
  • 【監督補】山下学美
  • 【助監督】小笠原直樹
  • 【製作担当】大塚泰之/飯塚昌夫
  • 【主題歌】「プルメリア~花唄~」Aqua Timez [作詞/作曲]太志 [編曲]Aqua Timez
  • 【企画・製作幹事】日本テレビ放送網
  • 【制作プロダクション】日テレ アックスオン
  • 【配給】東宝
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】118分

他のブログの批評・感想・レビュー - Reactions

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (5)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8dc5970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ごくせん THE MOVIE:

» ごくせん(感想194作目) (別館ヒガシ日記)
ごくせんは地上波でして鑑賞したのだけど 結論は多少の不満あるが全体的に良かったよ 内容は赤銅でヤンクミが再び3D担任だが 教え子の小田切竜が赤銅に教育実習生で来て 3Dが起こすトラブル... [続きを読む]

» ごくせんTHE MOVIE (週末映画!)
期待値: 62% 人気テレビドラマシリーズ「ごくせん」の映画化 出演:仲間由紀恵、生瀬勝久、亀梨和也 [続きを読む]

» 「ごくせん THE MOVIE」これで見納め?ヤンクミの雄姿だ (soramove)
「ごくせん THE MOVIE」★★★★オススメ 仲間由紀恵、亀梨和也、生瀬勝久、高木雄也、三浦春馬主演 佐藤東弥監督、2009年、118分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 先週7/11公開で週末2日間全国で40万人動員、 興収5億弱を稼いで首位発進の作品。 「人気ドラマ「ごくせん」の7年間の集大成にして 最終作となる... [続きを読む]

» 『ごくせん THE MOVIE』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめることをおススメします。 ----おっ、やっと復活。 昨日は、一日、飲み疲れで倒れていたものね。 朝、帰ってくるなんて、ほんとうにン10年ぶり。 「いやあ。思わず話がノッちゃったからね。 『ブレードランナー』の編集タイアップ広告を作るために、 まだスピナーがワイヤーで吊るされているワークフィルムを観たこととか、 今村昌平監督『楢山節考』に宣伝マンの人が出演しているとか、 もう時効だから話せるような話が次々... [続きを読む]

» ごくせん The Movie (いい加減社長の日記)
ま、これははずしようがないだろうということで、「ごくせん The Movie 」を選択。 「UCとしまえん 」が5周年で、土曜日は1000円で見られる、ということで、朝一の回で鑑賞。 「UCとしまえん 」は、まだ早... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter