« 【映画評】BALLAD 名もなき恋のうた | メイン | 【お知らせ】満足度の星(★)の採点を一部修正しました »

2009年9 月15日 (火曜日)

【映画評】サブウェイ123 激突 (2009)

地下鉄ハイジャック犯と地下鉄職員との緊迫の駆け引きが手に汗握るクライム・サスペンス。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2009/09/08)

 ハリウッド映画の職人芸が堪能できる、サスペンス・アクションの王道。

 ニューヨークの地下鉄車輌がライダー(ジョン・トラボルタ)らによってハイジャックされる。
 たまたま最初にハイジャック犯と交信した運行司令室勤務の地下鉄職員ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ライダーに気に入られ、交渉役に指名される。
 ハイジャック犯はニューヨーク市に対し、人質となった乗客の命と引き替えに1000万ドルを要求するのだが…。

 知る人ぞ知る往年の傑作『サブウェイ・パニック』(1974年、監督:ジョセフ・サージェント)のリメイクらしいのですが、筆者はこの映画を未見です。
 古い映画のリメイクだと言われると、確かにパソコンのビデオチャットや携帯電話といった小道具が登場しても、後付けの今風という印象はある。
 また昨今の、裏の裏のさらに裏をかくような懲りすぎる展開に慣れてしまった目で観ると内容も真っ向勝負の直球で、もの足りないというか、なんとなく懐かしさを感じるのもそういうことだからだろう。

 古めかしさが漂うとはいっても、映画自体はこれぞ王道という感じで、普通に面白かった。
 展開自体に目新しさは感じないのだが、トニー・スコット監督らしいスタイリッシュな映像のオープニングで、犯行グループが地下鉄を乗っ取るまでを一気に見せ、対する地下鉄職員ガーバーの人となりや職場での微妙な立ち位置もさりげなく紹介。無駄なくそつなく、あっという間に舞台が整う手際の良さはまさに職人技。

 家族思いの地下鉄職員ガーバーを名優デンゼル・ワシントンが好演しているが、鼻持ちならないハイジャック犯ライダーを演じたジョン・トラボルタの鬼気迫る演技も強烈。
 この二人に限らず男臭い俳優陣が火花を散らす演技合戦が小気味よく、比較的地味な内容ながらも観客をラストまで飽きさせない。

 ところどころ偶然に頼った展開に気になる点もあったが、まあこういう娯楽作では許せる範囲。満足感はほどほど満たしてくれる堅実な佳作でした。
 ただ、ガーバーにしてもライダーしても、見終わってもはっきりしない背景が残る。
 自分はこういう曖昧な終わり方も嫌いじゃないので気にしないが、その微妙に釈然としない点をストレスに感じる人には評価が下がってしまうかも。

 もうひとつ注意点として、交渉劇=会話劇と思っていた当初の予想より、結構死人は出ます。この手の映画にしては出血も多めな気がするので、血が苦手という方は覚悟の上でご鑑賞ください。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】デンゼル・ワシントン/ジョン・トラボルタ/ジョン・タトゥーロ/ルイス・ガスマン/マイケル・リスポリ/アーンジャニュー・エリス/ジェームズ・ガンドルフィーニ
  • 【監督】トニー・スコット
  • 【製作総指揮】バリー・ウォルドマン/マイケル・コスティガン/ライアン・カヴァノー
  • 【製作】トッド・ブラック/トニー・スコット/ジェイソン・ブルメンタル/スティーヴ・テッシュ
  • 【原作】ジョン・ゴーディ
  • 【脚本】ブライアン・ヘルゲランド
  • 【撮影監督】トビアス・シュリッスラー,ASC
  • 【美術】クリス・シーガーズ
  • 【編集】クリス・レベンゾン,A.C.E.
  • 【衣裳】レネー・アーリック・カルファス
  • 【音楽】ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 【提供】コロンビア映画&メトロ・ゴールドウィン・メイヤー映画
  • 【製作】スコット・フリー/エスケープ・アーティスツ
  • 【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 【原題】THE TAKING OF PELHAM 123
  • 【字幕翻訳】寺尾次郎
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】105分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (8)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8d96970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】サブウェイ123 激突:

» 映画を観るなら ザ・ウォーカー (映画を観るなら)
未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないですね。もう分かってたよって思っちゃうけど、それが映.. ... [続きを読む]

» サブウェイ123 激突 (夫婦でシネマ)
残念ながら、激突は不発に。 [続きを読む]

» 映画:サブウェイ123 激突 (よしなしごと)
 トニー・スコットの3年ぶりの監督作品。そして好きな俳優が主役として2人も登場している。これは観なくては!とサブウェイ123 激突を観てきました。 [続きを読む]

» サブウェイ123/激突 ≪N.Y. SUBWAY PANIC!≫ (恥じて生きるな!熱く死ね!)
THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 評価:50点 この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。 【監督】トニー・スコット 【製作】トッド・ブラック/トニー・スコット/ジェイソン・ブルメンタル/スティーヴ・ティッシュ 【脚本】ブライアン・ヘルゲランド 【音....... [続きを読む]

» 「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ、勝つのはどっちだ?  ニューヨーク地下鉄の運行司令部で、指令係として勤務するガーバー(デンゼル・ワシントン)は、或る日の午後ぺラム発1時23分の電車が緊急停車し、更に先頭の1両だけが他の車両と切り離されて停車したことに気付く。不審に... [続きを読む]

» サブウェイ123 激突 (高遠 夜日記)
監督: トニー・スコット 製作: トッド・ブラック トニー・スコット ジェイソン・ブルメンタル スティーヴ・ティッシュ 製作総指揮: バリー・ウォルドマン マイケル・コスティガン ライアン・カヴァノー 原作: ジョン・ゴーディ 脚本: ブライアン・ヘルゲランド 撮影: トビアス・シュリッスラー プロダクションデザイン: クリス・シーガーズ 衣装デザイン: レネ... [続きを読む]

» サブウェイ123  (You got a movie)
監督   トニー・スコット キャスト デンゼル・ワシントン      ジョン・トラボルタ      ジョン・タトウーロ ほか  デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタが競演するということで作品のレベルは否が応でも上がっていて期待しつつ鑑賞。しかし残念ながら脚本と演出に物足りなさを感じる出来だった。1974年に公開された映画「サブウェイ・パニック」のリメイクで、これが名作との評判高く、これと同じ様に手に汗握る展開の面白さを求めてしまう。しかし、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員と犯人トラボルタの... [続きを読む]

» サブウェイ123 激突 (描きたいアレコレ・やや甘口)
1両目に乗ってはいけない デンゼル・ワシントンは11kg増量し、ださメガネ、彼らしくないカッコ悪いキャラに作ってあるんで、似顔絵は当然... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter