« 【映画評】火天の城 | メイン | 【映画評】ウルヴァリン:X-MEN ZERO »

2009年9 月22日 (火曜日)

コメント

由香

こんにちは~♪

この映画はとても評判が良かったですし、時かけが大好きなので期待して観たのですが、、、イマイチのれずに所謂少数派な感想を持ちました~
かみぃさんもそうだったようですね(笑)

>親戚・家族という枠に囚われすぎて、ものすごく狭い世界しか描いていない。
 作品から漂う閉塞感とご都合主義

そうなんですよね~私はOZの世界にも少々違和感を持ちましたが(汗)、乗り切れなかった原因はそれにあると思いますぅ~
面白かったんだけど、終わった時に「はい、はい、良かったですね~」的な気持ちしか湧いてきませんでした(汗)

かみぃ@管理人

>由香さん
コメントありがとう。
上手に盛り上げているという意味では満点あげてもいいくらいの出来なんだけど、ちょっと小さくまとまりすぎた気がしますね。
時かけの時は、そのこぢんまりさも効果的だったんですが。

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック