« 【映画評】カイジ 人生逆転ゲーム | メイン | 【お知らせ】予告編の掲載を始めました »

2009年10 月15日 (木曜日)

【映画評】エスター (2009)

ロシアから来た一風変わった孤児の少女・エスターが天使のような笑顔の裏で、一家を破滅に陥れるサイコ・スリラー。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2009/10/14)

 正統派ホラーの良作を何本も贈りだしているダーク・キャッスル・エンターテイメントの新作にして、『蝋人形の館』(2005年)のハウメ・コジェ=セラ監督(日本語表記が変わってる。推測だがおそらく名前の綴りの英語読みと、監督の母国スペイン語での正しい発音の違い)による待望の新作スリラー。
 『蝋人形の館』は、見た目の残酷さで怖がらせるスラッシャー・ホラーの快作だったが、本作は心理的な怖さに重きを置いたスリラー映画。
 手堅い演出もさることながら、子役たちの名演に唸らされた。

 三人目の子供を出産目前に死産してしまったケイト・コールマン(ベラ・ファーミガ)は精神的な不安定に陥っていた。
 ケイトは夫・ジョン(ピーター・サースガード)との間に息子・ダニエル(ジミー・ベネット)と娘・マックス(アリアーナ・エンジニア)という二人の子宝にも恵まれ、一見幸福そうな家庭を育んでいる。しかし、悪夢にうなされる日々を送るケイトは、産まれてくるはずだった娘のことが忘れられず、もてあます亡き娘への愛情を誰かに分け与えたいと、ジョンと相談の末、孤児院から養子を引き取ることにした。
 聖マリアナ女子孤児院を訪れた夫妻は、他の子らと遊ぼうとしないロシア生まれの9歳の少女・エスター(イザベル・ファーマン)と出逢う。伝統的なロシア調のお洒落な服に身を包み、絵と歌を愛する一風変わったエスターを一目で気に入り、彼女を養子として向かい入れるのだが、それからというもの、エスターの周りで不可解な事故が相次ぐのだった…。

 ホラー映画ファンにはお馴染みのダーク・キャッスル・エンターテイメント作品だし、かなり心臓に悪かった『蝋人形の館』を撮ったハウメ監督の新作ということで相応の覚悟を決めて観たんだが、思いのほか出血は少なく、拍子抜けした。
 とくに前半は、コールマン夫妻に潜むワケありなバックグラウンドとエスターの意味深な振る舞いに重点が置かれ描かれるので、一見普通のホームドラマのような展開。これが後になって効いてくるんだが。
 ただ、作品から醸されるダークな雰囲気はやはりホラー映画のそれで、なにげない日常の描写にしても、いちいち恐怖心を煽られる。
 一応映倫には『蝋人形の館』と同程度のレーティングR15+指定を受けています。血なまぐさい残虐描写こそ少なめなものの、エスターのやらかしている行為は、かなりえげつないものなので。

 この映画は簡単に言うと、オカルト映画の傑作『オーメン』(1976年、監督:リチャード・ドナー)のダミアンのごとき邪悪な娘・エスターの巻き起こす、それはそれは恐ろしい“度を超したイタズラ”に翻弄される家族のドラマ。家庭を舞台にしたサイコ・スリラーであって、いわゆるオカルト映画とは違う。
 外見はかわいらしいのに、いったんスイッチが入ると想像を絶する凶行に走るエスターではあるが、彼女はダミアンのような悪魔の子ではなく、やっていることは一応物理的に人間に可能な行為。

 ただ、彼女には観客を仰天させる、ある秘密がある。
 なんだけども、実は筆者は、鑑賞前にこの秘密に察しがついてしまっていた。ネタバレしたレビューは避けていたにもかかわらず、目にしたすでに観た人の感想から想像ついちゃって。
 そんな経緯もあって、ここではネタバレしないよう、細心の注意を払って言葉を選んでいますが、とにかくその驚愕の事実っていうのが、この映画の印象を決定づけてしまうほどにインパクトのある秘密で、それに触れずにエスターを語ることはなかなか難しい。ネタバレしないよう気を遣っている評論サイトや感想ブログであっても、ついついほのめかす言葉で彼女を形容したくなるのもわからなくもない。

 そんなわけで幸か不幸か薄々エスターの秘密に感づいた上でこの映画を観ると、最初の方から思わせぶりなセリフがけっこうちりばめられている。
 それどころか彼女の不可解な振る舞いも、おおかた合点がいく。知らずに観るとありえないような彼女の言動も、巧妙な脚本で計算された筋の通ったものだとわかるのよ。
 それらは本当なら、秘密が明かされた時点で氷解する伏線のはずだったんだけれども、正直なところあんまり怖く感じなかったのもそういった裏打ちを確認しながら観たせいかもしれない。

 それほど怖くなく、作品の肝とも言えるエスターの秘密までも気付いていたからつまらなかったかというと、そんなことはない。
 ホラー映画らしからぬドラマ重視の脚本のお陰で、それでも面白く観られた。

 幼い末娘・マックスには聴覚障害があって手話と読唇術に長けているとか、ケイトにはアルコール依存症だった過去があり、マックスを池で溺れさせかけたことがあるといった、脚本的な仕掛けや工夫が随所に見られ、一家を巧みに操るエスターの悪知恵も、対する家族の心の機微も説得力のあるものだ。
 なにより、すべてを根底から覆すようなエスターの隠す驚愕の秘密は、それと感づいていても唸らされる。彼女を演じたイザベル・ファーマンの子役とは思えぬ怪演もあって、今後語りぐさになるであろう。

 エスターを演じたイザベルの巧さは評判通り。天使のような笑顔と悪魔のような裏の顔を見事に演じ分ける、末恐ろしい逸材だ。
 また彼女に負けず劣らず驚かされたのが、末娘・マックスを演じたアリアーナ・エンジニアちゃんの自然な演技。劇場用パンフによると、実はアリアーナちゃん自身、聴覚に障害をもっているそうで、手話の自然さはだからこそなんだろう。さらにパンフによると、芝居はけっこう場当たり的な演技だったらしく、前日に何をやったかも覚えていなかったというのが子供らしいところだが、そんな彼女の迫真の演技は一見の価値ありだ。

 血の気の低さからホラー映画が苦手という人にも薦めたい見所の多い本作ではあるが、惜しむらくは、エスターの秘密が明かされてからの怒濤のクライマックスがずっと薄暗く、彼女の“正体”をはっきりと確認できなかったことが残念。
 闇の中に浮かび上がるおぼろげな彼女の姿は、まさしく“それ”で、それを年端もいかぬ子役が演じているという現実も含め、いろんな意味でおぞましい。その姿、もうちょっとしっかり見たかった。
 かくも怖いもの見たさで見たくなるのが、女性の素顔でありますから。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ベラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン/CCH・パウンダー/ジミー・ベネット/アリアーナ・エンジニア
  • 【監督】ハウメ・コジェ=セラ
  • 【脚本】デイビッド・レスリー・ジョンソン
  • 【原案】アレックス・メイス
  • 【製作】ジョエル・シルヴァー/スーザン・ダウニー/ジェニファー・デイビソン・キローラン/レオナルド・ディカプリオ
  • 【製作総指揮】スティーヴ・リチャーズ/ドン・カーモディ/マイケル・アイルランド
  • 【共同製作】リチャード・ミリッシュ/デイビッド・パレット/エリック・オルセン
  • 【撮影】ジェフ・カッター
  • 【美術】トム・マイヤー
  • 【編集】ティム・アルバーソン
  • 【衣装】アントワネット・メッサム
  • 【音楽】ジョン・オットマン
  • 【配給】ワーナー・ブラザース映画
  • 【原題】ORPHAN
  • 【字幕翻訳】小寺陽子
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】123分

コメント (8)

こんばんは^^
コメトラありがとうございます。

かみぃさんの記事を読んでいると変な話ですが、私もある程度察しがついて
いる状態で見れば良かったかなぁなんて思いました。
実は個人的に、この手の子供に転がされる大人たちというシチュエーション
が苦手で、怖さよりも苛立ちが先に来てしまうんです。
「あぁ、ばかだなもぉ!」とか「おまえ何でガキの方信じるかな。」とか…。
知ってれば多分そういう部分も「上手いなぁ…」って観れたと思うんですよね。

もちろん、彼女の秘密を知ったときには驚きましたし、同時にそこまでの数々
のヒントが一気に解けた喜びはあったんですが、それを取るか、観ながら脚本
の上手さを堪能するかどっちかと言えば、私は後者です。
まあ、理屈から言えば、ならもう一回観ればいいってことなんですけどね。(笑)

>KLYさん
コメントありがとう。

> 「あぁ、ばかだなもぉ!」とか「おまえ何でガキの方信じるかな。」とか…。

少なくともこの映画においては、そういうふうにイライラさせられたのも、監督&脚本家の思うつぼだったかと。そう感じた時点で、100%騙されてますからね(笑)
ほとんど一発ネタといっていいオチから逆算されて構成されたこの脚本は、見かけによらずよく考えられていたとホント感心させられます。
エスターの顔を真っ正面から捉えただけの劇場ポスターですら、映画を観終わってから見ると「これもヒントだったか!」って気付くんですよね。
知らずに観てたら「やられたー」って感じで、きっと僕はもう一回観て大胆にちりばめられていた数々のヒントを確認したんじゃないかな。

こんばんは♪
エスター役の子もマックス役の子もむちゃくちゃ上手でしたね。
まさに迫真の演技!

よくあることですが予告がちょっとネタバレしすぎというか、
エスターの秘密に関してなんとなく察しがついちゃう感じの作りだったので
(と言っても、もうちょっとオカルト寄りのオチを予想してましたが)
そんなにビックリはしませんでしたけども、それでもとても面白く観ることができました。

◆kenkoさん
予告編にもヒントがありましたね~。
子役は皆、ホントに巧かった。この内容で子役の演技がダメだとシラけますからね。
いろんな意味で見応えのある映画でした。

こんばんわー
自分も先日見ました
地味なパッケージだしあまり注目してなかったのですが
レンタル屋では多く並べて押してたんで見てみたら
見なきゃソン!て出来でした

ところで特典映像のもう一つのラストはちょっと解りにくかったと思いました
警官は銃をおろして階段の方に行った様に見えました
正体がバレずに去っていくように見えます
(そうなのかもしれませんが警官の方に詳細はいってないでしょうから)

◆Customさん
コメントありがとうございます。
劇場公開時はマイナーな扱いだったんですよ。
とくに近い時期にサム・ライミ監督の話題作『スペル』があったもんで、余計に日陰に追いやられていたような印象でした。
そちらも噂に違わず面白かったんですが、個人的には『エスター』の方が好きでしたね。年間ベストテンにも入れましたよ。

DVD版の特典映像に別バージョンのラストがあるらしいですね。
久しぶりに観てみよっかな。

さっそくご返信ありがとうございます
『スペル』も見ましたけれど、そんなラストでいいんですかって感じでしたね
予想の裏どころか一番手前だったというか

私は古いコインに神秘的な力があって何か展開があるだろうと思ってました…

◆Customさん
『スペル』はバカバカしさも含めて楽しむホラーでしたね。
設定的には『エスター』より神秘的なはずなのに、映画の雰囲気はあっけらかんとして、それはそれで楽しめましたけど、やっぱり自分は『エスター』のような謎めいた感じの方が好みのようです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (17)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5417970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】エスター:

» エスター (映画、言いたい放題!)
「ケース39 」のレビューを書いた時に いろいろな方のレビューを読んだのですが、 この作品と比較しているものが多かったので 気になって観てみました。 ホラーは嫌いなのですが、 「ゾンビランド 」で慣れたので大丈夫(笑) 息子と娘の2人の子供を持つケイトとジョンの夫... [続きを読む]

» 『エスター』『パーフェクト・ゲッタウェイ』を新橋文化で観た男ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
■『エスター』 チラシとかポスターの黒エスターのデザインが嫌だったんです。 ダース・ベイダーに似てるのはともかく、 表情とか影の付け方が何か中年のおっさんくさくって、 えーと、平泉成に似てるんだもん。 観ると不快になっちゃいそうな気分がまんまん満ち溢れ....... [続きを読む]

» エスター (Orphan) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ハウメ・コジェ=セラ 主演 ヴェラ・ファーミガ 2009年 アメリカ映画 123分 ホラー 採点★★★ それが一方的な思い込みであっても、一見無害に思える物が害を成すと、そのギャップもあって結構怖いもんですよねぇ。中に人が入ってるんじゃないかとすら思える…... [続きを読む]

» エスター (Memoirs_of_dai)
こんな養子見たことない! 【Story】 子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラ... [続きを読む]

» エスター / 84点 / ORPHAN (ゆるーく映画好きなんす!)
久しぶりに穴のないスリラー映画を観たような気がするっす(・~・) 『 エスター / 84点 / ORPHAN 』 2009年 アメリカ 123分 監督: ハウメ・コジェ=セラ 製作: ジョエル・シルヴァー スーザン・ダウニー ジェニファー・デイ... [続きを読む]

» エスター (小部屋日記)
Orphan(2009/アメリカ)【DVD】 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:ヴェラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン/CCH・パウンダー/ジミー・ベネット この娘、どこかが変だ。 ダーク・キャッスル・エンターテインメント制作の衝撃サスペンス・ホラー。。 思いもよらないオチに絶句! 冒頭からショッキングな出産シーン。 『危険な遊び』『ゆりかごを揺らす手』みたいな雰囲気。 子供を亡くしたトラウマから立ち直れない夫婦は孤児院から養女をもらう。それが悪夢のはじまりだ... [続きを読む]

» 「エスター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
いやぁ、怖い! 「ミザリー」のような怖さもあったかなぁ [続きを読む]

» 映画 『エスター』 DVD感想(ネタバレ有り) (【ふじっくす情報局】)
エスターの正体に驚愕! 予想を裏切る展開が面白い。 『エスター』 2009年 アメリカ作品 監督: ジャウム・コレット=セラ 出演: ベラ・... [続きを読む]

» エスター / ORPHAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click エスターは、9歳。 ロシアで生まれ、孤児になった、可哀そうな女の子。 頭が良くて、絵と歌が上手で、天使のように可愛、、、 いくない{/ee_3/} そうきたか!まったく考えてもみなかったオチにびっくり したと同時に笑っちゃった こんなオチ、今までなかったんじゃ? これ、あのダークキャッスルの映画だったのね、 知... [続きを読む]

» エスター/Orphan(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[サスペンスホラー] ブログ村キーワードエスター(原題:Orphan)キャッチコピー:この娘、どこかが変だ。製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画ジャンル:ホラ...... [続きを読む]

» エスター (C note)
イマドキB級ホラーの殿堂、ダーク・キャッスル作品。 監督は『蝋人形の館』のハウメ [続きを読む]

» エスター (だらだら無気力ブログ)
子供を流産で亡くした夫婦が、孤児院から少女を養子として迎え入れたこと から、その夫婦と実子達に迫る恐怖を描いたサスペンスホラー。三人目の子供を身籠ったものの流産してしまったケイトはアルコールに 溺れ、夫婦関係にもひびが入ったが、このままではいけないとアル..... [続きを読む]

» [映画][劇場公開]エスター 83点 (さとうれおはオレだけか)
古いホラーはあまり見ていないが最初の夢のシーンからして安っぽい海外のホラーとはレベルが違うのを感じさせる。 オチだけ聞かされたとしたら「映画でそんな説得力のないオチやれないだろ」っていう風な反応をするかな。 それを小説とかゲームではやれない映画ならではの力... [続きを読む]

» エスター (LOVE Cinemas 調布)
「この娘どこかへん…」ある夫妻がその少女を養子にした日から起こる恐怖の出来事…。彼女は一体何者なのか。主演は『縞模様のパジャマの少年』のヴェラ・ファーミガと『エレジー』のピーター・サースガード。そして邦題になっている少女エスターを演じるのはイザベル・ファーマン。プロデューサーにジョエル・シルヴァーやレオナルド・ディカプリオといったハリウッドの大物が名を連ねている。... [続きを読む]

» [映画『エスター』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今週末は、多くの映画が公開されるが、この作品と『さまよう刃』は観るつもりなかった。  どちらも、ジャンルは違えど、精神的にきつそうだったからだ。  しかし、午後5時半に仕事を終えて、帰宅して風呂入った後でも、2本の映画が観れそうで、タイムスケジュールを見ると、先ずは、この『エスター』が丁度良かったのでチケットを買った。  しかも、<ワーナーマイカル>はファンサービスデーで、1000円でした^^v    ◇  面白かった。  問題となる少女・エスターを養子にする前の段階(主人公家族の問題... [続きを読む]

» エスター/ヴェラ・ファーミガ (カノンな日々)
孤児員の少女を養子に迎え入れたある夫婦の身に巻き起こる恐怖の出来事を描いた戦慄のサスペンス・ホラー。予告トレイラーの印象だとサイコ・スリラー風でしたけどかなり出し惜しみしてそうな映像なので怖いモノ観たさで行ってまいりました。 出演はその他に、ピーター・....... [続きを読む]

» エスター (Peaceナ、ワタシ!)
- この娘、どこかが変だ。- 昨晩、レイトショーで『エスター』を観てきました! 公開初日だったのですが、さすがはホラー映画! あんまり混んでなかった・笑 この作品、製作にレオナルド・ディカプリオの名が! そしてレオ様曰く「これは何度でも見たいと思う映画だ」とのこと…。 原題は『ORPHAN』(孤児)、とてもレトロなエスターの服装、聖書、そしてキャッチコピーには『オーメン』を彷佛とさせるような文句がたくさん…私はてっきり「そっち系」の話かと思い「一体、どんな演出をしてくれるんだろ~?」と期... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter