« 【お知らせ】「映画公式リンクバナー&ブログパーツ集」正式公開 | メイン | 【映画評】マイマイ新子と千年の魔法 »

2009年11 月30日 (月曜日)

【映画評】ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (2009)

ブラック会社に就職してしまった元ニート青年の奮闘記。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2009/11/29)

 匿名掲示板2ちゃんねるに端を発した“お仕事”コメディ。
 監督は多くの映画賞をかっさらった『キサラギ』(2007年)の佐藤祐市。

 サラリーマンやOLが行き交う有楽町の真ん中、スーツ姿の大和田真男(小池徹平)がアスファルトに倒れ込む。うつろな目で「もう、限界だ」とつぶやく彼は、“ブラック会社”と呼ばれる過酷な職場で働く元ニートのプログラマー、通称「マ男」。
 満身創痍で帰宅し、パソコン上に匿名掲示板「Bちゃんねる」を開いたマ男は、新しいスレッドを立てた。そのスレタイは「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」…。

 “2ちゃんねる”に立ったスレッドが原作ということくらいしか予備知識もないまま、それほど期待せずに観たんだが、これがなかなか侮れない“アタリ”だった。

 シーンの大部分はオフィス内だし、登場人物も最小限。そのキャスティングにしても比較的地味で、いわゆる低予算なお気楽コメディ映画だとは思うんだけど、作りはけっこう真面目。
 時間経過を示す、ありがちなオフィス街の夕方の実景に、超望遠で撮影した、ばかでっかい夕陽を持ってくるなど、きっちり絵づくりしてるなぁと感心させられる。

 なによりマ男の背景を丁寧に描いた脚本に手抜かりがないことに好感が持てる。
 笑いを誘いながらも社会や人生の一面を切り取っていく手際の良さ。
 硬派な社会派映画ではないし、リアリティという意味ではマンガっぽい内容だとは思うが、デフォルメされた憎めない曲者上司たちの振る舞いの中にも、どこか「あるある」とニンマリさせられる。

 コメディ主体の前半から一転、マ男がいよいよ限界に追い詰められて放つ感情の爆発も、奇をてらわない王道。
 こういう映画なら当然こういう落としどころだよね、と安心して観ていられる大詰めの感動的な展開も、意外性は乏しいものの、ちょうどいいあんばいの湯加減で心地いい。

 単調な会社内のセット撮影の連続になりがちな内容を、CGをふんだんに使った妄想シーンを挟み込んだり、開放感のある屋上に場面を移したり、と、絵変わりさせる工夫も手慣れたもの。
 陰で会社を支える、切れ者の藤田さん(田辺誠一)のミステリアスな存在感が牽引役となり、観客の興味を最後まで飽きさせないのも巧いと思った。

 ただ、2ちゃんねるを模した匿名掲示板「Bちゃんねる」は必要なかったなぁ。
 一世を風靡した『電車男』(2005年、村上正典監督)と違って、“名無しさん”たちはまったく登場しないし、物語の展開にもまったく影響を与えていなかったもの。

 また筆者にとっては総じて好印象の映画だったんだけど、笑いのネタ的に、ツボにはまる客層がかなり限定されちゃう気がしないでもない。
 随所にちりばめられたファースト・ガンダムから引用されたセリフや三国志ネタもそうだが、「死亡フラグ」を実写化(!)なんて、どれだけの人が理解できたのだろうかと心配しちゃったわ。

 そういう意味では人に薦めるには気兼ねしてしまうが、小気味いい笑いの中に、働くことの意味をあらためて考えさせられる、良質の“拾いモノ”映画でした。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】小池徹平/マイコ/池田鉄洋/田中圭/中村靖日/千葉雅子/朝加真由美/須賀貴匡/窪園純一/鳥木元博/浜近高徳/しのへけい子/品川祐/瑠川あつこ/片岡明日香/金井淳郎/Bコース/瀧口友里奈/植松孝行/伊原侑蔵/重久元太郎/東加奈子/李愉未/宮下修司/庄司智春(特別出演)/北見敏之/森本レオ/田辺誠一
  • 【監督】佐藤祐市
  • 【エグゼクティブプロデューサー】豊島雅郎
  • 【プロデューサー】井手陽子 / 稲田秀樹
  • 【原作】黒井勇人「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」
  • 【脚本】いずみ吉紘
  • 【音楽】菅野祐悟
  • 【ラインプロデューサー】武石宏登
  • 【技術プロデューサー】佐々木宣明
  • 【撮影】川村明弘
  • 【美術】太田喜久男
  • 【映像】高梨剣
  • 【照明】阿部慶治
  • 【録音】金杉貴史
  • 【装飾】櫻井啓介
  • 【編集】田口拓也(J.S.E)
  • 【スクリプター】水口裕子
  • 【サウンドデザイン】藤村義孝
  • 【助監督】本間利幸
  • 【制作担当】持田一政
  • 【主題歌】「ストロベリー」TOKYO MOOD PUNKS [作詞]Elvis Woodstock [作曲]Elvis Woodstock [編曲]TOKYO MOOD PUNKS
  • 【製作】ブラック会社限界対策委員会(アスミック・エース エンタテインメント/パルコ/アミューズソフトエンタテインメント/関西テレビ放送/共同テレビジョン/Yahoo! JAPAN)
  • 【プロダクション】共同テレビジョン/アスミック・エース エンタテインメント
  • 【企画/配給】アスミック・エース エンタテインメント
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】104分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (11)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a5885970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない:

» ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 制作:2009年・日本 監督:佐藤祐市 出演:小池徹平、マイコ、池田鉄洋、田中圭、品川祐、中村靖日、千葉雅子、須賀貴匡、森本レオ、田辺誠一 あらすじ:ニート生活を送ってきた26歳のマ男(小池徹平)は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。彼は初出社当日から当然のようにサービス残業をさせられ、その状態が毎日続... [続きを読む]

» 【映画】ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない (★紅茶屋ロンド★)
<ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない を観ました> 製作:2009年アメリカ ランキング参加中 2ちゃんねるのスレッドから生まれた黒井勇人原作を映画化。監督は「キサラギ」の佐藤祐市氏。 主演を小池徹平が勤める。 気になっていた作品だったので、映画館に観に行きたかったんだけどタイミングがつかめず今更鑑賞。 高校中退でニートだったマ男は、母の死をきっかけに真面目に働こうと決意。 もともとプログラマーの才能があったマ男は就職活動を繰り返し、何とかやっと小さなIT企業に入社... [続きを読む]

» 映画ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (単館系)
原作は http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195907887/ よ、読めないorz http://www30.atwiki.jp/blackmatome/ まとめサイト。 http://black-genkai.asmik-ace.co.jp/ 映... [続きを読む]

» 「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」涙 キターッ! (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりの再会を喜んで、りょうたと映画を観に行こうと思った。 「2012」と「クリスマスキャロル」とどっちがいい?と聞いたら、現在公開中の映画をしばらく検索して・・・・・ 「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」が観たいとのたもうた。 りょうた、12歳の冬。... [続きを読む]

» 映画:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (よしなしごと)
 なんでも友達の弟の会社がブラック会社っぽいらしい。そんなわけで見るつもりはなかったのですが、身近にそう言う人がいるんだと思うとちょっと気になり、ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを観てきました。... [続きを読む]

» 「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」限界を知ってわかった働く生きる乗り越える術 (オールマイティにコメンテート)
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は黒井勇人原作の映画で2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話に基づくストーリーでいじめが原因で引きこもりとなり、8年間ニート生活を送った青年が母親の急死で一大決心して情報処理技術者試験の資格を取得...... [続きを読む]

» ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 堕ちたら・・・あがればいい (労組書記長社労士のブログ)
【 70 -13- 1ヶ月フリーパスポート=19 】 娘?「なにーこのジャージいいやん!どうしたん?」 妻「おとんが自分のんをユニクロで買ってきてん、990円がなんや知らんけど660円やったらしいで!」 娘?「安ぅぅぅ!なんであたしのも買ってきてれへんかったん!あたしジャージいるねんで〜!」 妻「そんなん知らんやん、おとんに言いいや〜」 俺「娘?、ジャージでなんでそんなにムキになるねん、娘よ、それでいいのか・・・」(娘?は保育士)  で、映画レビュー、きっと自分でお金を払ってならば見なかったであろ... [続きを読む]

» ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
過酷な職場で煉獄のような日々を送る人に、元気を与えるユニークな物語は、2チャンネルの書込みから生まれた実話を基にしている。ニート生活から母親の死で一念発起した26歳のマ男は、プログラマーとして就職活動を行なう。だが、中卒の彼をようやく採用してくれたIT企業は...... [続きを読む]

» ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (LOVE Cinemas 調布)
巨大掲示板2ちゃんねるに書き込まれた実話を映画化。“ブラック会社”と呼ばれる問題企業で働く元ニートの青年が成長していく様子を描いた作品だ。主演は『ホームレス中学生』の小池徹平。共演に『カフーを待ちわびて』のマイコ、『激情版 エリートヤンキー三郎』の池田鉄洋、『TAJOMARU』の田中圭、『ドロップ』監督の品川祐、『ハッピーフライト』の田辺誠一と個性派が揃う。監督は『守護天使』の佐藤祐市。... [続きを読む]

» [映画]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (オレメデア)
映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を見てきました。インターネットの某巨大掲示板に書き込まれたエピソードをもとに制作されたこの映画。ストーリー内で「何のために働くのか」と提起されるこのテーマを、私は個人的に「何のためにこの組織にいるのか」という意味に拡大解釈しながら映画を見ていました。... [続きを読む]

» 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」□監督 佐藤祐市 □原作 黒井勇人 □脚本 いずみ吉紘 □キャスト 小池徹平、品川祐、田辺誠一、池田鉄洋、中村靖日、千葉雅子、マイコ、田中圭、須賀貴匡、朝加真由美、森本レオ■鑑賞日 11月22日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 窓口でみんな何て言ってチケットを買うのか耳を澄まして聞いていたら、 やはり「ブラック会社〜」が多かったかなぁ 中にはシャレ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter